ホーム > 小説一覧 > ディーヴァの復讐

ディーヴァの復讐

ディーヴァの復讐

ジェマは燃えるような赤毛の歌姫(ディーヴァ)。双子の妹の人生を破滅させた、ギリシアのリゾート王、アンジェロへの復讐を胸に誓い、妹になりすまして彼に近づく。裏切ったのはジェマのほうだと信じているアンジェロは、再会した彼女を拒絶するが、再び燃え上がる欲望を抑えられない。触れ合うだけで互いの体に稲妻が走り、いつしか心まで通い始めたことに二人は気づいていた。――彼に惹かれてはだめ。でも、彼は本当にひどい男なの?――彼女は不実な女だった。変わったような気がするのはなぜだろう?絡み合う情熱と欺瞞が、二人を抗えない愛へと導いていく。

3.0 評価集計 1件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
0
 

評価3
1
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

ディーヴァの復讐 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

復讐というより探究 評価3 3

ディーヴァってなんだろうとつい思ってしまい、「歌姫」じゃいけないんだろうか?と疑問に思ってしまいます。コミック版でも書かれていましたが、「復讐」という感じではありません。双子の妹の不可解な死の真相を探るべく、双子の姉が記憶喪失のふりをして妹が最後に訪れた場所へ赴きます。それだけ極端に違っていれば、ヒロインとヒロイン妹が別人と気が付いてもよさそうなヒーローですが、「変わった」と思っているところ、喜ぶべきか悲しむべきか微妙でした。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

むーん:みーたん 2016/12/08

せっかくのこの漫画家さんなのにこのストーリーはなあ。いくらメモを残しておい…

派手な展開ではないけれど:K 2016/12/08

ヒーローの性格も素直で、相手の気持ちをきちんと汲み取れるいい人だし、ナニー…

涙:lica 2016/12/08

久しぶりにうるっときました。 いつも絵もお話も素敵な漫画家さんです。

最低男:なうしか 2016/12/08

傲慢な糞男で腹がたちました! デレになるのが遅すぎる。 処女なのに避妊薬なん…

なんだかな:あちゅ 2016/12/08

結婚式に置き去りにされたって結構な事だと思うのに、何故にこんなにあっさり許…

文句なし!:なうしか 2016/12/08

好みでした♥子供も可愛い♥

つまらん・・・:まみー 2016/12/08

別れの理由が序盤に判明するので、読者はそれを知ったヒーローが、どれだけ反省…

いつものアリスン先生とは違って:ラスカル 2016/12/08

少しコメディータッチもあり良かったです。お話はシンデレラストーリーかな。紙…

とても気に入りました:れたす 2016/12/08

主人公の心の流れがとても丁寧に描かれてて、スラスラ読めました。

なんじゃい!!:クレヨン003 2016/12/08

なんだか自信満々みたいだったのに、ちょっと嘘を吹き込まれたらその気になって…

このページの先頭へ