ホーム > コミック一覧 > 身代わり婚約者 1

Historical Romance ヒストリカルロマンス

身代わり婚約者 1

身代わり婚約者 1

「結婚しろ、ですって!?」国王ヘンリーに、貴族ブランドンとの結婚を命じられた女城主キャット。不実な亡き夫に苦しめられた過去をもつ彼女は、結婚前に婚約者の人となりを知ろうと一計を案じる。従姉妹と入れ替わり、彼の真の姿を見抜こうというのだ。一方、花婿となるブランドンも同じことを考えていた。ところが、お互いに"婚約者の友人"として出会った二人が、一目で恋に落ちてしまい!?

4.0 評価集計 43件の評価
評価する
評価5
13
 

評価4
19
 

評価3
9
 

評価2
2
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
閲覧日数 30日 / 90日 / 会員登録期間 価格 330円 / 390円 / 500円
+消費税
ページ数 127ページ 出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • コミック一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

身代わり婚約者 1 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

こういうの好き 評価5 5

でも入れ替わる必要って何? ヒロインが言い出したときはてっきり別人のふりしてヒーローに近づくつもりなんだと思ったのに、婚約者を城に迎え入れるのに、従姉妹や友人になりすます意味がよくわからなかった。まあなりすましたことで話が面白くなったからいいけど。

参考になりましたか?はい いいえ
ヒストリカルは萌える 評価5 5

ヒーローもヒロインも入れ替わり探り合う所もおもしろかったですね。結局上手い具合にカップルが2組成立してよかったです。中村先生のヒストリカルも好きです。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

この作家じゃなければ:きらっち 2017/10/23

絵が気持ち悪い。

100%な夜が・・・:レディラブ 2017/10/23

その終わり方かー、、て感じでしたね。

優しさに包まれるとき:ケイティ 2017/10/23

本当にある世界にも感じましたし、著者が原作を読んだときの感動が躍動感のある…

全てが最高です:fumi 2017/10/23

面白かった。そのひと言に尽きます。もちろん会員登録期間購入です。読んだ事の…

自分勝手な主人公たち:咲 2017/10/23

ヒロインもヒーローも自分勝手すぎる。 特にヒロインがムリ。女性としても母親と…

面白かった:ワニャンニュ 2017/10/23

読み応え充分!漫画を読んだというよりは海外ドラマを見終えた気分でした 立ち…

バルフォア家:ウルスラ55 2017/10/20

バルフォア家シリーズはちょこちょこ読んでいるのですがどうも全体像が見えてこ…

すごくいい❗:yuーka 2017/10/22

けど、ヒーローに一言謝罪の言葉を言ってほしかった。

読みづらい~:tak 2017/10/22

字が多すぎ。 楽しくなかったです。 忍耐力がいる感じですね。

よく分からない:Greenbay 2017/10/20

話が矛盾しているところが多かったり、人物の感情に統一感がなかったりして、読…

このページの先頭へ