ホーム > 小説一覧 > 月間小説ランキング

ランキング

月間小説ランキング TOP 100

※販売・公開終了した作品につきましてはランキングから除外されております。
1位ランクアップ
愛という名のもとに
愛という名のもとに内藤文子ペニー・ジョーダン
母親をとうの昔に亡くしているロージーは、短い間に相次いで父と祖父を失い、窮地に立たされた。祖父の遺言によって、ロージーが3カ月以内に結婚しない限り、400年の歴史を誇る屋敷は貪欲な親戚の手に落ちてしまうのだ。弁護士は彼女に、遺言の条件を満たすためだけの契約… »
2位ランクアップ
非情なウエディング
非情なウエディング漆原麗リン・グレアム
あなたの身代わりとなって、ロシア人と結婚しろというの?」双子の妹アレクサの頼みに、アリッサは仰天した。しかも、相手は石油長者のセルゲイ・アントーノヴィッチだ。彼が期間限定の結婚相手を求めていると知ってアレクサが高学歴の姉の名を使って応募したところ、面接… »
3位ランクアップ
灰色のシンデレラ
灰色のシンデレラ日向由美ブロンウィン・ジェイムスン
派遣ハウスキーパーとして働くイザベルのもとに、さる億万長者から依頼が舞い込んだ。彼はどうしてもイザベルを雇いたいと指名し、イザベルが休暇を取る予定と知ると、倍の給与まで提示してくる。いぶかりつつも、イザベルは待遇の良さに惹かれて依頼を受け、勤務初日、落… »
4位ランクアップ
聖夜に永遠の愛を誓って
聖夜に永遠の愛を誓って山科みずきヘレン・ブルックス
ミリアムは、カリスマ企業家ジェイと熱烈な恋におち、わずか三カ月で結婚した。美しいイタリアの別荘でのハネムーン、テムズ川を見渡せる宮殿のようなペントハウス。“僕はきみを永遠に愛し続けるよ”幸せだった。それなのに……。夫はオフィスで秘書と浮気していたのだ。ミリ… »
5位ランクアップ
幼な妻の憂い
幼な妻の憂い寺尾なつ子ケイ・ソープ
18歳年上の銀行家マークとダナが結婚して、2週間。冷静で思慮深く、大人の魅力をたたえた彼にひと目で心奪われ、周囲に祝福されて花嫁となった。でも、幸せの絶頂にいるはずのダナは無垢なままでいることに不満を募らせていた。結婚初夜、夫は17歳の妻とはベッドを共にしな… »
6位ランクアップ
楽園にとらわれて
楽園にとらわれて渚家みのりサラ・モーガン
リンジーは行方不明の妹ルビーの消息を知るために、妹が秘書として働くアレッシオ・カペーリのオフィスを訪ねた。やり手の離婚専門弁護士として鳴らすアレッシオは、結婚生活の修復を手がけるカウンセラーのリンジーとは常に対立し、二人のコメントはしばしば並べて新聞雑… »
7位ランクアップ
悪魔に捧げた純潔
悪魔に捧げた純潔茅野久枝サラ・クレイヴン
早くに親を亡くしたナターシャは、ギリシアの養父の元で育った。二十一歳になった今は養家を離れ、ロンドンで家事代行業を営んでいる。二年前に養父は急逝し、家業の海運業は義理の兄たちが引き継いだが、最近彼女の耳に入ってくる噂はよくないものばかりだった。だから突… »
8位ランクアップ
愛と悲しみの丘
愛と悲しみの丘萩原ちさとミシェル・リード
ルイーザがギリシアの美しい小島を訪れたのは、わずか二歳で世を去った息子ニコスの墓参りのためだった。十七歳の夏、彼女はこの島で大富豪の御曹司と恋に落ち、ニコスを身ごもって結婚したが、それは息子の死とともに悲劇的な結末を迎えた。つらい記憶を振り払い、フェリ… »
9位ランクアップ
砂の迷路
砂の迷路駒月雅子リン・グレアム
一年前、フェイは砂漠の国ジュマールの王子タリクと恋に落ちた。イギリスに滞在中だった彼にプロポーズされて結婚したが、彼女の義父の陰謀がもとで、その日のうちに離縁されてしまった。その陰謀に自分はまったく関知していないと弁解できぬまま、今、フェイは君主となっ… »
10位ランクアップ
十万ドルの純潔
十万ドルの純潔中野恵ジェニー・ルーカス
雪が舞う2月の夜、レティは念願の恋をついにかなえた。ダレイオスは10年の間に、ギリシア人富豪として成功していた。そして彼女をやさしくベッドに誘い、喜びを与えた。ところが目を覚ましたとき、レティは彼からこう言われた。「きみは10万ドルで、バージンを売ったんだ」… »
11位ランクアップ
十七歳の花嫁
十七歳の花嫁原淳子リン・グレアム
父を訪ねてきたニックに会ったとき、リーはひと目で恋をした。こんなすてきな人のためなら死んでもいいとさえ父に言い、十七歳のリーはニックと結婚式を挙げた。だが、結婚初夜からずっと彼はリーに指一本触れようとしない。もう五年も、リーは砂を噛むような空疎な日々を送… »
12位ランクアップ
キスのレッスン
キスのレッスン大沢晶ペニー・ジョーダン
ジェマの両親にとって、女はかわいらしく、少しおろかで、一人では何もできない人間でなければならない。そんな両親に自立心の強いジェマは反発しつづけ、少女時代、彼女が心を許したのは、ルークただ一人だった。彼は、いつか事業を興すという夢を抱く貧しい青年だったが… »
13位ランクアップ
至福への招待状
至福への招待状小泉まやアニー・ウエスト
テサは疲れきった体でエーゲ海に浮かぶ島へたどり着いた。南米の空港でギリシアの大富豪の婚約記事を目にし、衝動に駆られるまま地球の反対側まで来たのだ。記事の写真を見たときは驚いた。そこには彼女の命の恩人――内戦前夜の砲撃で死んだはずのスタヴロスが写っていたの… »
14位ランクアップ
修道院で永遠(とわ)の誓いを
修道院で永遠(とわ)の誓いを兒嶋みなこリンゼイ・サンズ
イングランド王の愛人だった母を亡くし、修道院で育てられたロザムンド。外界と切り離された静かな日々は、修道女となる前夜、突然終わりを迎える。父王が修道院を訪れ、今夜おまえは勇猛な騎士の花嫁になると宣告したのだ。しかも、会ったばかりの彼とすぐさま結婚を“完全… »
15位ランクアップ
シークに愛された一夜
シークに愛された一夜杉本ユミテッサ・ラドリー
旅先で全財産の入ったバッグをひったくられ、宿代を稼ぐためアルバイトをすることにしたティファニーは、そこがセレブ御用達のいかがわしいクラブだと気づき、愕然とした。幸い、エキゾチックな顔立ちの男性客が彼女を店から連れだしてくれた。圧倒的なオーラを放つ彼に魅… »
16位ランクアップ
彼が結婚する理由
彼が結婚する理由秋元由紀子エマ・ダーシー
「木曜のプレミア試写会には、ぼくがエスコートしよう」突然のニックからの申し出に、テスは動揺した。彼とは仕事上の関係に徹するようにしてきたのに、なぜ?しかもニックは、公然とテスと腕を組んで赤絨毯を歩くために、いまの女性関係まで整理すると言うのだ。戸惑うテ… »
17位ランクアップ
小さな命と秘めた恋
小さな命と秘めた恋野川あかねテッサ・ラドリー
不実な婚約者が事故死した2カ月後、妊娠がわかり、エイミーは激しく動揺した。いったいどうすればいいの?「大丈夫だ。ぼくがきみと兄さんの子を支えるよ。結婚しよう」友人でもある婚約者の弟、ヒースはそう言ってプロポーズしてくれた。2カ月前と同じように、優しく。謎… »
18位ランクアップ
胸騒ぎの舞踏会
胸騒ぎの舞踏会飯原裕美ニコラ・コーニック
自堕落で酒癖の悪い夫が逝って一年。アナベラは義母から執拗ないじめを受けていた。そんな折、喪が明けて社交界に復帰した舞踏会で、魅力的な紳士サー・ウィリアムから声をかけられる。「以前からお近づきになりたいと思っていました」夏の海のような青い瞳に見つめられて… »
19位ランクアップ
情熱の予感
情熱の予感有森ジュンルーシー・ゴードン
かつて愛する人に手ひどく裏切られたオリンピアは、副社長として仕事に生きがいを見いだしていた。新しい経営陣が来る日の朝に秘書が体調不良で早退し人材派遣会社に代わりの秘書を依頼すると、五分もたたずに颯爽とした男性がやってきた。オリンピアはさっそく彼にあれこ… »
20位ランクアップ
雪の伯爵とシンデレラ
雪の伯爵とシンデレラ高山恵エリザベス・ビーコン
きっちり結った髪に、灰色のさえないドレスの住み込み家庭教師――そんなソフィにも、人生でただひとり、心から愛した人がいた。8年前、愛するピーターの父に、住んでいた屋敷を出ていくよう迫られ、ソフィはやむにやまれず彼と別れて、自活する道を選んだ。彼と別の女性の結… »

その他のランキング

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

暴言。:ミザリー 2018/12/19

ヒーローのヒロインに対する暴言が、常軌を逸しています。軽蔑します。ヒロイン…

眼福:なかまち 2018/12/19

健気なヒロインと素敵なヒーロー。美しい背景に大胆なコマ割り。クリスマスシー…

良かったよ:ウルスラ55 2018/12/19

クリスマスらしい素敵なお話でした。ヒロインはヒーローの事をずっと「超絶イケ…

さすがの葛城先生:hanerin 2018/12/19

立ち読みで期待がふくらんでつい会員登録期間で買いましたが、そうしてよかった…

雪の王様:あやの 2018/12/19

繊細で儚げであると同時に煌びやかさを併せ持つ作画さんの手による「雪の女王」H…

ヒロインのビジュアルが幼すぎ:ふみりん 2018/12/19

ストーリーもおもしろく、絵も上手なんだけど、ヒロイン「頭が良くて気が強い、…

ほほえましい:MH 2018/12/18

ゾルターンかわいい。 お父さんとの対決はどうなったんだろう?

目が下手:あんこ 2018/12/19

目の歪みは致命的ですよね。個性では済まない違和感。

やっちゃったのね:ウルスラ55 2018/12/19

一度でも他の女とやっちゃってるのがアレですがまあリングレなんかだと結構有る…

これぞハーレクイン!:れん 2018/12/19

久しぶりに読み返してみましたが、新たな感動が生まれました。ハーレクインの元…

このページの先頭へ