ホーム > 小説一覧 > 妖精の涙のわけ

妖精の涙のわけ

ホテル・チャッツフィールドシリーズ

妖精の涙のわけ

カーラはどうしても抗えない家族の事情からラスヴェガスに飛び、しばらくカジノで働くことになった。ところが空港に着くなり、トラブルに見舞われる。まるでハイランドの戦士のような美しく強靱な男──メディア産業で財を成した大富豪エイダン・ケリーと正面衝突し、履いていたサンダルを壊してしまったのだ。なんて傲慢な人なの! 謝るどころか、私を睨みつけるなんて。しかも苦心してカジノへ辿りついたカーラを待っていたのは、涼しい顔でポーカーのテーブルにつくエイダンだった。カーラは彼の大勝負に賭けられているのが自分だと知って……。

3.0 評価集計 1件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
0
 

評価3
1
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

ホテル・チャッツフィールドシリーズ

ホテル・チャッツフィールドシリーズ I

シークの愛した客室係
ルーシー・モンロー
シークの愛した客室係
亡くなった母の最後の手紙を読み、リヤは衝撃を受けた。彼女の実の父親はホテル王ジーン・チャッツフィールドだという。偶然にも〈チャッツフィールド・ロンドン〉では、母の故郷である砂漠の国の皇太子サ…

ホテル・チャッツフィールドシリーズ II

プレイボーイ富豪の肖像
メラニー・ミルバーン
プレイボーイ富豪の肖像
地中海の島国プレタール公国の王女ロッティは、姉の婚礼を控え、ウエディングプランナーとして最後の仕上げに没頭していた。だが突然、姉の強い希望で、会場となるホテルの経営者の御曹司、ルッカ・チャッ…

ホテル・チャッツフィールドシリーズ III

妖精の涙のわけ
ミシェル・コンダー
妖精の涙のわけ
カーラはどうしても抗えない家族の事情からラスヴェガスに飛び、しばらくカジノで働くことになった。ところが空港に着くなり、トラブルに見舞われる。まるでハイランドの戦士のような美しく強靱な男──メデ…

ホテル・チャッツフィールドシリーズ IV

炎の一夜が授けた命
シャンテル・ショー
炎の一夜が授けた命
ニコロ・チャッツフィールドをホテル経営に協力させろですって?CEOである上司の無謀な命令に、秘書のソフィーは頭を抱えた。隠遁中のニコロを訪ねて説得を試みるが、案の定、追い返されてしまう。だがある…

ホテル・チャッツフィールドシリーズ V

その日まで愛を知らずに
トリッシュ・モーリ
その日まで愛を知らずに
幼くして両親を失ったホリーは、ワイナリーを営む祖父に育てられた。以来、彼女にとっては女性らしい楽しみよりもワイン造りが最優先。その甲斐あってか、祖父との汗の結晶であるワインの評価は高まり、有…

ホテル・チャッツフィールドシリーズ VI

強いられた献身
アニー・ウエスト
強いられた献身
どうか、どうか生きていてくれますように。夫のオルシーノがヒマラヤで遭難したとの知らせに、ポピーは急いで現地に飛び、祈りながら病院に足を踏み入れた。暴力を振るう父から逃れたくてポピーは15歳でモ…

ホテル・チャッツフィールドシリーズ VIII

勝利の美酒は罠
リン・レイ・ハリス
勝利の美酒は罠
幼い頃から家族のために尽くしてきたルシーラの願いはただ一つ、〈チャッツフィールド〉を継ぎ、かつての名声を取り戻すこと。だが、一族の長である彼女の父は娘の願いを一蹴し、経歴不肖のギリシア人富豪…

ホテル・チャッツフィールドシリーズ Ⅵ

愛したのは略奪者
アビー・グリーン
愛したのは略奪者
オーラの父が経営するホテルは業績が悪化し、〈チャッツフィールド〉による買収が進められていた。交渉のためには相手をよく知っておかなければ。そう考えたオーラはチャッツフィールド・ロンドンに滞在し…

妖精の涙のわけ のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

垢抜けないヒロイン:ウルスラ55 2016/12/05

ヒロインが登場時から垢抜けなさ過ぎてまるでモブ。次第に洗練されていくという…

素敵です❤️:よう 2016/12/05

作者買いです。いつも絵が美しくヒロインもヒステリックにならず、プレイボーイ…

ヒーローが良い!:つつ 2016/12/04

10年裏切らずにいた事の何が不思議なんだとさらっと言ってのけるヒーローが良い…

死んでも死に切れない:blanca 2016/12/05

ただただヒーローの前妻が気の毒です。「信じてくれなかった」も何も、夫が自分…

いつから?:kaeru 2016/12/05

いつ結婚するほど好きになったのかわかりませんでした。もっとお互い惹かれあっ…

安いっ:なうしか 2016/12/05

安い女にしか見えない〜 ダサい感じなのに処女でもないし。 妙なとこでプライド…

夫婦再生の物語:あずき 2016/12/04

とてもハーレクインの作画とは思えなかったのですが。これ宙時代の頃に出版され…

美人姉妹と美男兄弟:あずき 2016/12/04

姉妹シリーズものですが自分はこちらの作品が好みでした。こんな素敵なヒーロー…

ある意味王道ロマンス:やま 2016/12/04

ヒロインに直感に任せろと言いながら自分自身の直感はサッパリ受信でいないヒー…

涙でました:れたす 2016/12/04

私が個人的に思うハーレクインの王道のひとつでした。 主人公たちもとても魅力的…

このページの先頭へ