ホーム > コミック一覧 > 【日刊】ハーレクインカフェ vol.320

【日刊】ハーレクインカフェ vol.320

【日刊】ハーレクインカフェ vol.320

【日刊】ハーレクインカフェは、ハーレクインコミックスの予告編やラフ画を毎日配信する無料マガジンです!あなたが気になっていた作品、欲しかった作品が閲覧できるかもしれません!本日は、橋本多佳子先生の「王との愛なき結婚」を配信します!

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
ページ数 33ページ 出版社 ハーレクイン

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • コミック一覧へ

王宮のスキャンダルシリーズ

王との愛なき結婚
橋本多佳子 / ジェニファー・ルイス
王との愛なき結婚
国王が急逝した環太平洋の小島ラヒリ王国。しきたりでは残された王妃ラニは、王の弟と結婚しなくてはならない。国王との結婚でさえ自分の意志を踏みにじられたものだったのに今度はその弟となんて…。義弟ア…
国王陛下の花嫁選び
橋本多佳子 / ジェニファー・ルイス
国王陛下の花嫁選び
NYで活躍する若き実業家ジェイクは故国ルテニアに呼び戻され、国王に即位することになった。秘書アンディをともない、国を立てなおして3年、閣僚たちに“来月の独立記念日までの結婚”を求められる。有力…
夜だけのシンデレラ
橋本多佳子 / ジェニファー・ルイス
夜だけのシンデレラ
「僕は君の息子の父親だ」ステラが赤ん坊のニッキーと暮らす家にすごい迫力のハンサムな男性が現れて、信じがたい事実を告げる。彼はステラが精子バンクを利用して出産した子のドナーだというのだ。さらに…

【日刊】ハーレクインカフェ vol.320 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

後書きに❤️オマケ:ペンペン 2017/09/26

作品は王道で読み易いですね。絵もさすが! 後書き読んで、そうだよねープロはこ…

幼馴染の再会もの:れん 2017/09/26

好みなんですが、ヒーローの育った環境が悪かったせいかかなりのトラウマに読ん…

あぁ…どうして:dee 2017/09/26

狂おしいラブロマンスだってのは冒頭からわかりますよ。だけど!だけどですね!…

ごめん、好き:ウルスラ55 2017/09/26

下に書かれている方いらっしゃいますがペニー・ジョーダンの王道パターン。そし…

ひどすぎるってわかってるんだけどなぁ:セリシア 2017/09/26

リン・グレアム定番の、読んでてむかつくほど嫌な男。なんですけれどねぇ。 これ…

なんだかなあ:すずどん 2017/09/25

村田先生大好きなのですが・・・この作品は何一つ心に響いてこないというか。H/H…

なんじゃそりゃ:クレヨン003 2017/09/25

いい感じで読み進め、途中『ウルッ』としたりしてラスト『なんじゃこりゃ』です…

絵が嫌い:きらっち 2017/09/25

絵が気持ち悪い

月額でなければ:きらっち 2017/09/25

月額でなければ読みませんでした。時間の無駄。絵が下手というか、人物に魅力が…

うーむ…:リリィ 2017/09/25

話は好きです。特に破綻してないし。 しかし、いかんせんロマンスが…。物足りな…

このページの先頭へ