ホーム > 小説一覧 > 恋する修道女

恋する修道女

恋する修道女

18年間、俗世間を知らずに修道院で育った孤児のアイリス。いよいよ修道女の誓いをたてる日が近づいてきたあるとき、彼女は院長から突然呼びだされ、驚くべきことを告げられる。ギリシアの大富豪ゾナーの屋敷にしばらく滞在し、彼の息子の家庭教師をするようにというのだ。初めて知る贅沢な暮らしに罪悪感を覚えるアイリスだったが、何より彼女を恐れさせたのは、男らしいゾナーの存在だった。なんて罪深い人。そばにいるだけで私の心はかき乱されてしまう。必死に抗うアイリスを試すかのように神はさらなる試練を与え……。

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 550円 / 605円
出版社 ハーレクイン

※本作品は ロマンス ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

恋する修道女 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

ランキング

愛の迷路(ラビリンス)【1話】
双子のドラゴン
あの朝の別れから
妻には不向き?【あとがき付き】

新作

愛の囚われ人【あとがき付き】【スマホ向けタテコマ】【1話】
落札されたヒーロー【スマホ向けタテコマ】【1話】
愛の記念日【スマホ向けタテコマ】【1話】
氷の伯爵【スマホ向けタテコマ】【1話】

高評価ランキング

名前を呼んで
ばらに秘めた思い【あとがき付き】
赤い薔薇の約束
九十日間のミセス

どのコミックを読んだらいいか迷ったらコレ

禁じられた告白【1話】
夢がかなう日【1話】
片思いの日々
美しすぎる告白【1話】

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

絵の劣化が凄まじい:しまねけんみん 2024/07/20

初めての人ならクソ下手くそだなって言って終わりだけど、よく読ませていただい…

たまにある仕事放ったらかし恋愛脳物:しまねけんみん 2024/07/20

朝から晩まで色恋のことを考えて、色恋のためにしか頭使わない内容なら、最初か…

1981年初版の43年前の原作なので:あまりす 2024/07/20

話の流れが現代では考えられない胸糞ストーリーなので検索してみたら、1981年初版…

キティ悪人ヅラ過ぎだろ:しまねけんみん 2024/07/19

おもしろかった。しかし、どうしても、この方のくせなのか、寂しい・・・わ。と…

似た話ありますよね:しまねけんみん 2024/07/19

同じ原作?とはいえ、これは、なんというか、ヒーローに何一つよいポイントを見…

確かに必死さが理解不能:しまねけんみん 2024/07/18

当事者になりそうにない特殊な事情からの物語なので、とやかくいうのもどうかと…

まあまあのアバズレ:しまねけんみん 2024/07/18

えっと、マリッジブルーでほかの男と逢引きして、駆け引きのつもりで逃げ出した…

悲しい話:しまねけんみん 2024/07/18

なんか、最後さらっと愛の告白の中に紛れていたけど、ヒーローかなり深刻ではな…

あのお祖母様の言葉を:しまねけんみん 2024/07/18

受け入れて欲しかった。最初になんとなく彼女を襲った悲劇は予測できる。かつ「…

良かった!:すうじぃ 2024/07/20

泣きました、 泣けました。 ありがとうございました。

このページの先頭へ