ホーム > コミック一覧 > 水都の麗人 1

Historical Romance ヒストリカルロマンス

水都の麗人 1

水都の麗人 1

16世紀半ば、所はヴェネチア。顔の痣を隠すため仮面をつけた治療師のジェシカは、決闘の場面にでくわす。高級娼婦コズマをめぐって、大商人のどら息子と、英国貴族の子息とが戦っていたのだ。およそそんな低俗な場面にふさわしくない英国人の名前はフランシス。どうやら古傷が痛むようだ。決闘に勝利したフランシスに、ジェシカは治療を申し出る。奇跡的な治癒に感激した彼は、ジェシカの治療院に通いつめるが、いつしか謎めいた彼女への恋心までが高まり…!?

3.0 評価集計 37件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
17
 

評価3
17
 

評価2
3
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
閲覧日数 30日 / 90日 / 会員登録期間 価格 330円 / 390円 / 500円
+消費税
ページ数 129ページ 出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • コミック一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

水都の麗人 1 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

ヒストリカルっていいね!! 評価4 4

ヒストリカルの話は大好きでよく読んでます。しかもこの原作者が書くお話は全部血のつながりがあるみたいで、あの時の少年が大きくなってこんな風になったのね!と2倍楽しめます!!が、フランシスって「身代り婚約者」のヒーローのブランドンの子供じゃなかった!???トニアと兄妹!??いつからガイの息子になったんだろう??原作を読まないと細かいところがわかりづらいです・・・。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

ちょっと引っかかる・・・。:mama420 2016/09/26

最初の流産した赤ちゃんが可哀想で・・・。義母。義妹コンビニは鉄槌を加えても…

読み比べ:コーギー 2016/09/25

くぼた尚子さんの書いている「わたしの中の他人」と設定がそっくり(もちろん原…

ヒーロと結ばれても:ぴー 2016/09/25

ヒロインは複雑な気持ちになることはないのかな?サスペンス調のストーリーは面…

私も1作目が:ぴな 2016/09/25

一番良かったです。いろいろ問題を抱えている主人公達のストーリーは楽しめまし…

70's:ウルスラ55 2016/09/25

どうしても70年代の香り漂う作家さんですが描かれたのは2010年。でもファッショ…

ちょっとメンドクサイ:まつ栗 2016/09/25

結婚相談所のエリースって、なんか見覚えが・・・と思ったら、「億万長者の名ば…

私も・・:ミミ 2016/09/25

買わなきゃよかった笑

なんでだ?:あやの 2016/09/25

ちょっとアクション派手かなあ、と正直私も思うけれど、ここまでボロクソに言わ…

せまい…:ちき♪ 2016/09/25

月額に入っていたので読みましたが、買ってまで読むものではないです。 たいして…

何度読んでも面白い:れん 2016/09/24

麻生先生の構成はいつも素晴らしいのでどの原作でも楽しく読めます。何よりもハ…

このページの先頭へ