ホーム > 小説一覧 > 幸せへの航海

幸せへの航海

幸せへの航海

忙しい日々を送る看護婦のラヴデイは、ある晩、親友のリマダから相談を持ちかけられた。恋人との結婚を後見人である従兄アダムが認めてくれないので、なんとか彼の裏をかく手段を考えてほしいという。気が進まずに言葉を濁していたラヴデイだったが、翌日、偶然アダムと顔を合わせて考えが変わった。彼は自己紹介のあとで、突然ラヴデイにキスをしたかと思うと、続けて彼女のことを“お節介な出しゃばり”と非難したのだ。こうなったら絶対リマダの願いを叶えてあげよう。ラヴデイは胸に怒りの炎を燃え上がらせて誓った。

4.5 評価集計 5件の評価
評価する
評価5
4
 

評価4
0
 

評価3
1
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 550円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

幸せへの航海 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

面白かった、けど 評価5 5
ロマンス ライブラリで購入済み

ロマンスとしてヒーローとヒロインの話は、もちろん面白かったです。 個人的には読んでる途中も、読んだ後も妙に気になったのは、しっかりしたヒロインと子どもっぽいリマダが友人関係になっていること。姉妹のような親子のようなほどの精神年齢の差があるような…。 読んでいくにつれ、二人のギャップがどんどん広がって面白いけど、なんでお友達になれたのかと不思議でした。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

最低で最低なヒーロー:米蔵 2017/05/27

絵も同僚も素敵です。 ヒロインの性格が良いこともわかります。 でも何故このヒ…

そうでもない:moo 2017/05/27

爽やかなヒロインとスッキリな読後感を期待して買ったけど、そうでもなかった。

多重人格ヒーロー:マカロン 2017/05/27

暴言と愛情?の落差が激し過ぎて、1秒後には理解不能な人にかわる。 なんか、気…

読みごたえのあるお話♡:アリィ 2017/05/26

以前読んで、シベリア鉄道に憧れました。ジェシカ・スティールらしいお話ですよ…

ドキドキしちゃた:fumi 2017/05/26

色々な意見がありますが、私は純粋に素敵なラブストーリーで最高に楽しめました…

おたのしみパック〜すっきり爽快編〜:Cocoon 2017/05/26

3作とも良かったです。内容も絵柄も文句なし!当たりでした。観覧期間は3日です…

ほどよく:しゅう 2017/05/25

ハーレクインを読み込んでいる方なら、既読作品になるものばかりだと思いますが…

いろいろな反応があるかと思います:SS 2017/05/25

でも、二人共自分の本質を大事にするってことに気がつけて本当に良かった! 頑張…

ひどい:セリシア 2017/05/25

ちょっとヒーローがひどすぎ。

懐かしい雰囲気:セリシア 2017/05/25

懐かしいなーと思いながら読んでました。 独特なので、結構あうあわないあるかと…

このページの先頭へ