ホーム > 小説一覧 > 壊れた恋心 テキサスの恋 28

壊れた恋心  テキサスの恋 28

テキサスの恋シリーズ

壊れた恋心 テキサスの恋 28

ジョディは隣人のアレクサンダー・コッブに、ずっと思いを寄せていた。ある日コッブ家のパーティで、シャンパンを飲みすぎた彼女は、酔った勢いにまかせてアレクサンダーをベッドに誘い、ぴしゃりとはねつけられてしまう。「彼女を二度と僕に近づけるな」激怒した彼が妹に言うのを聞き、ジョディは傷心を抱えてコッブ家を去った――もうアレクサンダーには会わない、と心に決めて。だが二週間後、彼が突然ジョディのオフィスに現れて頼んだ。「僕とつきあっているふりをしてほしい」★麻薬取締局捜査官のアレクサンダーに協力するジョディの恋のゆくえは?★

4.5 評価集計 6件の評価
評価する
評価5
3
 

評価4
3
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 500円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

テキサスの恋シリーズ

子供じゃないのに
ダイアナ・パーマー
子供じゃないのに
どこまでも続く広い草原、吹きわたる風。雄大なテキサスの牧場に育ったアビーも、もうすぐ二十一歳。いつしか男性に恋心を抱くようになっていた。おめあての人とは、カルフーン・バレンジャー。交通事故で…
夢からさめたら
ダイアナ・パーマー
夢からさめたら
秘書のメロディは心配性。社長夫妻がハネムーンに出かけたので、留守番役が無事につとまるかどうか不安を隠せない。そこに社長の親戚のエメットがやってきた。牧場を経営しながら、ロデオスターとしても名…
目を開けてキスして
ダイアナ・パーマー
目を開けてキスして
コリーンは夫バリーの事故死で二年間の結婚生活を終えた。葬儀の日、背の高い男性テッドが冷たい目で彼女を見つめていた。いとこのバリーを殺したのはおまえだ。テッドの目はそう告げる。かつてコリーンの…

壊れた恋心 テキサスの恋 28 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

お気に入りの作品 評価5 5

無自覚にヒロインを傷つけてきたヒーロー(とその妹)が自分の残酷さに気づいた時にはヒロインはこの恋からの撤退を決意し…という、後悔して挽回に走り回るヒーローが好きな私にはたまらない作品です(笑)ヒーロー兄妹には恩があると思っているヒロインは利用されていると知っていても役に立とうとするいい人ですが、あらすじの一件を機にちゃんと言い返すようになり、強くなったヒロインの活躍も楽しいです。

参考になりましたか?はい いいえ
哀れ過ぎる 評価4 4

前半のヒロインの虐げられっぷりといったら涙なしには語れない。さんざんヒロインを傷つけた傲慢ヒーローが後悔する系のお話が好きな人にはたまらないかも

参考になりましたか?はい いいえ
あんまりだ 評価4 4

泣いてしまった。ひどいヒーローが多いが、あんまりだ、ここまでって思う。

参考になりましたか?はい いいえ
ダイアナお得意の傲慢ヒーロー 評価5 5

ヒロインを人とも思わぬ極悪非道な台詞がダイアナらしいオレ様ヒーロー・アレクサンダー登場です。前作のコルビー・レインの極道振りにも空いた口が塞がりませんでしたが、今回も負けてはいません。ですが後半、自分の行いを反省して、ヒロインの心を取り戻そうとする悪戦苦闘ぶりにニヤリとしてしまうお決まりのパターンで、読者の毛羽立った気持ちをやわらげてくれる所は、さすが巨匠の腕前といったところでしょうか。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

最低男:ローズ 2017/07/25

あんまり素敵には思えませんでした。女にだらしない自分勝手な男。ヒロイン苦労…

ヒロインが好きになれません:ローズ 2017/07/25

悪いということはないですが、あまり性格が良くないので好きになれませんでした…

よくわからない:kaeru 2017/07/25

とにかくヒロインがキラキラしているだけで、よくわからない作品でした。

最後が:ラニア 2017/07/25

私は月額で読みましたがよかったです。 最後がもっとハーレらしくはっきりハッピ…

わりと:ウルスラ55 2017/07/25

好きかも。相変わらず芝居がかってますが、ノリノリで描かれている感じがします…

ちょっと怖い:まめ姫 2017/07/24

オランダが舞台の作品は初めてかも。読み進めていて何故だか『赤毛のアン』を思…

秘書じゃないし:ウルスラ55 2017/07/24

ヒロインは最初の方でちょこっと秘書だったけど、その後は「無職」なのでタイト…

楽しかったです。:まい 2017/07/24

ヒーローが一人であたふたしている所がコミカルで楽しく読めました。ヒロインは…

顔の区別がつかない:ぽんた 2017/07/24

ややこしい話なのにキャラの書き分けができていないのは割りと問題です。 加えて…

うう~:まつ栗 2017/07/23

なんか、ヒーロー&ヒロインともに。めんどくさい人たちだ。

このページの先頭へ