ホーム > 小説一覧 > 罪深い契約

罪深い契約

罪深い契約

インテリア・デザイナーのリズは大きな危機に直面していた。仕事が軌道に乗り始めた矢先に大きなトラブルに見舞われ、早急に夫となる男性を探さなければならなくなったのだ。しかし、仕事一途で生きてきたリズに親しい男性などいない。途方に暮れるリズに、意外な人物が助けの手を差し伸べた。クエンティン・ホイッタカー。親友の兄で、大企業の経営最高責任者でもある彼は、リズが長年片思いしている相手だった。思わず胸をときめかせる彼女に、クエンティンは冷たく告げた。お互いの利益のために取り引きをしよう、と。■“億万長者との恋物語”――リッチで傲慢なヒーローの華やかな輝きと、隠れた素顔の魅力を描いた、ゴージャスな恋物語です。

3.0 評価集計 3件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
1
 

評価3
1
 

評価2
1
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 550円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

罪深い契約 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

ラブコメディ 評価4 4
ロマンス ライブラリで購入済み

ヒロインは子宮内膜症のため一刻も早く子供をもちたいと精子バンクに行くことを決意。幼なじみの親友は「そんなことをするくらいなら私の長兄と一緒になればいい」と提案。兄クエンティンはとりあわず、バカなことを考えるなと一蹴、しかしイライラモヤモヤ…。実にクエンティンは4人兄弟の長子らしく、傲慢というよりお兄ちゃん気質という感じ。途中からはコメディかと思うほどで、LOVEのくだりには爆笑しました。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

カミラ:なうしか 2017/03/23

カミラって聞くとカミラ夫人が思い浮かんでゲンナリします。 相手が17歳なら純愛…

原作に無理がある:ローズ 2017/03/23

10年は長すぎますね。シリーズ物なので分かりにくかったのもありますけど、シリ…

泣けました:ローズ 2017/03/23

ヒロインの心が美しいです。優しい愛です。涙が出ました。

ほっこりします:ローズ 2017/03/23

クリスマスの時期に読みたい優しいお話です。大きな盛り上がりはないですが、嫌…

何度も読み返したくなる作品でした:ベルガモット 2017/03/22

ヒロインが優しくヒーローもヒロインに深く思いやりがあってお互いの愛情が感じ…

う~ん:えんじゅ 2017/03/22

ヒロインが生きてて良かったねぇ、のレベルの話。でも絵は好き。

敵討ち!:映画館 2017/03/22

ヒロインもヒーローも芯があっていいです(^^)絵も美しい ウイリアムテル思…

はしょりすぎ。:なうしか 2017/03/22

最初に冷たい目でヒロインを見てたのは何で? 婚約者はどうなった? 大事なとこ…

最低ヒーロー:さんちょ 2017/03/22

自分の事しか考えてない最低なヒーロー。 一度許すと亡くなる最後まで好き勝手し…

何か:しのP 2017/03/22

この男バカかと思いました。

このページの先頭へ