ホーム > 小説一覧 > 愛は華麗に II【ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版】

愛は華麗に II【ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版】

愛は華麗に II【ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版】

『誘惑のモロッコ』(ミランダ・リー著)長い黒髪を革紐で束ねた男が馬を引いて競売場に出てくると、ベスは息をのんだ。すばらしい馬に、強烈な印象の男性だ。馬の買いつけのためにアフリカまで来た彼女は、ふとした偶然からその男性――アザイアの城を訪れることになる。モロッコの王族である彼が女性を城に招くとき、それはベッドへの招待であることなどつゆ知らず。<br>『恋するアテネ』(ジュリア・ジェイムズ著)冷酷な大富豪の祖父と直談判するため、アンドレアはアテネに来た。豪壮な屋敷に着き、家の中を見てまわる途中、テラスに立つ男性に気づいてアンドレアは息が止まりそうになった。このうえなくハンサムな顔に、なぜか蔑みの表情を浮かべている。彼が、私を卑しい身分の女だと考えているのは間違いない。だが夕食の席で、その男の正体を知ったアンドレアは呆然とした。<br>*本書に収録されている『恋するアテネ』は、既に配信されている作品と同作品となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 800円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

愛は華麗に II【ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版】 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

いろいろ言いたい事はあるけれどー!:セリシア 2017/04/25

ですね。ヒロインが幸せになれたのでOKかなと思います。 ヒロインを取り巻く環境…

考えられない…:ジェニファー 2017/04/25

子宮摘出って簡単にできることじゃないし多分お医者さんも患者が希望するから「…

3年は短すぎるような気が:ローズ 2017/04/25

ヒーローの会社が大会社になったり、ヒロインがカウンセリングから立ち直って、…

画が下手になった?:アリスン 2017/04/23

藤臣先生の作品は好きでいつも必ず読むのですが、今回とても画のレベルか低いよ…

うん…:ネコネコ 2017/04/25

途中で読む気がしなくなってしまった…この私が!

原作とはまた違って良い♪:アリィ 2017/04/22

確かにストーリーは違うけど、夏先生のこのお話はこれで十分説得力があると思い…

えー!!どこが良いの?:なうしか 2017/04/23

評価が高いのですが、どこが良いの? これはダメだろう!昔、別れた意味もない!

眉間にシワがよる:なうしか 2017/04/21

嫌な気持ちになります。

フツーのおはなしでした:にゃんこ 2017/04/21

作者さんの策略にはまり、キウイをさがしてしまいました。あはは。

桜屋先生作品Good!:アリィ 2017/04/21

原作既読ですが、原作のヒーロー、私にとってはあまり好きになれない雰囲気があ…

このページの先頭へ