ホーム > 小説一覧 > 愛は華麗に II【ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版】

愛は華麗に II【ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版】

愛は華麗に II【ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版】

『誘惑のモロッコ』(ミランダ・リー著)長い黒髪を革紐で束ねた男が馬を引いて競売場に出てくると、ベスは息をのんだ。すばらしい馬に、強烈な印象の男性だ。馬の買いつけのためにアフリカまで来た彼女は、ふとした偶然からその男性――アザイアの城を訪れることになる。モロッコの王族である彼が女性を城に招くとき、それはベッドへの招待であることなどつゆ知らず。<br>『恋するアテネ』(ジュリア・ジェイムズ著)冷酷な大富豪の祖父と直談判するため、アンドレアはアテネに来た。豪壮な屋敷に着き、家の中を見てまわる途中、テラスに立つ男性に気づいてアンドレアは息が止まりそうになった。このうえなくハンサムな顔に、なぜか蔑みの表情を浮かべている。彼が、私を卑しい身分の女だと考えているのは間違いない。だが夕食の席で、その男の正体を知ったアンドレアは呆然とした。<br>*本書に収録されている『恋するアテネ』は、既に配信されている作品と同作品となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 800円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

愛は華麗に II【ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版】 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

シリーズ3作目:ペンペン 2017/05/24

シリーズ案内は2作品しかされてないけど、「氷の富豪と無垢な王女」があるから3…

ポエム?:ぼいこ 2017/05/24

話の所々で説明がポエムのよう…。肝心なところで具体的な説明が端折られ、なんだ…

うむむ。愛が見付けられなかった・・・:金鳳花 2017/05/24

重いお話です。ヒロインの生き悩んでいる状況が気になって一気にストーリーに引…

面白く描いているようで・・:tama 2017/05/24

二人のつまらないやりとりにイライラするばかりでした。 何よりお酒のせいで、泥…

毎度思うことだけど:はとめ 2017/05/24

人の話を聞かない、事実を徹底的に調べないような軽率なヒーローが大企業のCEOと…

鬼退治:なうしか 2017/05/23

キュンとする所は無くて、鬼退治みたいな話です。

雰囲気はあるかなー:セリシア 2017/05/22

すごく雰囲気のある絵柄で緩やかな印象。 ただ、ちょっとそれはどうなの?という…

唐突!:なうしか 2017/05/22

急に怒って子供を取り上げて、ドヤ顔で迎えに来たって感じ。 ヒーローの気持ちが…

残念過ぎる:ルカ 2017/05/22

原作が好きなだけに稚拙な絵が残念です。ハーレクインでなければいいかも。内容…

久しぶりに:編み虫 2017/05/22

良い内容でした。

このページの先頭へ