ホーム > 小説一覧 > レディの真実

レディの真実

レディの真実

19世紀のロンドン社交界で、イザベラは異端なレディだった。下層階級と交わるなどタブーとされるなか、身をやつしてまで、恵まれない人々のためにひそかに慈善活動をしていた。先日、アンバーリー卿という名の紳士にその姿を目撃されたが、彼がイザベラに対してとった侮蔑的な態度を考えれば、彼女の正体に気づいていないことは明らかだった。だが、華麗なドレスを身にまとって知人の夜会に出席したとき、イザベラは多くの称賛のまなざしとは別に、鋭い視線を感じた。見るとそこには、アンバーリー卿の疑念に満ちた瞳があった。

2.0 評価集計 3件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
0
 

評価3
1
 

評価2
1
 

評価1
1
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

レディの真実 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

令嬢も楽じゃない 評価3 3

女性が一人で出歩いてはいけないとか、慈善活動のために刑務所を訪れるなどもってのほかといった、さまざまな制約を上手にかわしながら活動を続けるヒロイン。でも、こっそりやらなくちゃできないから、どうしても行動にあやしさが付きまとい、それに気づいたヒーローに付きまとわれてしまいます。うまくごまかそうとするヒロインと、真相を探るヒーロー。二人のやり取りが軽妙で楽しいです。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

2つめがよかった:もも 2017/05/30

2作目のヒーロー(?)がよかったです。生真面目すぎて不器用で…メガネ男子萌で…

大好きです:なつきち 2017/05/30

私はこの雰囲気凄く好きです。 いかにも少女まんがで大好きです。 田中先生の絵…

いいおはなしでした:ゆず 2017/05/30

心が温かくなるいいお話でした。ヒロインが少し幼く見えるけど、ヒーローが寡黙…

可愛かった:もも 2017/05/30

ヒーローもヒロインもどちらもすごく可愛くて、きゅんと来ました。

面白かった:ことら 2017/05/30

評価が分かれていますが自分は愉しめました。戦場が舞台なのですが、生々しい光…

ダンテ一族の伝説シリーズ:あんず 2017/05/30

お互いに炎を感じた相手との素早い行動には参りますが(笑)、 ファンタジーの世…

いまいち:エリカ 2017/05/30

紙芝居みたいでした、バンク(1度書いた絵のコピー)ばっか使ってるからかな?…

面白い:ジョディ 2017/05/29

いくら気に入らないといっても令嬢を家政婦だとだましてこき使うなんてひどいん…

簡単に許しすぎよ~:くりゅみ 2017/05/29

あんなにスルッと許して良いのっ?!あんだけ侮辱されて、濡れ衣着せられ罵られ…

愛があれば大丈夫!:くりゅみ 2017/05/29

って、んな訳あるかいっ!!このヒーローはアンポンタン!ヒロインが死にかけて…

このページの先頭へ