ホーム > コミック一覧 > ハーレクイン 名作セレクション vol.82

ハーレクイン 名作セレクション vol.82

ハーレクイン 名作セレクション vol.82

ぜひとも読んで欲しいハーレクインコミックの名作たちを試し読み! vol.82のテーマは「幸せ絶頂からの転落 特集」です。「パンドラの海」 「プリンセスの誘惑」 「遠い日のフィアンセ」 「いわれなき罰」 「ブエノスアイレスの別れ」 「シークと禁断の美酒」をご紹介。

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
ページ数 313ページ 出版社 ハーレクイン

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • コミック一覧へ

真夜中の億万長者シリーズ

ディーヴァの復讐
碧ゆかこ / テッサ・ラドリー
ディーヴァの復讐
ジェマは燃えるような赤毛の歌姫。双子の妹を破滅させたのは、ギリシアのリゾート王、アンジェロ・アポロニデスだと信じ、復讐を胸に、妹になりすまして彼に近づく。一方、アンジェロは、3年前に自分を裏切…
金の瞳のシーク
碧ゆかこ / テッサ・ラドリー
金の瞳のシーク
運命の恋に落ちたのは留学中のロンドン、何も知らずに無邪気に愛しあい、狭いフラットで結婚生活をスタートさせたタリックと私――彼がシークだと知ったのは、砂漠の王国ザイードに降りたったあとだった。妻…
パンドラの海
碧ゆかこ / テッサ・ラドリー
パンドラの海
幼い頃から厳格な寄宿舎学校で育てられたパンドラ。彼女は出会ったばかりのギリシアの海運王ザックから熱烈な求愛を受け、キュリアコス家の一員となった。しかし幸せの絶頂で迎えた初夜のあと、彼女はある…

ハーレクイン 名作セレクション vol.82 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

遠距離の本気:サラダ 2017/12/17

怒涛と圧巻のプレゼント&ラブレター攻勢。ヒーローだって、信念とお金と忍耐力…

クリスマスに奇跡は起こる:ミッフィー 2017/12/17

心温まるストーリーで読んでいて途中で涙がうるうるしてしまいました。明るく前…

うーん…:サラダ 2017/12/17

IQ190の天才って設定、説得力無かったです。賢そうに見えるシーンすら思い出せま…

ついつい読み返します:遊 2017/12/17

作者さん買いです。丁寧に話を進めてあるし、読みごたえもあって好きです。

ちょっと:遊 2017/12/17

試読で途中まで読んで期待して買ったらあまり盛り上がりも無く、きゅんともせず…

割り切っていても:ミッフィー 2017/12/17

ヒーローを愛する気持ちに心が揺れます。割り切ろうとしているヒロインの葛藤が…

つまらなかった:きらっち 2017/12/17

この作品、こんなにページ数使う必要ありますか?独創性も意外性も全くないし、…

絵柄が嫌い:きらっち 2017/12/17

絵柄が嫌い。あと、話の展開がスムーズじゃないし、盛り上がりにも欠ける。読み…

ハート4.5?:きらっち 2017/12/17

5.0の間違いじゃないの?この3部作にハート5以外をつける人がいるなんて信じられ…

プレイボーイじゃないヒーロー:ミッフィー 2017/12/17

タイトルに反して純情、純粋なヒーローでした。お嬢様ヒロインもそんなヒーロー…

このページの先頭へ