ホーム > コミック一覧 > 孤独な領主~黒き狼と花野の乙女~

Romance ロマンス

孤独な領主~黒き狼と花野の乙女~

孤独な領主~黒き狼と花野の乙女~

狼のように孤独で気高い、美しい男爵に心奪われて…伯爵である父が亡くなり、ガブリエラの城が明け渡されることになった。国王から新たにこの地を与えられたのは、冷酷無慈悲な略奪者と悪名高いエティエンヌ・ドゲール男爵。彼の美しくも冷たい瞳に見据えられ、ガブリエラは恐怖に震えた。ダメ。消息不明の兄が戻るまで私がこの城と領民を守らなければならないのよ…! 城に残りたいと気丈に懇願する彼女に、男爵は「残った借金を体で返すというなら愛人として城に置いてやってもいい」と言い放って…!?

4.0 評価集計 10件の評価
評価する
評価5
4
 

評価4
4
 

評価3
2
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 20ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 473円 / 550円
出版社 ハーレクイン

※本作品は ロマンス ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • コミック一覧へ

孤独な領主~黒き狼と花野の乙女~ のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

うっとり 評価5 5
ロマンス ライブラリで購入済み

絵もお話も、登場人物すべてが美しいです

参考になりましたか?はい いいえ
永遠の愛 評価5 5

この作品を初めて読んだ時、白黒の世界が全てカラーに見えるという不思議な経験をしました。それ程までに美しく、圧倒的な物語だと感じたのです。身体に残る数々の傷跡や出自はどうあれ、黒い狼と称されるヒーローはヒロインに対して常に気品を保ち続けます。ヒロインはとても愛らしい女性ですが芯が通っていて、周囲への配慮も忘れません。ヒロインのキラキラと輝く瞳に見つめられても自分を律する事が出来たヒーローは、まさに騎士道の覇者だと言えるでしょう!終わりが近づくにつれ、涙なくしては読み進める事はできませんでした。心から愛する人に忠誠を誓う詩のように美しいヒーローの言葉と、それを気高く受け入れるヒロイン。このシーンこそが『永遠の愛』の有り様だと強く心に残りました。

参考になりましたか?はい いいえ
<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

ポイント2倍

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

スピンオフだったんですねーーー:ぴの 2024/02/24

幼馴染の兄的ポジションヒーローの恋心の覚醒にキュンとしますw じわじわ〜っと…

マンネリ:デューク 2024/02/26

紙の書籍でも出版してください。

読んでみてください:ごそくせんえん 2024/02/20

ラストのシーンでは涙があふれて読めなくなった。 ヒーローは目が見えない設定…

ト書きがおおい:とむ 2024/02/16

マックスもクロエもとても魅力的。心の動きの説明が多かった。これもありかと思…

もう少しヒーローの気持ちも知りたかった:ろびん 2024/02/12

ヒロインの心理描写は丁寧で、両親の自分への気持ちを知った時とか結構ぐっとき…

生還した英雄軍人の旦那様に離婚すると言ったら惚れられました:ごそくせんえん 2024/02/11

他の方が描いていらっしゃるように、衣装やヘアスタイル、内装や街の描写が素晴…

幸せだ~:UMIYASHI 2024/02/16

葉月先生の新作が雑誌掲載ということで発売日に購入しました。語るまでもなく最…

熱く、揺れる眼差し:グラハム 2024/02/16

クロエを見詰めるマックスの瞳には、最初から熱い情熱が宿っていました。母親に…

結構好き:大架 2024/02/12

放蕩貴族の仮面を被りつつ実は…なパリスと、お堅いクララ。すれ違う二人が絵のモ…

クリスピン:しまねけんみん 2024/02/12

かわいそうです。

このページの先頭へ