ホーム > 小説一覧 > 禁じられた追憶

禁じられた追憶

禁じられた追憶

施設育ちながら、努力の末に大学の奨学金を得たエリザベス。将来を夢見て意気揚々とロンドンへやってきた彼女は、旅行中のイタリア系アメリカ人、リカルドと衝撃的な恋におちる。だが彼に婚約者がいるとわかったとき、恋ははかなく散った。彼女が予期せぬ妊娠に気づいたのは、彼が去ったあとだった……。それから10年、一児の母、そして会計士になった彼女は新しい顧客である大物弁護士と対面し、卒倒しそうになった。忘れもしない貴族的な顔つきに、アメリカ人らしい話し方。まさか息子の存在を知って、奪いにやってきたの?

1.5 評価集計 4件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
0
 

評価3
1
 

評価2
1
 

評価1
2
 

閉じる


  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 450円 / 500円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

禁じられた追憶 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

【ネタバレ】10年は長い 評価3 3

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む
どうして今になって? 評価1 1

よくある誤解とすれ違いで過去に離れてしまったのはわかった。でも、なぜ10年近くも経って、しかもこういう現れ方をするのかなぁ。まぁ、そうじゃないとお話が成立しないんだろうけど、お互い子育てという責任を持っていながら、簡単に肉体的魅力に屈して、最後には、あれは誤解だったのね、ハッピーエンド。というのに、10年かかるというのは、納得しがたい話です。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

実家のことが気がかりです:わっち 2017/08/16

ピュアピュアなH/Hに癒された〜。 実家の環境が可哀想だったので、その後どう…

気になることが:しのP 2017/08/17

お話は面白かったのですが、ヒーローとヒロインの年齢って30代なんじゃないかと…

同じことのくり返し:まめ姫 2017/08/16

場所を変えて同じことをくり返している。素直になれずヒロインを付き離し、でも…

どうしても:yumi 2017/08/17

穏やかなお話です。ドラマチックな展開もないけれどじんわりします。絵もとても…

えーと:まつ栗 2017/08/17

ヒロインは、自己中心的で被害者意識が強く、自分の立場を理解できてない美人な…

リングレだね:さんちょ 2017/08/17

作者の名前を見た時に、どうせ傲慢ヒーローだろうなって思ってると正にそう。 今…

う〜ん:Aio-K 2017/08/16

女をバカにする男、その男の誘いに何も考えずに乗る女。そんなにあっさり自分の…

ハーレなのにヒーローが・・・:にゃんこ 2017/08/15

ちょっと情けなさ過ぎる。理由があっても不倫はダメでしょ、ハーレなんだから。…

表紙からして:なうしか 2017/08/14

開かなくてもヤバイなってのが伝わってきました。 あんな母親持ってたら普通の男…

読みづらい:きりめ 2017/08/14

絵柄というものもあるかもしれません、原作未読なため、お話がどうこう言うこと…

このページの先頭へ