ホーム > 小説一覧 > わたしだけの侯爵

わたしだけの侯爵

わたしだけの侯爵

伯爵家の使用人の娘にすぎないアナは、明るい性格を買われ、伯爵令嬢の話し相手を務めて育った。ところがある日、突然くびを言い渡され、アナはすがるような思いで唯一の紹介先の扉を叩く。ハンサムだが陰鬱な顔つきのブレントモア侯爵は、妻を亡くし、子供の家庭教師を探しているらしい。まだ二十歳のアナはすぐさま追い返されかけるが、必死さに心動かされたのか、侯爵は渋々雇ってくれた。やがて、侯爵の心の痛みを知るにつれて、アナはその悲しみを癒してあげたくなって……。■子供たちの暮らす田舎の領地に赴いたアナは、屋敷の陰気さと使用人たちの冷徹さに驚きます。必死で子供たちの気持ちを解きほぐそうとするアナに、殻に閉じこもっていた侯爵も心惹かれていきます。

4.5 評価集計 6件の評価
評価する
評価5
4
 

評価4
1
 

評価3
1
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 700円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

わたしだけの侯爵 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

引き込まれました。 評価5 5

複雑な生い立ちのヒロインですが、屈折せず、明るく前向きな性格に書かれているので、湿っぽくならずに読めました。

参考になりましたか?はい いいえ
【ネタバレ】漫画でも読みたい! 評価5 5

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

背景:neko 2017/01/16

いつも思うんですけど背景綺麗ですよね~。麗しいv そこだけはいつもウットリ…

よくわからない:momo 2017/01/16

最後まで誰の気持ちもあやふや過ぎてわからなかったです。 なんで最後プロボーズ…

待っていました!:りんご 2017/01/16

先に原作を読んでおり、是非、三浦先生でコミックにならないかと待ちわびており…

引き込まれました。:りんご 2017/01/16

複雑な生い立ちのヒロインですが、屈折せず、明るく前向きな性格に書かれている…

表情が……:リーク 2017/01/16

ヒロインとヒーロー以外の人物はにこやかな表情が多いのにヒロインとヒーローは…

ヒーローの心理描写:リーク 2017/01/16

この作者さんのイラストは全体的に感情表現が少なく感じます。特にヒーローが…最…

良かった:なうしか 2017/01/16

キュンキュンきました〜 ヒーローを懲らしめるのに、もっともっと嫉妬させてもよ…

ん???:ののか 2017/01/16

ヒーローの自分の親について話すシーンが所々ありますが、何かおかしいと思うの…

淡々としてます:ハル 2017/01/16

誠実な人ばかりが出てくる感じの良い作品ですがわ淡々と話が進んでいく感じて、…

どうしても気になって:ノラ 2017/01/16

ストーリーも作画についても文句なしなのですが…「浮き足立つ」の用法が間違って…

このページの先頭へ