ホーム > コミック一覧 > オリンポスの咎人III レイエス 1

Fantasy Romance ファンタジーロマンス

オリンポスの咎人III レイエス 1

オリンポスの咎人シリーズ

オリンポスの咎人III レイエス 1

恐れても憎んでも、彼が忘れられない…。オリンポスを追放され、その身に魔物を封じたままブダペストの森で何千年も生きる神の戦士レイエス。アメリカからの旅行者にすぎなかったダニカの日常は、彼と出会って一変する。恐るべき戦士たちの城に理由もわからぬまま監禁され、運よく逃れたものの、身を潜める流浪の生活が始まったのだから。だが、彼女は自分を捕らえ、翻弄した戦士レイエスが忘れられない。彼は人ですらない。愛するには、あまりにも危険な男なのに――。

3.0 評価集計 98件の評価
評価する
評価5
27
 

評価4
27
 

評価3
11
 

評価2
6
 

評価1
27
 

閉じる


  • ポイント3倍
  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
閲覧日数 30日 / 90日 / 会員登録期間 価格 330円 / 390円 / 250円
+消費税
ページ数 145ページ 出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.
※閲覧期間:30日間、90日間は通常価格で販売しております。
※キャンペーン特別企画のため、マイポイントは付与されませんのでご注意ください。

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • コミック一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

オリンポスの咎人シリーズ

オリンポスの咎人シリーズ

オリンポスの咎人 アーロン
アリスン / ジーナ・ショウォルター
オリンポスの咎人 アーロン
暗黒の戦士アーロンの前に突如現れた天使オリヴィア。彼女は自分に会いたいがため傷つきながらも人間界までやって来たのだと言う。純粋無垢を絵に描いたような彼女から告げられる一途な想いに、これまで女…

オリンポスの咎人シリーズ

オリンポスの咎人 女神の烙印
アリスン / ジーナ・ショウォルター
オリンポスの咎人 女神の烙印
ついに復讐の時が来た――タイタン族アトラスは囚われの女神ニケを想い、胸に刻まれた彼女の名が熱く疼くのを感じた。ギリシャ神の没落で牢獄の責任者となった彼にとって、先日までの囚人時代の記憶はまだ生…

オリンポスの咎人シリーズ

【シリーズパック】オリンポスの咎人II ルシアン セット
岩崎陽子 / ジーナ・ショウォルター
【シリーズパック】オリンポスの咎人II ルシアン セット
傷だらけの醜い天使、あなたが私を救ってくれるの……? かつて天界で神々を護るため創られた不死身の美しき戦士たち。神の怒りに触れ天を追われた彼らは今も、その身に悪徳の魔物を封じ込め何千年もの年月…

オリンポスの咎人シリーズ

【シリーズパック】オリンポスの咎人I マドックス セット
アリスン / ジーナ・ショウォルター
【シリーズパック】オリンポスの咎人I マドックス セット
この世のすべてを焼き尽くすような深紅の瞳――彼になら、このまま殺されてもいいわ…。過去に交わされた声が聞こえるという特殊能力をもち、幼い頃から喧騒と孤独のなかで生きてきたアシュリン。ブダペストの…

オリンポスの咎人シリーズ I

オリンポスの咎人I マドックス 2
アリスン / ジーナ・ショウォルター
オリンポスの咎人I マドックス 2
かつて神々の手で創造された美しき不死身の戦士たち。禁忌を犯した彼らに与えられたのは、“愛”という名の最大の“罰”――いつしかアシュリンを深く愛するようになったマドックス。しかしアシュリンを敵方の送…

オリンポスの咎人シリーズ I

オリンポスの咎人I マドックス 1
アリスン / ジーナ・ショウォルター
オリンポスの咎人I マドックス 1
この世のすべてを焼き尽くすような深紅の瞳――彼になら、このまま殺されてもいいわ…。過去に交わされた声が聞こえるという特殊能力をもち、幼い頃から喧騒と孤独のなかで生きてきたアシュリン。ブダペストの…

オリンポスの咎人シリーズ II

オリンポスの咎人II ルシアン 1
岩崎陽子 / ジーナ・ショウォルター
オリンポスの咎人II ルシアン 1
傷だらけの醜い天使、あなたが私を救ってくれるの……? かつて天界で神々を護るため創られた不死身の美しき戦士たち。神の怒りに触れ天を追われた彼らは今も、その身に悪徳の魔物を封じ込め何千年もの年月…

オリンポスの咎人シリーズ II

オリンポスの咎人II ルシアン 2
岩崎陽子 / ジーナ・ショウォルター
オリンポスの咎人II ルシアン 2
混沌を愛する無秩序の女神アニヤの息の根を止めるよう命じられた戦士たちのリーダー・ルシアン。世界に悲劇を繰り返さないためには、彼女のもつ“万能の鍵”が必要不可欠なのだ。彼女を殺してでも鍵を奪わな…

オリンポスの咎人シリーズ III

オリンポスの咎人III レイエス 2
藍まりと / ジーナ・ショウォルター
オリンポスの咎人III レイエス 2
恐れないわ。これが私の愛した男――。愛するレイエスが、恐ろしい魔物とともに生きる定めを負っていると知ったダニカ。が、彼を求める心は揺るがなかった。彼女は、1度は彼らを滅ぼそうとする人間の組織・…

オリンポスの咎人シリーズ III

オリンポスの咎人III レイエス 1
藍まりと / ジーナ・ショウォルター
オリンポスの咎人III レイエス 1
恐れても憎んでも、彼が忘れられない…。オリンポスを追放され、その身に魔物を封じたままブダペストの森で何千年も生きる神の戦士レイエス。アメリカからの旅行者にすぎなかったダニカの日常は、彼と出会っ…

オリンポスの咎人シリーズ IV

オリンポスの咎人 サビン 1
冬木るりか / ジーナ・ショウォルター
オリンポスの咎人 サビン 1
伝説の生き物ハルピュイアを宿すグウェンは、実験のため囚われていた。そんなある日、屈強な戦士サビンが現れ、グウェンを解放する。だが安堵したのもつかの間、サビンは遠い昔、神の怒りにふれて身の内に…

オリンポスの咎人シリーズ IV

オリンポスの咎人 サビン 2
冬木るりか / ジーナ・ショウォルター
オリンポスの咎人 サビン 2
私があなたを守るわ――。敵対する狂信組織・ハンターの追跡を受けるグウェンとサビン。そしてグウェンは深い傷を負ってしまう。サビンを守りたい一心でのことだった。ハルピュイアの能力を利用されるだけの…

オリンポスの咎人III レイエス 1 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

意外でした 評価4 4

いつもの藍まりと先生の作品から考えると全然違う世界のファンタジー物と言うか、SF、バイオレンスで、どうなの?と思いながら読み始めましたが、ノリノリで描いてあるようなので驚きました。(先生のHPを見て納得しました。)前2作品は「マト〇ックス」のようなスタイリッシュなロングコートが印象的でしたが、藍先生は近未来的な「北〇の拳」的な世界観を感じました。1つの話をいろんな漫画家さんで描いてあると、ストーリーの世界観にハマりにくい面もありますが、漫画家さんの個性を感じることが出来たりするので面白い面もありました。

参考になりましたか?はい いいえ
う〜ん… 評価1 1

やはり前のお二人と比べると、世界観に合ってないと言わざるを得ません。古いタイプの絵柄もいまひとつしっくり合ってない感じです。

参考になりましたか?はい いいえ
悪くない 評価4 4

キャラデザについては、みなさんが指摘するほど違和感を感じませんでした。素直に面白かったです。

参考になりましたか?はい いいえ
私はすきです 評価5 5

キャラデザインが変わってしまったので、そこはちょっと気になりましたが、個人的に長髪もボンデージ風も好きなのでこの作品はツボです(笑 今のところ、シリーズの中で一番すきですが、やっぱりキャラデザインなどは作家さんが違っても統一してほしいなーと思いました。

参考になりましたか?はい いいえ
キャラデザの統一があれば・・・ 評価3 3

異なる漫画家による連作ですが、ⅠとⅡではあまり違和感を感じず、面白く読めました。 しかしⅢにきてキャラクターデザインの違いが気になり、違和感が拭えませんでした。 (Ⅳでも同じことが言えます) 藍まりと先生は・・・マッチョな男性が苦手なご様子。 レイエスの姫っぽい顔とムキムキな胸板のアンバランスさが、ギャップのある魅力ではなく、これまた不自然で違和感が・・・。 魅力あるストーリーとコミックなのに、上記の点がどうしても気になってしまいました。

参考になりましたか?はい いいえ
全てのレビューを読む

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

憧れます…:ちゃいツー 2016/07/25

ヒロインの強さに憧れます。こんな毅然とした素敵な女性になりたいと思います。 …

出木杉くんのヒロインです:usa-co 2016/07/24

他の人も書いてますが面白いです。ヒロインと対立する人も出てきますが、みんな…

一気読み:ウルスラ55 2016/07/24

けっこう長いお話なのですが面白くて一気に読んでしまいました。しかもコミック…

小説版は読んでませんが:やま 2016/07/24

きっと素敵なお話なんだろうなってわかります。ただ作画がいまいちで、あまり楽…

ストライク:コーギー 2016/07/25

最初からヒロインにメロメロなヒーローがとてもいいです。 最初はよくある自信満…

変な意味で楽しい:blanca 2016/07/25

しょっぱなからヒーローが「この美しい顔を殴れる女がいるのか--」とかかまして…

原作、確かに明るい:アリィ 2016/07/24

原作既読です。明るく話が進むので一瞬誤解しそうです。が、障がい者をネタにし…

スッキリしない:Greenbay 2016/07/23

基本的にスーザン・マレリーは好きですが、この作品はダメでした。 タヒラが婚…

描き手さんを統一したら・・・:アリィ 2016/07/23

ハーレコミックの早い時期からこの作品に出合いまして、話が消化しきれなかった…

原作もいいけどコミックも良い!:アリィ 2016/07/23

このシリーズ、岸田先生は原作に忠実に描いていますが、岸田先生の方が楽しさ倍…

このページの先頭へ