ホーム > 小説一覧 > 妖精の涙のわけ

妖精の涙のわけ

ホテル・チャッツフィールドシリーズ

妖精の涙のわけ

カーラはどうしても抗えない家族の事情からラスヴェガスに飛び、しばらくカジノで働くことになった。ところが空港に着くなり、トラブルに見舞われる。まるでハイランドの戦士のような美しく強靱な男──メディア産業で財を成した大富豪エイダン・ケリーと正面衝突し、履いていたサンダルを壊してしまったのだ。なんて傲慢な人なの! 謝るどころか、私を睨みつけるなんて。しかも苦心してカジノへ辿りついたカーラを待っていたのは、涼しい顔でポーカーのテーブルにつくエイダンだった。カーラは彼の大勝負に賭けられているのが自分だと知って……。

3.0 評価集計 1件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
0
 

評価3
1
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

ホテル・チャッツフィールドシリーズ

ホテル・チャッツフィールドシリーズ I

シークの愛した客室係
ルーシー・モンロー
シークの愛した客室係
亡くなった母の最後の手紙を読み、リヤは衝撃を受けた。彼女の実の父親はホテル王ジーン・チャッツフィールドだという。偶然にも〈チャッツフィールド・ロンドン〉では、母の故郷である砂漠の国の皇太子サ…

ホテル・チャッツフィールドシリーズ II

プレイボーイ富豪の肖像
メラニー・ミルバーン
プレイボーイ富豪の肖像
地中海の島国プレタール公国の王女ロッティは、姉の婚礼を控え、ウエディングプランナーとして最後の仕上げに没頭していた。だが突然、姉の強い希望で、会場となるホテルの経営者の御曹司、ルッカ・チャッ…

ホテル・チャッツフィールドシリーズ III

妖精の涙のわけ
ミシェル・コンダー
妖精の涙のわけ
カーラはどうしても抗えない家族の事情からラスヴェガスに飛び、しばらくカジノで働くことになった。ところが空港に着くなり、トラブルに見舞われる。まるでハイランドの戦士のような美しく強靱な男──メデ…

ホテル・チャッツフィールドシリーズ IV

炎の一夜が授けた命
シャンテル・ショー
炎の一夜が授けた命
ニコロ・チャッツフィールドをホテル経営に協力させろですって?CEOである上司の無謀な命令に、秘書のソフィーは頭を抱えた。隠遁中のニコロを訪ねて説得を試みるが、案の定、追い返されてしまう。だがある…

ホテル・チャッツフィールドシリーズ V

その日まで愛を知らずに
トリッシュ・モーリ
その日まで愛を知らずに
幼くして両親を失ったホリーは、ワイナリーを営む祖父に育てられた。以来、彼女にとっては女性らしい楽しみよりもワイン造りが最優先。その甲斐あってか、祖父との汗の結晶であるワインの評価は高まり、有…

ホテル・チャッツフィールドシリーズ VI

強いられた献身
アニー・ウエスト
強いられた献身
どうか、どうか生きていてくれますように。夫のオルシーノがヒマラヤで遭難したとの知らせに、ポピーは急いで現地に飛び、祈りながら病院に足を踏み入れた。暴力を振るう父から逃れたくてポピーは15歳でモ…

ホテル・チャッツフィールドシリーズ VIII

勝利の美酒は罠
リン・レイ・ハリス
勝利の美酒は罠
幼い頃から家族のために尽くしてきたルシーラの願いはただ一つ、〈チャッツフィールド〉を継ぎ、かつての名声を取り戻すこと。だが、一族の長である彼女の父は娘の願いを一蹴し、経歴不肖のギリシア人富豪…

ホテル・チャッツフィールドシリーズ Ⅵ

愛したのは略奪者
アビー・グリーン
愛したのは略奪者
オーラの父が経営するホテルは業績が悪化し、〈チャッツフィールド〉による買収が進められていた。交渉のためには相手をよく知っておかなければ。そう考えたオーラはチャッツフィールド・ロンドンに滞在し…

妖精の涙のわけ のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

すべてに・・・:クレヨン003 2017/01/24

納得いかねぇ~。

ヒストリカルだけどコミカル:オーロラ 2017/01/24

デボラ・シモンズさんといえばヒストリカルですが、このシリーズはコミカルがプ…

な・なんで・・・:クレヨン003 2017/01/24

なぜ何時もどのシーンでもお口半開き? 

最高でしょ!:クララ 2017/01/24

読み終わった後は素晴らしい充実感でした。素敵なヒロイン、格好良いヒーロー、…

嫌い〜:なうしか 2017/01/24

このヒロインのどこが良いの? アホなヒロインとその両親。 虫垂炎てところも笑…

赤ちゃんの体格:まみちょこ 2017/01/23

下のレビュー、とてもわかります。 私も、赤ちゃんには思えない足の長さに、話の…

お願いします:mayuoji 2017/01/23

早く2巻を読ませてください!

面白いけど嫌い:ハル 2017/01/23

読み始めたら、最後まで読んでしまいたくなるテンポの良いストーリーでした。 面…

ヒロインが:ジョディ 2017/01/22

好きです。ハーレで珍しい肉食系ヒロイン。なおかつ純真さとひたむきさを併せ持…

秘密のまま別れて:ゴンジュ 2017/01/23

うまい。文章の構成と言い、余分なものがなく、飽きさせない。 リン・グレアムさ…

このページの先頭へ