ホーム > 小説一覧 > 週間小説ランキング

ランキング

週間小説ランキング TOP 100

※販売・公開終了した作品につきましてはランキングから除外されております。
1位ランクアップ
身代わり婚約者
身代わり婚約者古沢絵里トーリ・フィリップス
★国王がさだめた結婚に抜け道を探す二人。出し抜くつもりが出会いがしらに恋をして…。キャヴェンディッシュ家の物語、第2弾!★時は十六世紀。泣く子も黙る偉大な国王ヘンリー八世から、会ったこともない二人の男女が結婚を命じられた。花婿となるのはサー・ブランドン・キ… »
2位ランクアップ
野に咲く白薔薇
野に咲く白薔薇古沢絵里トーリ・フィリップス
★伯爵家の若君に舞い込んだ縁談の相手は、なんと身分の違う町娘?!15世紀末イングランド、キャヴェンディッシュ家当主の若かりし日の物語。★国王がアリシアの実父の名を知ったら、 彼女を生かしてはおかないだろう。 養父は幼い彼女の身を案じ、危険から遠ざけるためにキャ… »
3位ランクアップ
夢に見し人
夢に見し人小長光弘美ニコラ・コーニック
★縁談から逃れたいジェーンは、その花婿候補の兄に会って驚いた。彼こそジェーンの夢にあらわれた、未来の夫になるという黒髪の公爵だったのだ・・・。★あんな横柄そうな男性と結婚するのは絶対にお断りよ!父の遺志により決められた婚約者フィリップ卿との初対面の日、ジェー… »
4位ランクアップ
初恋が実るとき
初恋が実るとき本山ヒロミチェリー・アデア
キャサリンは決死の覚悟で家を売り、義兄の部屋へ転がりこんだ。幼いころから彼に恋い焦がれ、今も思いはふくらむ一方だけど、いつまでたってもルーカスは、私を女性として見てくれない。彼を振り向かせるには、このくらい思いきった行動に出なければ。もうこれ以上、“妹”… »
5位ランクアップ
眠れる美女
眠れる美女江田さだえジャクリーン・ネイヴィン
★ロンドンから遙か離れた北の地に、社交界を捨てた眠れる美女がいるという。嘘か、真か、半信半疑で屋敷を訪ねた放蕩者が目にしたのは…。★イングランドの北の果て、ノーサンバーラントには、 “眠れる美女”と評判の貴族の娘が隠れ住むという。 彼女が美しさと気品のみならず… »
6位ランクアップ
春の丘であなたと
春の丘であなたと上木治子サラ・クレイヴン
「ぼくはほかに楽しみを見つける。それがふたりのためだ」結婚してすぐに夫は出ていき、連絡もないまま2年が過ぎた。10歳も年上の実業家であるガブリエルを理解するには、ジョアンナはあまりにも純粋すぎたのだ。だがこの2年、夫のいない館で義父と暮らし、ジョアンナ… »
7位ランクアップ
薔薇の冠
薔薇の冠大倉貴子ジュリエット・ランドン
★修道院育ちのジネヴラは破産寸前の実家へ連れ戻された夜、若き領主に求婚された。運命は、世間知らずの彼女が想像もつかない方向へ動き出していた…。★十四世紀、ヨーロッパがペストや飢饉、戦争に苦しんでいたころ、イングランド王国のヨーク近隣にある、とある修道院では… »
8位ランクアップ
情熱の罠
情熱の罠有光美穂子リン・グレアム
友人と誕生日を祝った真夜中の帰り道、ベラは道に迷い、誤って対向車と正面衝突してしまった。幸い、相手に怪我はなかったらしく、運転席から男性が降りてくる。さっき見かけた人だわ!高級車に乗った、スペイン系の伊達男。国中の女性が憧れる富豪の銀行家だと友人は言っ… »
9位ランクダウン
つまずいたプレイボーイ
つまずいたプレイボーイ竹原麗ジェイン・サリヴァン
ヴァージニアは今まさに結婚しようとしていた。相手はコール・マッカラム。町で有名なプレイボーイだ。もちろん、この結婚は便宜的なものでしかない。コールには半年だけ妻でいてくれる女性が必要で、ヴァージニアにはお金が必要だった。二人の結婚は理にかなった取り決め… »
10位ランクアップ
帰ってきた初恋
帰ってきた初恋片山真紀リズ・フィールディング
恋もキャリアも失って茫然としたまま、ジュリエットはなんとか故郷にたどりついた。ずっと抜け殻のように暮らしているわけにはいかない。少しずつでも前に進まなければ。そう思いはじめた矢先、彼女は意外な人物と再会した。グレガー――あの白馬の騎士!彼は昔、いじめられ… »
11位ランクダウン
じゃじゃ馬と公爵
じゃじゃ馬と公爵石川園枝ジャッキー・マニング
初めての舞踏会の夜にアリシアは社交界を追放された。公爵夫人のミルドレッドに、いわれない醜聞を流されたのだ。3年後の今は大好きな馬の調教で生計を立てている彼女だったが、ある日のこと、父が厄介な仕事を引き受けてきた。ミルドレッドの息子である現公爵からの依頼… »
12位ランクダウン
野の花に寄せて
野の花に寄せて藤峰みちかスーザン・フォックス
酒癖の悪い父が亡くなり、牧場主サムに引き取られてからも、リオは父の噂を十字架のように背負い、人々に蔑まれて成長した。今、唯一の理解者だったサムが心臓を患い、死を目前にしている。サムの息子ケインが牧場を継げば、わたしは追い出されるだろう。ケインもまた、い… »
13位ランクアップ
キスのレッスン
キスのレッスン大沢晶ペニー・ジョーダン
ジェマの両親にとって、女はかわいらしく、少しおろかで、一人では何もできない人間でなければならない。そんな両親に自立心の強いジェマは反発しつづけ、少女時代、彼女が心を許したのは、ルークただ一人だった。彼は、いつか事業を興すという夢を抱く貧しい青年だったが… »
14位ランクアップ
きらめきの一夜
きらめきの一夜東みなみキャロル・マリネッリ
ミリーはロンドン出身の駆けだしの画家。オーストラリアの画廊に作品を置いてもらえることになり、メルボルンでウエイトレスをしながら絵が売れるのを待っていた。だが反応のないまま三カ月が過ぎ、明日、帰国の日を迎える。仕事を終えて画廊の前にたたずみ、感傷的な気分… »
15位ランクアップ
熱く危険な夜に
熱く危険な夜に岡聖子ローリー・フォスター
★宝石店で事件に巻き込まれたミステリー作家と囮捜査官。互いの素性を知らず激しい恋に落ちるが、二人を引き裂くように新たな危険が迫る…。★囮捜査官のミック・ドーソンは、ある日、 街を行くひとりの女性に強く惹かれるものを感じた。 二週間後、彼女が宝石店に入っていく… »
16位ランクアップ
聖夜に永遠の愛を誓って
聖夜に永遠の愛を誓って山科みずきヘレン・ブルックス
ミリアムは、カリスマ企業家ジェイと熱烈な恋におち、わずか三カ月で結婚した。美しいイタリアの別荘でのハネムーン、テムズ川を見渡せる宮殿のようなペントハウス。“僕はきみを永遠に愛し続けるよ”幸せだった。それなのに……。夫はオフィスで秘書と浮気していたのだ。ミリ… »
17位ランクアップ
暴君の結婚宣言
暴君の結婚宣言水月遙ルーシー・モンロー
仕事中に呼ばれたケイラは、人生最大のショックを受けた。社長のアンドレアスが結婚して家族をつくるというのだ。なぜその相手が、知り合って8年、彼を愛してきた私じゃないの?それはきっと私が、里親育ちの“雑種”だからだ。悲しみと屈辱のあまり、ケイラは無断で休暇をと… »
18位ランクダウン
シチリアで愛して
シチリアで愛して吉田洋子サラ・モーガン
「妹のためにシチリアに帰ってきてほしい」別居中の夫リコの言葉に、スターシャは唖然とした。事故にあった彼の妹が、病床でスターシャを呼んでいるという。スターシャは甘い蜜月を過ごしたシチリアへ舞い戻った。だが、彼との再会で思い知らされたのは二人の溝の深さだっ… »
19位ランクダウン
罪の夜
罪の夜萩原ちさとリン・グレアム
18歳で大富豪と結婚、そして妊娠したまま離婚。今、別れた夫は復讐の炎を宿した瞳で再婚を迫っている。あの日の出来事はまだ終わってはいなかった…。★幼い息子と二人で暮らすケリーの前に、別れた夫アレックスが現れた。優雅な身のこなしも、挑戦的な琥珀色の瞳も、すべて… »
20位ランクダウン
十七歳の花嫁
十七歳の花嫁原淳子リン・グレアム
父を訪ねてきたニックに会ったとき、リーはひと目で恋をした。こんなすてきな人のためなら死んでもいいとさえ父に言い、十七歳のリーはニックと結婚式を挙げた。だが、結婚初夜からずっと彼はリーに指一本触れようとしない。もう五年も、リーは砂を噛むような空疎な日々を送… »

その他のランキング

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

暴言。:ミザリー 2018/12/19

ヒーローのヒロインに対する暴言が、常軌を逸しています。軽蔑します。ヒロイン…

眼福:なかまち 2018/12/19

健気なヒロインと素敵なヒーロー。美しい背景に大胆なコマ割り。クリスマスシー…

良かったよ:ウルスラ55 2018/12/19

クリスマスらしい素敵なお話でした。ヒロインはヒーローの事をずっと「超絶イケ…

さすがの葛城先生:hanerin 2018/12/19

立ち読みで期待がふくらんでつい会員登録期間で買いましたが、そうしてよかった…

雪の王様:あやの 2018/12/19

繊細で儚げであると同時に煌びやかさを併せ持つ作画さんの手による「雪の女王」H…

ヒロインのビジュアルが幼すぎ:ふみりん 2018/12/19

ストーリーもおもしろく、絵も上手なんだけど、ヒロイン「頭が良くて気が強い、…

ほほえましい:MH 2018/12/18

ゾルターンかわいい。 お父さんとの対決はどうなったんだろう?

目が下手:あんこ 2018/12/19

目の歪みは致命的ですよね。個性では済まない違和感。

やっちゃったのね:ウルスラ55 2018/12/19

一度でも他の女とやっちゃってるのがアレですがまあリングレなんかだと結構有る…

これぞハーレクイン!:れん 2018/12/19

久しぶりに読み返してみましたが、新たな感動が生まれました。ハーレクインの元…

このページの先頭へ