ホーム > 小説一覧 > ガラスの家

ガラスの家

ガラスの家

夫の亡骸とともに、リリーは茫然とデインの到着を待っていた。もうすぐ彼がここに来る。私を軽蔑している彼が……。デインの弟と極秘の取り決めを交わし、偽装結婚してから、そうとは知らないデインに罵声を浴びせられつづけてきた。家名を汚す雌狐! 清楚な仮面に隠れて浮気を楽しむ悪女!いわれなき汚名に耐えた結婚生活は、今、幕を閉じた。夫を亡くして、もうデインの憎悪に対処するすべもない。やがて顔をこわばらせたデインが、リリーの前に現れた。彼は知らない。私の体が無垢なことも、この胸に秘めた思いも。

4.5 評価集計 2件の評価
評価する
評価5
1
 

評価4
1
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 550円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

ガラスの家 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

【ネタバレ】ドキドキする 評価4 4
ロマンス ライブラリで購入済み

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む
ニブイっ! 評価5 5

ヒーローの鈍さにイライラさせられます。こういう決め付け顔のヒーローって多いですね。ヒロインへの思いの強さの反動とわかっていてもはがゆいです。言えばいいのに言わないヒロイン、ヒロインの口が堅いことをいいことに自分の都合を優先する夫。掛け違えたボタンはなかなかすっきりしません。すっきりしないのは故人のせいかと思うと責めきれないのが腹立たしかった。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

表情が同じ:なうしか 2017/01/18

表情が乏しいです。 お目々パッチリと開けて口も開けています。 バカにしか見え…

もう、ヒーローが無理:さんちょ 2017/01/18

ヒロインを屈辱しまくるヒーロー。 これで愛してるとか言われても無理だって。 …

始まりの割に:無雲 2017/01/18

途中から微妙。 最後はお決まりの形。 おすすめはしないが気になるならレンタル…

うーん:さんちょ 2017/01/18

毎回思うのだけど、小説版の方では”地中海で恋して”ってシリーズなのに無視する…

原作既読です:ゆりあ 2017/01/18

原作を読んだときに三浦先生でのコミック化を希望していたので漫画版も期待通り…

王道:れん 2017/01/18

定番のリングレのお話しですが、2冊でじっくり楽しめました。作画も丁寧で美しい…

良かった。:なうしか 2017/01/18

ヒロインはもちろん文句無し。 ヒーローの内面の葛藤(嫉妬)などが細かく書かれ…

こ、これは…:なうしか 2017/01/18

リタイアします。 良い気分で寝たいからね。

小公女セーラ:なうしか 2017/01/18

セーラですね。 ヒーローの汚ったない髭と売春婦のくだりと母親が薄汚い豚野郎で…

悪くのはないけれど:さんちょ 2017/01/18

ストーリーも作画も悪くはなく良いのですが、一つ疑問が。 ヒーローは隣人という…

このページの先頭へ