ホーム > 小説一覧 > オリンポスの咎人 ストライダー

ロマンスライブラリをブックマーク

オリンポスの咎人 ストライダー

オリンポスの咎人 ストライダー

最強の種族に生まれたカイアは大胆不敵な女だと思われているが、秀でた姉や可憐な双子の妹に比べられて育ち、自分に自信を持てずにいる。そんな彼女が惹かれているのは暗黒の戦士ストライダー。カイアは強気な振る舞いで傷つきやすい心をひた隠し、ゴージャスでセクシーな彼を一途に想い続けてきた。だがストライダーは“征服”の魔物を宿し、どんな勝負でも負ければ激痛に苦しめられるため、戦士たちよりも強い彼女に見向きもしない。ついには拒絶の言葉を告げられ、カイアは涙をこらえた。彼のためならなんだってするのに……。

2.0 評価集計 2件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
0
 

評価3
1
 

評価2
0
 

評価1
1
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 800円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ロマンスライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ

オリンポスの咎人 ストライダー のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

天使?携帯? 評価3 3

何百年,何千年もの時の流れの中での話で,大天使や,肉体の再生が可能なハルピュイアや神話の登場人物たちが織りなす話なのに,学校の体育館に集まったり,携帯電話で連絡を取り合ったり…というアンバランスが面白い♪オリンポスの咎人シリーズの中では,後から出た作品なので,先に出ている作品は読んでおいた方が面白いです♪特に【サビン】は読んでおくと作品への理解度倍増です♪

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

本当に災難続き:れん 2018/05/22

セクシーで危険な感じのヒーローでしたが本来はとても真面目で好感が持てました…

愛の国モーガンアイル:ゆりあ 2018/05/21

麻生歩先生の「プリンセス・レッスン」「罠にかかったプリンセス」のスピンオフ…

ほっこり系のハーレクイン:れん 2018/05/21

短編2冊でしたが、どちらも良かったです。よくある定番のハーレクインロマンスで…

13年間はあまりにも長過ぎる:mizuki 2018/05/22

失われた年月の犠牲とその代償は大きい。10年以上も空白になるとちょっと興ざめ…

定番のハーレクイン:サンタルチア 2018/05/21

よくあるお話でしたが好みです。ヒロインは自立しているイギリス人女性。相手は…

ボスに贈る宝物:ゴンジュ 2018/05/21

満足です。後味がとてもいい。やはり切なさがないと、ハーレではない。

ムリ。:アメリア 2018/05/22

ヒーローはつまり避妊もせず仮想世界楽しむだけ楽しんで自分の世界に戻った訳で…

スペイン式プロポーズ:ゴンジュ 2018/05/20

女性心理をよく表している。

最高~!:あずき 2018/05/19

美しい作画と大人の雰囲気がとっても良かったです。画力がある著者なのでどんな…

ヒストリカルも良いけど:あずき 2018/05/22

現代ものも楽しめました。ヒロインはプロのシェフなのできっとヒーローを満足さ…

このページの先頭へ