ホーム > 小説一覧 > 週間小説ランキング

ランキング

週間小説ランキング TOP 100

※販売・公開終了した作品につきましてはランキングから除外されております。
1位ランクアップ
ばらに秘めた思い
ばらに秘めた思い岸田さち江ベティ・ニールズ
セアラは父の死後、継母に家を出ていくように言われ、ロンドンで病院の受付をしながら寂しく暮らしていた。この先、何か胸のときめくようなことは起こりそうもない……。親しい友人も恋人もいないセアラは猫だけが友だった。そんなある日、セアラは病院の医師であるノータ教… »
2位ランクアップ
シークに娶られて
シークに娶られて槙由子メイシー・イエーツ
砂漠の国の王妃となった異母姉に代理母になってほしいと言われ、クロエは国王夫妻の子、アデンをひそかに出産した。だがその直後に夫妻が事故死し、事情を知る者がいなくなる。貧しい学生のクロエに子どもを育てる余裕はない。途方にくれながらも、必死に赤ん坊の世話をし… »
3位ランクダウン
不名誉な噂
不名誉な噂苑木春美リン・ストーン
ロンドン社交界の貴婦人たちが、扇子の陰でひそひそと囁く。“ふしだらで、はしたなくて、汚らわしい女……”父親が亡くなって以来、エリザベスは根も葉もない噂をたてられ、自分ではどうすることもできずつらい思いを強いられていた。そんななか、ただ一人、友人のテリーだけ… »
4位ランクアップ
あなたにお熱
あなたにお熱馬渕早苗シャーロット・ラム
駆けだし中の画家サラは、義兄と二人で暮らしている。その義兄に付き添って出席したパーティで、サラは、19世紀初頭から続く名門銀行の頭取ニックに出会った。ハンサムでゴージャスな彼に思わず目を奪われるが、ニックは、サラと義兄の仲が不埒なものと誤解したらしい。ふ… »
5位ランクアップ
ルシファーは罪深き僕(僕:しもべ)
ルシファーは罪深き僕(僕:しもべ)立石ゆかりシャーロット・フェザーストーン
久しぶりに出席した社交界のパーティで、公爵令嬢エリザベスは高揚した気分を味わっていた。目が見えなくなってから人目を避けて暮らしてきたけれど、勇気を出して来てよかった。ところが知り合った紳士と会話を楽しんでいたとき、険悪な声の人物が割り込んできて、彼女を… »
6位ランクアップ
危険な妹
危険な妹常藤可子ペニー・ジョーダン
ギリシアの島を旅行で訪れていたクロエは、運悪くパスポートを盗まれてしまう。ホテルの計らいでアテネ行きのヘリに乗り込み、安堵した矢先、降ろされたのは見知らぬ小島。そこで待っていたのは、レオン・ステファニデス――3年前、クロエの胸を引き裂いた夫だった。大富豪の… »
7位ランクアップ
結婚は予定外?
結婚は予定外?矢部真理ダーシー・マグワイア
朝の光がまぶしい。低い咳払いの声が聞こえる。しぶしぶ目を開けたキャシーはベッドの端に立つ男を見て心臓が止まりそうになった。「あなた、いったい誰……?」くらくらする頭で彼女は尋ねた。「マシュー・キーガンだ」見知らぬ男がさりげなく答えた。キャシーは冷静に状況… »
8位ランクダウン
六カ月の花嫁
六カ月の花嫁高橋美友紀アン・アシュリー
両親亡き後、ブライオニーは名づけ親に引き取られ幸せに暮らしていた。ところがある日、名づけ親が病気で突然この世を去り、ブライオニーは耳を疑うような遺言を聞かされることになる。名づけ親の甥ルークと結婚した場合にかぎって、屋敷や財産の相続が認められるというの… »
9位ランクアップ
汚された献身
汚された献身平江まゆみダイアナ・パーマー
母亡きあと困窮した暮らしを送っているボーディには、何年も前から密かに心を寄せる年上の男性がいた。大牧場を経営するカーク3兄弟の次男、ケインだ。かつて彼は罪なプレイボーイとして名をはせていたものの、今では心と体に深い傷を負い、すさんだ日々を過ごしている。あ… »
10位ランクアップ
雪原で誓いのキスを
雪原で誓いのキスを瀬野莉子サラ・モーガン
山岳救助隊員のメグは、かわいい息子と暮らすシングルマザー。“山好きな女など欲しくない”と元恋人に捨てられて以来、恋もおしゃれも避け、家族と仕事だけに愛情を注いできた。なのに最近イタリアから来た医師ディノ・ジネッティは、メグに惹かれていることを隠しもせず、… »
11位ランクアップ
億万長者の冷たい求愛
億万長者の冷たい求愛佐倉加奈マクシーン・サリバン
「きみはぼくと結婚するんだ」夫を亡くしたばかりのカサンドラは、義理の兄ドミニクの言葉に愕然とした。これは私への復讐だろうか?それが亡き夫の遺言だと聞き、さらに打ちのめされる。結婚後すぐ、夫に金目当ての浮気女と誤解され、責められ続けてきた。けれど、不治の… »
12位ランクアップ
プリンスの理想の花嫁探し
プリンスの理想の花嫁探しさとう史緒サンドラ・ハイアット
5歳のとき父がサンフィリペ公室の専属運転手に雇われて以来、ダニエルはアダム王子に夢中だった。けれど身分違いの恋が実るはずもなく、いたずらに時は過ぎていった。そして、ついに恐れていた日がきた。アダムの花嫁探しが始まったのだ。彼は忙しい公務の合間を縫って、妃… »
13位ランクアップ
捨てられた聖母と秘密の子
捨てられた聖母と秘密の子仁嶋いずる
あなたは突然、私を捨てた――小さな命を私の中に残して。ケイトはこれから2週間、地中海を巡る豪華ヨットに乗船し、アシスタントドクターとして働く予定だ。独りで育てる幼い娘を連れて。娘にあらゆるすばらしいものを見せ、体験させてやりたかった。楽しい旅になると期待に… »
14位ランクアップ
プレイボーイの求婚
プレイボーイの求婚吉本ミキアリー・ブレイク
「ぼくを結婚向きの男に改造してほしい」億万長者のセバスチャン・フォックスから途方もない仕事を依頼され、思わずロミーは我が耳を疑った。理想の妻まで見つけてくれれば、いっそうありがたいという。悪名高いプレイボーイの彼が真剣に生涯の伴侶をさがしているとは思え… »
15位ランクダウン
悲しい契約
悲しい契約松田優子ジーナ・ウィルキンズ
産婦人科クリニックに勤める助産師シシリアは、毎日、新しい命が誕生する瞬間に立ち会っていた。若い母親たちの幸せそうな顔を見るたび、胸の奥にかすかな嫉妬とあこがれのまじった感情が込み上げる。わたしも赤ちゃんが欲しい! でも、夫はいらないわ。愛は永久に続くも… »
16位ランクアップ
ギリシアの悪魔富豪
ギリシアの悪魔富豪加納三由季ジェイン・ポーター
モーガンは意を決し、5年間別居する夫の豪邸に足を踏み入れた。結婚して半年で夫のドラコンは部下の美しい女性に心を移し、体だけを求められることに耐えかねたモーガンは家を出た。夫がなぜか離婚に応じないまま時は過ぎ、今、事件に巻きこまれ誘拐された父を救出するため… »
17位ランクアップ
悲しみのフィアンセ
悲しみのフィアンセ古川倫子ダーシー・マグワイア
ずきずき痛む頭をかかえて目覚めたとき、リアナは手になにか光るものがあることに気づいた。指輪? それも左手の薬指に。いったいなぜ?リアナは動揺し、必死に記憶をたどった。すると、数日前に出会った有名人――ジョー・ヘンダーソンの姿が頭に浮かんだ。しかし、彼との… »
18位ランクダウン
寝室の花嫁
寝室の花嫁朝戸まりキャロル・マリネッリ
リリーはかつて病気の父の入院費を工面するために大学を辞めた。いまは、多くの稼ぎは望めないが、困った人たちの相談役の職を得て、亡き父が遺した実家のローンを必死に返す日々を送っている。そんなある日、仕事を通じて有名実業家のハンターと出会い、彼がかもす濃密な… »
19位ランクアップ
シークにさらわれて
シークにさらわれて長田乃莉子ナリーニ・シン
「もう逃げられないよ、僕のジャスミン」言い放ったタリクの目に、かつての優しい恋人の面影はなかった。中東の小国ズーヒールに降り立った瞬間、ジャスミンは君主タリクのもとへ連れ去られ、とらわれの日々が幕を開けた。豪華な居室、贅を凝らした衣装、官能的な夜。そこ… »
20位ランクアップ
緑の乙女に口づけを
緑の乙女に口づけを麦田あかりベティ・ニールズ
ジョージーナは働き者の看護師として、みんなに慕われていた。ある夜勤の日、運びこまれた子どもたちの手当てをしていると、ドアのところに見たことのない男性が現れた。背が高くてたくましく、やさしそうな口元が印象的な彼は、子どもたちの後見人で、オランダの高名な麻… »

その他のランキング

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

キティ悪人ヅラ過ぎだろ:しまねけんみん 2024/07/19

おもしろかった。しかし、どうしても、この方のくせなのか、寂しい・・・わ。と…

似た話ありますよね:しまねけんみん 2024/07/19

同じ原作?とはいえ、これは、なんというか、ヒーローに何一つよいポイントを見…

確かに必死さが理解不能:しまねけんみん 2024/07/18

当事者になりそうにない特殊な事情からの物語なので、とやかくいうのもどうかと…

まあまあのアバズレ:しまねけんみん 2024/07/18

えっと、マリッジブルーでほかの男と逢引きして、駆け引きのつもりで逃げ出した…

悲しい話:しまねけんみん 2024/07/18

なんか、最後さらっと愛の告白の中に紛れていたけど、ヒーローかなり深刻ではな…

あのお祖母様の言葉を:しまねけんみん 2024/07/18

受け入れて欲しかった。最初になんとなく彼女を襲った悲劇は予測できる。かつ「…

良かった!:すうじぃ 2024/07/17

泣きました、 泣けました。 ありがとうございました。

ベテラン作家さんの流石構成力!:UMIYASHI 2024/07/16

3連休、今日のSALEはなにが出ているかなと見る癖がついてしまいました。寺館先生…

安心して読める~:UMIYASHI 2024/07/15

いがらしゆみこさんと言えば「キャンディ・キャンディ」と「ジョージィ!」どち…

構成力があって最後まで一気読み:UMIYASHI 2024/07/14

安武さんの作品はいくつか読んでいます。HQコミカライズされていたのですね。SAL…

このページの先頭へ