ホーム > 小説一覧 > 女王陛下の侍女

女王陛下の侍女

女王陛下の侍女

西暦1558年、エリザベス女王が誕生し、時代の波は新たなうねりを生み出した。宮廷には女王に召し抱えられた廷臣たちが勢揃いして、すがすがしい空気に満ちている。侍女ペネロープもまた晴れがましい気持ちで謁見に臨んだ一人だった。たいした家柄ではない自分がこの場にいられるのも、姉が伯爵家に嫁ぐおかげだ。精いっぱい女王様にお仕えしよう。そう誓ったとき、見覚えのある男性の顔が目に入った。オリヴァー!甘ずっぱい記憶がたちまち彼女の胸を占めた。★16世紀半ば、イングランドでは急速にプロテスタント化が進み、英国国教会が設立されます。しかしいまだカトリックを信奉する者も多く、そのせめぎ合いの中でエリザベス女王の治世は始まりました。侍女ペネロープのけなげな献身ぶり、身を焦がす恋に、どうぞご期待ください!★

4.0 評価集計 2件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
2
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

女王陛下の侍女 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

【ネタバレ】ヒロイン姉とその婚約者が 評価4 4

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む
【ネタバレ】描写がよい 評価4 4

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

口が聞けないのか?:なうしか 2017/03/23

ヒーローもヒロイン父も口が無いのかって位、 大事な事伝えませんねー。 エスパ…

本当は、重いテーマですが:アリィ 2017/03/23

原作は重いテーマとサスペンス(殺人も!)ですけれど、明るめでさらりと、でも…

色々と濃い:みるにゃあ 2017/03/23

目力がパンパない画で濃さを感じます(笑)がとにかく丁寧に描いて下さっているの…

ヒーローよりも:やまだ 2017/03/23

父親が目立ってるお話でした。うーんヒーロー何してた???と言うほどヒーロー…

なんでかわからんが:さんちょ 2017/03/24

頭に入ってこない話。 パラパラと読んで終わってしまった。 ヒロインも父親に大…

カミラ:なうしか 2017/03/23

カミラって聞くとカミラ夫人が思い浮かんでゲンナリします。 相手が17歳なら純愛…

原作に無理がある:ローズ 2017/03/23

10年は長すぎますね。シリーズ物なので分かりにくかったのもありますけど、シリ…

泣けました:ローズ 2017/03/23

ヒロインの心が美しいです。優しい愛です。涙が出ました。

ほっこりします:ローズ 2017/03/23

クリスマスの時期に読みたい優しいお話です。大きな盛り上がりはないですが、嫌…

何度も読み返したくなる作品でした:ベルガモット 2017/03/22

ヒロインが優しくヒーローもヒロインに深く思いやりがあってお互いの愛情が感じ…

このページの先頭へ