ホーム > 小説一覧 > 小説著者一覧 > スーザン・マレリー

検索結果

スーザン・マレリーSusan Mallery

スーザン・マレリー

ティーンエイジャーのころからロマンス小説に夢中だったが、自分がロマンス作家になるとは思っていなかった。高校卒業後、電信会社に就職し、その5年後に入った大学では会計学を専攻。学業は楽しく成績も優秀だったが、ずっと人生に何かが欠けているような感覚にとらわれていたという。地元のカルチャーセンターで「ロマンス小説の書き方」講座を見つけたスーザンは、大学の勉強や経理の仕事で多忙だったにもかかわらず即申し込み、大学をクラスのトップで卒業するころには、ロマンス作家になろうと決めていた。 デビュー作は「思い出の夏にしないで」(N-470)。たちまちのうちに人気作家となり、RITA賞やロマンティックタイムズ誌の1995年ベスト・スペシャル・エディション賞などを受賞。現在では、大手書店やUSAトゥデイなどのベストセラーリストの常連になっている。 太陽の光あふれる南カリフォルニアで育ち、その後テキサスに引っ越し、最近またカリフォルニアに戻ってきた。世界一セクシーな夫と、美しいがあまり賢くない猫二匹と、この世で最もすばらしい義理の息子がいる。作家になってよかったのは、作品を読んでくれる人たちの生活を少しでも変えることができること、彼らを笑わせ、つらく苦しい状況にあるときには、その現実から離れる手助けができることだという。不満は、書きたい作品をすべて書く時間がないことだとか。自分の作品で特にお気に入りなのは、そのとき書いている作品だと語る。 ビジネスの学位を持ち、会計学を学んでいたせいか、きちんと整理されているものが好き。“リストの女王”とも呼ばれ、人が忘れてほしいと思っていることまで記憶していて友人たちにときどき嫌がられるという。 *RITA賞:アメリカロマンス作家協会(RWA)が授与する賞。コンテンポラリー、ヒストリカルなど10余りの部門で、部門ごとに一番優れた作品に与えられる。“ロマンス小説界のオスカー”ともいわれる。 *ベスト・スペシャル・エディション賞:ロマンス小説専門情報誌であるロマンティックタイムズ誌上で批評家たちが、その年のシルエット・スペシャル・エディションの中からもっとも優れた作品に授与する賞。

検索条件

検索結果

  • 52タイトル
  • 4ページ
  • 1ページ目
<< 前へ

1 2 3 4

<< 前へ

1 2 3 4

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

マンネリ:デューク 2024/02/21

紙の書籍でも出版してください。

読んでみてください:ごそくせんえん 2024/02/20

ラストのシーンでは涙があふれて読めなくなった。 ヒーローは目が見えない設定…

ト書きがおおい:とむ 2024/02/16

マックスもクロエもとても魅力的。心の動きの説明が多かった。これもありかと思…

もう少しヒーローの気持ちも知りたかった:ろびん 2024/02/12

ヒロインの心理描写は丁寧で、両親の自分への気持ちを知った時とか結構ぐっとき…

生還した英雄軍人の旦那様に離婚すると言ったら惚れられました:ごそくせんえん 2024/02/11

他の方が描いていらっしゃるように、衣装やヘアスタイル、内装や街の描写が素晴…

幸せだ~:UMIYASHI 2024/02/16

葉月先生の新作が雑誌掲載ということで発売日に購入しました。語るまでもなく最…

熱く、揺れる眼差し:グラハム 2024/02/16

クロエを見詰めるマックスの瞳には、最初から熱い情熱が宿っていました。母親に…

結構好き:大架 2024/02/12

放蕩貴族の仮面を被りつつ実は…なパリスと、お堅いクララ。すれ違う二人が絵のモ…

クリスピン:しまねけんみん 2024/02/12

かわいそうです。

ドラマとしてはわかるけど:しまねけんみん 2024/02/12

ヒロインの負った苦しみは、ここまで悲惨なものでなくても、物語にはなったので…

このページの先頭へ