ホーム > 小説一覧 > ラスベガスの熱い夜

ラスベガスの熱い夜

都合のいい結婚シリーズ

ラスベガスの熱い夜

クレオは、母親と同じような生き方だけはしたくなかった。ダンサーだった母はカジノに集まる大物たちとの恋を繰り返し、奔放な一生を送った。だけど、私は母とはちがうわ……。平凡で真面目な男性との未来を描いていたクレオの前に、ある日突然、カジノの帝王フレッチャーが現れる。

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 550円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

都合のいい結婚シリーズ

愛を告げる五十の方法
クリスティン・リマー
愛を告げる五十の方法
「夏のあいだだけ、恋人同士にならないか」久しぶりに再会したボーの言葉にスターは動揺した。六年前、スターはつき合っていたボーから突然別れを告げられた。あのとき彼に投げつけられたひどい言葉は、今…
愛にこたえるとき
クリスティン・リマー
愛にこたえるとき
モリーは自分自身を嘲っていた。反発し合っているテイトと、夜をともにするなんて!美容院を経営するモリーと町の有力者テイトは、ことあるごとに火花を散らしてきた。そして数カ月前、彼女がテイトの傲慢…
一夜だけの秘密
クリスティン・リマー
一夜だけの秘密
ひさしぶりに故郷に戻ったローリは、声をかけてきた男性を見て息をのんだ。タッカー・ブラボー!今も私が愛するただ一人の男性。十一年前タッカーは、ローリの双子の妹リーナの恋人だった。だが彼との別離…

ラスベガスの熱い夜 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

楽しかったです。:まい 2017/07/24

ヒーローが一人であたふたしている所がコミカルで楽しく読めました。ヒロインは…

顔の区別がつかない:ぽんた 2017/07/24

ややこしい話なのにキャラの書き分けができていないのは割りと問題です。 加えて…

うう~:まつ栗 2017/07/23

なんか、ヒーロー&ヒロインともに。めんどくさい人たちだ。

面白かったです!:あんずじゃむ 2017/07/23

パラノーマルロマンス…興味がもてなくて読まずにいたのですが、シリーズがコミッ…

うーん!いまいち:ジェイ 2017/07/22

主人公がかわいそう過ぎて、ハーレクインらしくないストリートでした。

ヒロイン凄い:みるにゃあ 2017/07/22

横暴、ていうかものすっごい強引で人の話聞かないヒーローが、自立していて物怖…

ヒーローありき:まめ姫 2017/07/22

ヒロインは本当にお堅い。ハーレクインによく登場する俺様タイプでは無理でした…

時代錯誤の村社会?:まみー 2017/07/22

女=出産? 一族郎党集団生活? 価値観まで同じ?産むは善、産まぬは悪。原始時代…

ハーレクインだからね~:きなこ 2017/07/22

現実的にはあまりない設定だけど(もしかしたらあるかも) ドラマチックな運命の…

次の作品を楽しみに:アステア 2017/07/21

失礼ながら私も初期の作品は購入する気にはなれませんでした。 でもこの作品は立…

このページの先頭へ