ホーム > 小説一覧 > わたしだけの侯爵

わたしだけの侯爵

わたしだけの侯爵

伯爵家の使用人の娘にすぎないアナは、明るい性格を買われ、伯爵令嬢の話し相手を務めて育った。ところがある日、突然くびを言い渡され、アナはすがるような思いで唯一の紹介先の扉を叩く。ハンサムだが陰鬱な顔つきのブレントモア侯爵は、妻を亡くし、子供の家庭教師を探しているらしい。まだ二十歳のアナはすぐさま追い返されかけるが、必死さに心動かされたのか、侯爵は渋々雇ってくれた。やがて、侯爵の心の痛みを知るにつれて、アナはその悲しみを癒してあげたくなって……。■子供たちの暮らす田舎の領地に赴いたアナは、屋敷の陰気さと使用人たちの冷徹さに驚きます。必死で子供たちの気持ちを解きほぐそうとするアナに、殻に閉じこもっていた侯爵も心惹かれていきます。

4.5 評価集計 7件の評価
評価する
評価5
5
 

評価4
1
 

評価3
1
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 700円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

わたしだけの侯爵 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

引き込まれました。 評価5 5

複雑な生い立ちのヒロインですが、屈折せず、明るく前向きな性格に書かれているので、湿っぽくならずに読めました。

参考になりましたか?はい いいえ
【ネタバレ】漫画でも読みたい! 評価5 5

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

ドキドキしちゃた:fumi 2017/05/26

色々な意見がありますが、私は純粋に素敵なラブストーリーで最高に楽しめました…

おたのしみパック〜すっきり爽快編〜:Cocoon 2017/05/26

3作とも良かったです。内容も絵柄も文句なし!当たりでした。観覧期間は3日です…

ほどよく:しゅう 2017/05/25

ハーレクインを読み込んでいる方なら、既読作品になるものばかりだと思いますが…

いろいろな反応があるかと思います:SS 2017/05/25

でも、二人共自分の本質を大事にするってことに気がつけて本当に良かった! 頑張…

ひどい:セリシア 2017/05/25

ちょっとヒーローがひどすぎ。

懐かしい雰囲気:セリシア 2017/05/25

懐かしいなーと思いながら読んでました。 独特なので、結構あうあわないあるかと…

牧場主なんだから:sakura 2017/05/26

ヒーローはステットソン帽をかぶっているのでいいんです。 ヒロインの髪型は仕事…

シリーズ3作目:ペンペン 2017/05/25

シリーズ案内は2作品しかされてないけど、「氷の富豪と無垢な王女」があるから3…

ポエム?:ぼいこ 2017/05/24

話の所々で説明がポエムのよう…。肝心なところで具体的な説明が端折られ、なんだ…

うむむ。愛が見付けられなかった・・・:金鳳花 2017/05/26

重いお話です。ヒロインの生き悩んでいる状況が気になって一気にストーリーに引…

このページの先頭へ