ホーム > 小説一覧 > 黒い瞳のエトランゼ

黒い瞳のエトランゼ

黒い瞳のエトランゼ

アレクサンドラはアメリカで貿易会社を切り盛りする気丈なレディ。取引相手のソープ卿に直接面会するため、はるばるロンドンへやってきた。予想外に魅力的な独身男性だったソープに誘われ、舞踏会に出席したアレクサンドラ。そこで高貴な老婦人に紹介される。だが伯爵夫人だというその女性は、アレクサンドラを見るなり「シモーヌ!」と叫び、そのまま気を失った。C.キャンプの歴史ロマンス三部作がついに始動。仏革命で生き別れた三兄妹の運命は。

4.5 評価集計 2件の評価
評価する
評価5
1
 

評価4
1
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 700円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ロマンスライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

黒い瞳のエトランゼ のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

三部作の一話目 評価4 4

この筆者の作品はいつもおもしろいです。ドキドキハラハラ、お話の運びが良くて、設定も刺激的で、ワクワクします。。フランス革命で両親と死別、英国に帰国途中に兄姉妹が離ればなれになった妹のお話し。ミステリー仕立てで、ラブロマンスだけじゃないところが良いです。が、ヒーロー、若気の心の痛みから、女性不信があって、ある事でヒロインを誤解し、貶めるシーンがあり、その暴言・態度がカミソリみたいで、、読んでいてヒロインの心の傷が痛くて…星が1つ減りました。(HQでは、ありがち、と言えるんですけど、ヒロインの感情移入出来ちゃう作品の場合は、痛みも感じちゃうので、わたし的には駄目なんです)

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

割と好み:おせつ 2018/04/24

設定も物語も良かったです。たまにはこういうパターンもいい。

よかった!:tamachan 2018/04/24

素直に感動しました。 暖かいお話ですね。ヒーローとヒーロー父のやり取りに涙。…

もう!素敵!:ゆず 2018/04/24

これは文句なしにハート5でしょう! 久々にこころキュンキュンしたお話でした。…

無理でした:おせつ 2018/04/24

高評価なので期待してみましたが、自分には無理でした。奇跡の意味がわからない…

絵が:サリー 2018/04/24

嫌いな作家さんではないのですが、絵が雑ですね… 走り書きのような印象を受けま…

イイ!:リモネ 2018/04/24

絵もお話もとってもイイです!! 男性陣がとてーもカッコよくて素敵でした(*´꒳`…

ヒーロー不要:さぶちゃん 2018/04/24

ここまで存在感のないヒーローがかつていただろうか?いい人なんだけれど、噛ま…

ファンタジー:ジョディ 2018/04/24

美しい絵物語

絵はきれい:riki 2018/04/23

それだけ。 良い所のないヒーローだけど、絵がきれいだから格好いい(笑)

今だけはこのままで:キャシー 2018/04/24

久しぶりにうるっときました。特にラストの街中でみんなに感動されるシーンはと…

このページの先頭へ