ホーム > 小説一覧 > すれ違う恋心

すれ違う恋心

すれ違う恋心

かつて深く愛したイーサン。ミアは今も心を乱される彼が憎かった。9年前、イーサンの母親が校長を務める寄宿学校に入ったとき、内気なミアの話し相手になってくれたのは、6歳違いの彼だった。4年後、ミアは彼とデートし、ベッドまでともにするようになった。イーサンはその間に彼女の父親の会社に入り、着々と支配を強めていた。ミアの母の自殺と、彼女の父と自分の母親の再婚を待っていたように。イーサンが私に近づいたのは、父の会社を乗っ取るため。そして母の死は、父とイーサンの母親の情事を知ったから……。そんな仕打ちに耐えられず、ミアは彼らの前から姿を消した。なのにイーサンは5年もかけて彼女を捜しあて、父のもとに帰れと言う。ミアは目の前に彼を舞い戻らせた残酷な運命をのろった。■デビュー以来、150作以上の作品を書き、不動の人気を誇るC・モーティマー。すれ違う恋人たちの心情を確かな筆致で紡ぎ出す、正統派のロマンスをどうぞお楽しみください。

3.5 評価集計 2件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
1
 

評価3
1
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ロマンスライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

すれ違う恋心 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

もっと部下を育てないとね~:ウルスラ55 2018/02/19

支店が複数あるようなレストランなんだからもっと部下を育てって任せていかない…

ヒーロー、バカ過ぎる:とくの 2018/02/19

ヒーロー、バカなの?誤解からヒロインを侮辱、罵倒して大いに傷つけておいて、…

なんだかダラダラ:アメリア 2018/02/18

マーガレットムーアと言えば気性の荒いヒーローのイメージなんだけど、この作品…

このシリーズは好み:KiKi 2018/02/19

スピンオフを含めて今迄4作品を読破していますが、面白いです。評価は低めです…

無意味なキラキラ✨:パタリン 2018/02/18

ストーリー、全く入ってきません…。ヒーローもヒロインも脇役も肝心のストーリー…

不倫は嫌いなのだが:nana 2018/02/18

愚かは愚かだけど、このヒロインは他の話の不倫思考ヒロインと違ってひたむきで…

昔の話ですよね~:ウルスラ55 2018/02/17

コピーライト1990年とあるので30年くらい前のお話。当時は「キャリア・ウーマン…

まじかよ!!!!:ボンドマン 2018/02/18

くそ男としたたかでだらしない女ちょー腹立つ このハートを元婚約様に捧げます。

薄っぺらい:まるこ 2018/02/18

全頁通して内容もヒーローもヒロインも薄っぺらい。まるで魅力がないヒロインの…

画は?:クレヨン003 2018/02/17

画はだれが描いたの? ヒロインの目が今までの真崎先生のヒロインの『おめめ』…

このページの先頭へ