ホーム > 小説一覧 > 炎の夜と氷の朝

ロマンスライブラリをブックマーク

炎の夜と氷の朝

ファイナル・ミッションシリーズ

炎の夜と氷の朝

乗っている飛行機がまさに墜落しようとしている今、サラはふいに初恋の人カークのことを思いだした。高校時代の彼女は、クラスメートに〝がり勉〟呼ばわりされる、あか抜けない女生徒だった。一方のカークは、絶大な人気を誇るフットボールの花形選手だ。彼は私をからかっているだけ。そう自分に言い聞かせながらも、ひとけのない図書室で眼鏡を外され、カークの唇が近づいてきたとき、サラは胸を高鳴らせた。それなのに……。彼女は今でもカークとの関係を悔やんでいた。心残りのあるまま死にたくない! だが険しい山々が迫ってくる。やがて激しい衝撃が訪れ、サラの視界は闇に閉ざされた。

5.0 評価集計 2件の評価
評価する
評価5
2
 

評価4
0
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 期間限定販売: 2017年1月30日 までとなります.
  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ロマンスライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ

ファイナル・ミッションシリーズ

稲妻に抱かれて
スーザン・カーニー
稲妻に抱かれて
親友のエリーが誘拐され、パニックに陥ったサンディは意を決してトラヴィス・カントレルに連絡した。エリーの兄であり、政府の極秘機関に属するエージェントであり、忘れえぬ恋人でもあるトラヴィスに。駆…

炎の夜と氷の朝 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

ほっこり系のハーレクイン:れん 2018/05/21

短編2冊でしたが、どちらも良かったです。よくある定番のハーレクインロマンスで…

13年間はあまりにも長過ぎる:mizuki 2018/05/21

失われた年月の犠牲とその代償は大きい。10年以上も空白になるとちょっと興ざめ…

定番のハーレクイン:サンタルチア 2018/05/21

よくあるお話でしたが好みです。ヒロインは自立しているイギリス人女性。相手は…

ボスに贈る宝物:ゴンジュ 2018/05/20

満足です。後味がとてもいい。やはり切なさがないと、ハーレではない。

ムリ。:アメリア 2018/05/20

ヒーローはつまり避妊もせず仮想世界楽しむだけ楽しんで自分の世界に戻った訳で…

スペイン式プロポーズ:ゴンジュ 2018/05/20

女性心理をよく表している。

最高~!:あずき 2018/05/19

美しい作画と大人の雰囲気がとっても良かったです。画力がある著者なのでどんな…

ヒストリカルも良いけど:あずき 2018/05/21

現代ものも楽しめました。ヒロインはプロのシェフなのできっとヒーローを満足さ…

秘密めいた再会:ゴンジュ 2018/05/19

ハーレらしい作品です。切なさもあり、満足しました。 評価を不満足・普通・満足…

う~ん…ムリ~…:ソナチネアルバム 2018/05/19

くりゅみさんも書かれてるけど、絵が…。無理です、うけつけない。評価はしかたな…

このページの先頭へ