ホーム > コミック一覧 > ランキング > 月間コミックランキング

ランキング

月間コミックランキング TOP 100

※販売・公開終了した作品につきましてはランキングから除外されております。
1位ランクアップ
壁の花の叶わぬ恋
壁の花の叶わぬ恋さちみりほジョージー・リー
女学院に捨てられていたジョアンナにとって、学校は我が家そのもの。でも、19歳になったら家庭教師としてひとり立ちしなければ! 親友や先生との別れはつらいけど、派遣先の准男爵家で家庭の雰囲気を味わえるかも…。ところが、待ち受けていたのは一家の娘たちに侮辱される… »
2位ランクアップ
大富豪と人形の花嫁
大富豪と人形の花嫁花津美子ミランダ・リー
大富豪のスコットは、取引先で出会ったサラに一目惚れ。「すぐにでもその指に指輪をはめなければ!」誓いどおりに3か月で結婚までこぎつけるが、ビジネスでは無敵のスコットも妻の愛にはいつも不安で…。結婚記念日に1通のメールが届くと、そこにはサラと同僚の密会を匂わ… »
3位ランクアップ
君主との冷たい蜜月
君主との冷たい蜜月麻生歩リン・グレアム
ポリーは実の父をさがして、砂漠の国ダーリアを訪れていた。しかし突然、空港で身柄を拘束され、王宮へ連行されてしまう。そこに現れたのは美しき支配者、ラシャド国王。彼の鷹のような目と威厳に、ポリーは胸の高鳴りを覚えた…。そしてわけあって王宮に滞在するうち、思い… »
4位ランクアップ
子供じゃないのに
子供じゃないのに藍まりとダイアナ・パーマー
雄大なテキサスの牧場で育ったアビーは、もうすぐ21歳。いまだに恋愛未経験で彼氏すらいない。その原因は、後見人のカルフーン・バレンジャー。彼女にとって彼は、両親を亡くしたあと引き取って面倒を見てくれた兄のような存在で、町では有名なプレイボーイ。しかし、アビ… »
5位ランクアップ
愛を宿した個人秘書
愛を宿した個人秘書河村恵利ダニー・コリンズ
「彼に会わせて!」社長のセサル・モンテロが交通事故に遭い、病院に搬送されたが個人秘書のソーチャは身内でないという理由で面会すら許されずにいた。彼のもとで働きだしてからずっと惹かれる想いを隠してきたが、その想いが実を結んだ直後の不運。そのうえ、彼の婚約者… »
6位ランクアップ
百万ポンドの偽の花嫁
百万ポンドの偽の花嫁岡田純子シャンテル・ショー
花婿の裏切りを知ったアテナは結婚式場からウエディングドレスのまま逃げ出した。式場の2階から落ちた彼女を受けとめたのは世界的ファッションデザイナーのルカ。しかし、これが一大スキャンダルになる。花嫁を奪ったと報道され、ルカは婚約解消されてしまったのだ。35歳… »
7位ランクアップ
あなたに捧ぐ詩
あなたに捧ぐ詩ハザマ紅実デボラ・ヘイル
最愛の恋人に南洋へと旅立たれ、さらに父も亡くしすべてを失ったジュリアンナは、卑劣な義兄の命令で見も知らぬ男性に嫁ぐことに。結婚式当日、彼女の前に現れたのは20歳も年上の男性サー・エドマンド。こんな冷淡で人を寄せつけない男性と、これから一緒に過ごすなんて…!… »
8位ランクアップ
悪い妻と呼ばないで
悪い妻と呼ばないで荻丸雅子ロバータ・レイ
リンジーとティムの新婚生活は薔薇色…のはずだった。両親を亡くし孤児院で過ごしたリンジーと、裕福な上流階級出身のティムは愛で結ばれていたのだ。いくらティムの母がひとり息子の結婚相手が孤児であることを受け入れられず、冷たい視線を向けてこようと、彼の愛に包まれ… »
9位ランクアップ
天使を抱いた氷の富豪
天使を抱いた氷の富豪浦川まさるダニー・ウェイド
名家の御曹司ジェイコブとの恋に終止符を打って2年…フィラデルフィアの大会社でCEOをしている彼が、この小さな町に戻ってくるなんて!? 当時、彼の子を宿したケイトにジェイコブの祖父はお金と引きかえに彼と別れ、お腹の子を堕ろせと尊大な態度で命令した。逃げるように町… »
10位ランクアップ
真夜中の誘惑
真夜中の誘惑天野なすのキャスリーン・ガリッツ
地質学者のケイトリンは父親が経営する石油掘削会社の現場監督グラントと、狭いトレーラーハウスで一緒に生活することに。お嬢様育ちの私にとって彼はまわりにいないタイプ。精悍な顔立ちに労働で鍛えあげられた雄々しい体。シャワーのあと何もまとわない上半身は刺激が強… »
11位ランクアップ
ねじれた愛
ねじれた愛七星紗英アビー・グリーン
傲慢で魅力的、ゴシップ紙をにぎわすプレイボーイで実業家マックスの新しい秘書に自分が雇われた理由をダーシーは誰よりもよくわかっていた。髪型も容姿も平凡な私なら決してボスの気を散らさないから。ところがマックスは、そんな地味な秘書と結婚すると言いだした。一世… »
12位ランクアップ
涙はあなたの肩で
涙はあなたの肩で長崎真央子ベティ・ニールズ
由緒あるクロスビー家のひとり娘レオノーラは、紹介された人物を見て驚いた。数日前、目があった瞬間そのあまりにハンサムな姿に、魂をとられたかのように動けなくなってしまった男性ジェームズだ。村の診療所に新しいドクターが来ると聞いていたけど…まさか彼だったなんて… »
13位ランクアップ
愛し子の肖像
愛し子の肖像横井里奈キャシー・ウィリアムズ
17歳のとき、アンジェラは望まぬ妊娠をした。貧しい彼女はなすすべもなく、生まれた子をある優しい夫婦の養子に出した。そんなある日、娘の養父母が不慮の事故で亡くなる。我が子が心配でいても立ってもいられないアンジェラは、娘の後見人となった養母の弟ニックを必死に… »
14位ランクアップ
愛をはぐくんで
愛をはぐくんで中村敦子ベティ・ニールズ
父を亡くし、想い出の家を継母と美しい義姉に売られてしまった看護師のチャリティ。絶望の淵にいる彼女は、プレイボーイで有名な内科医の毒牙にかかってしまう。彼を信じてオランダへ旅立つが、間もなく自分は遊び相手だと気づく。涙に暮れるチャリティの前に現れたとびき… »
15位ランクアップ
夏草のメルヘン
夏草のメルヘンアリスンシャーロット・ラム
貧民街の再開発計画に反対を唱える団体の若き統率者マーシーは、対立する大企業からの交渉要員ランダルと一戦を交えることに。私のおばが遺した街の中央にある館。どんなに脅しても大金を積んでも手放さないとわかったら、今度はハンサムな男性を送り込んで色仕掛けで落と… »
16位ランクアップ
拒まれた愛
拒まれた愛藤臣美弥子ロザリー・アッシュ
初舞台で大成功を収めた新進女優アナスタシアの前に精悍な男性が現れた。危険な魅力に満ちた彼を私は知っている…そう、6年前に私を拒んだジェド。あの頃、父の屋敷に出入りしていた彼が何者で、どこに住んでいるのか何も知らなかった。ただわかっていたのは、ひと目で彼の… »
17位ランクアップ
プリンスとの夜
プリンスとの夜山本鹿乃子ホリー・ジェイコブズ
カーラはいつも地味に控えめに生きてきたが、ある日偶然公園でぶつかった男性マイクにときめきを覚え、甘い一夜を過ごした。だが、目を覚ますと彼の姿はなく、カーラは砕かれた心と愛の結晶を抱いて日々を過ごしていた。もう二度と彼と会うこともないだろう――数か月後、親… »
18位ランクアップ
ボスとスキャンダル
ボスとスキャンダル森素子キャサリン・ガーベラ
あのヘンリー・デボンシャーが上司になるなんて。新しい職場でアストリッドの胸は期待と不安でいっぱいだった。彼は元ラグビー選手で、アストリッドの憧れの人。仕事に集中すれば大丈夫…自分に言い聞かせるアストリッドをなぶるように、プレイボーイと名高いヘンリーはやさ… »
19位ランクアップ
プリンスの条件
プリンスの条件真原ゆうヴァレリー・パーヴ
〝世継ぎは王族以外と結婚してはならぬ〟トーレス公家は200年、その掟に縛られていた。テレビ局のプロデューサー、アネグレットはその条約の証である門外不出の絵画の放映許可が欲しい、スクープを撮りたいと思って城を探索していた。しかし、不慮の事故で意識不明になって… »
20位ランクアップ
カリブの娘
カリブの娘山田圭子ナタリー・フォックス
かつて社交界の女王と呼ばれたミランダが暮らすカリブ海の無人島に、突然ルイスと名乗る男が不法侵入してきた。彼はミランダの境遇を知り尽くしており、その語り口は高圧的だ。しかもトドメとばかりに衝撃の言葉を放った。「君の伯父さんからこの島と、君の人生の1年間を… »

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

やっすいキャバ嬢みたいなドレスばっか(-_-;):深山 2018/08/21

どのドレスもなんだかフリフリ、ヒラヒラのお子ちゃまが喜びそうなデザインばっ…

絵が素晴らしく綺麗:mimi 2018/08/21

絵が素晴らしいのに情緒の動きを表すコマが無いので、あらすじを絵で見ているよ…

調教:レディラブ 2018/08/20

ヒロインが調教されてゆく様子がいい。 絵★ ストーリー★ 調教★★★ 開花★★★

元気で明るいだけじゃない:あやの 2018/08/21

可愛かった~。献身的なお人好しヒロインに対してヒーローは傲慢なイヤなヤツか…

何かうすい:さゆ 2018/08/20

それなりに絵もキレイなのになにか魅力に欠けますね。説明的なセリフがするする…

とてもいい話ばかりでよかった:キリギリス 2018/08/20

セットの本はどれも特におすすめです。 今まで読んだ桜野先生のハーレクイン作品…

絵が:和 2018/08/20

よくなったと思いました‼️ 以前の顎と目が気になる顔からキレイな顔になったと感…

まさかの:たま 2018/08/21

ヒーローの終盤での唐突な勘違い、“なんだそれ⁈”とは思いますが、それも一つの物…

セクシーヒーロー❤:れん 2018/08/21

花牟礼先生の美しい作画が好みです。ヒーロー、ヒロイン共に悲しい過去が心の闇…

良作はいつ読んでもいい:れん 2018/08/21

少し前の絵のタッチの瀧川さんの作品ですが、それぞれの登場人物の心理描写もよ…

このページの先頭へ