ホーム > 小説一覧 > 嘘のヴェールの花嫁

嘘のヴェールの花嫁

嘘のヴェールの花嫁

たった1人の肉親である祖父の死が近いことを知ったシモーンは、せめてその短い余生を明るいものにしたいと思った。数カ月前、祖父は賭けに負けて広大な土地の大部分を失ったのだが、どうにかして、それを取り戻す手立てはないものか――そうだわ。もしわたしが現在の持ち主であるスペインの大富豪、アレサンデル・エスキヴェルと結婚したら、土地はまた一つになる!セックスはもちろんなしで、祖父が亡くなったら別れるという条件で。意外にもアレサンデルはこの提案をあっさり受け入れた。彼の恐ろしい企みに自ら堕ちたことなど露知らず、シモーンは夫となったアレサンデルの男らしさを激しく意識してしまうのだった。

3.0 評価集計 3件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
1
 

評価3
2
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 550円 / 660円
出版社 ハーレクイン

※本作品は ロマンス ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

嘘のヴェールの花嫁 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

嫌いなタイプのヒロイン 評価3 3

非常識なお願いをしておいて、笑われたらヒステリックに怒り出すヒロイン。嫌いなタイプです。思いやりを向けるのは、もっぱら祖父や周囲の人達にばかり、ヒーローにはメチャクチャ手厳しい。ヒーロは、こんな身勝手でヒステリックな女性のどこがよかったのか、疑問でいっぱい。

参考になりましたか?はい いいえ
<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

ランキング

禁じられた告白【1話】
完璧なエピローグ【あとがき付き】
身代わり婚の人魚姫【新装版】
悪魔を愛したら【あとがき付き】

新作

プリンスがいた季節【1話】
灰色のシンデレラ【あとがき付き】【スマホ向けタテコマ】【1話】
週末は夢のように【スマホ向けタテコマ】【1話】
身代わり婚の人魚姫【新装版】

高評価ランキング

その一言が言えなくて
再会は甘い苦しみ
ふたたびのカリブ海
ギリシアの神の誘惑【あとがき付き】

どのコミックを読んだらいいか迷ったらコレ

入れ替わった契約婚の花婿は砂漠の王子 1
花のウエディング【1話】
最後のおおいなる情熱【1話】
妹と恋人の間【1話】

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

全然似てなくても問題はないんだけど…:らら 2024/06/14

リーナちゃん可愛いんだけど、アリクの面影が全然ないので親子設定にちょっと違…

絵もストーリー展開も文句なしです✨:らいな 2024/06/13

原先生の作品、本当に絵も綺麗でストレスのないストーリー展開!安心感と満足感…

似たようなストーリーどこかで読んだような…?:らいな 2024/06/11

ヒロイン、亡くなった夫の領地を守るために悪事に手を染めているエドワードと婚…

姉の結末がわかったその日の:しまねけんみん 2024/06/10

涙と元家族への怒りはもっともです。でも、その日にのんきにもと旦那と関係を持…

気に入りましたー:baba 2024/06/09

丁寧なお話しの展開でとても楽しませてもらい ました。子供の描き方もとても可…

さちみ先生の聖夜の〇〇との比較:しまねけんみん 2024/06/10

幼い子供が、もっと幼い子を慈しみ、その成長の過程で家族愛が別の形になるお話…

絵は好き嫌いがあるかも:tukushi 2024/06/05

好き嫌いがあるのかもしれないけど、私は目の描き方が怖かったです。 ヒロインの…

子供の頃、美しいかと問われると:しまねけんみん 2024/06/01

そんなことないのが、違和感として残ってしまうので物語に入っていけない、、、…

文字だらけ:しまねけんみん 2024/06/01

なんだろう、すごく疲れた。小説ならこれ以上の文字だろうが、なぜ漫画に文字が…

一夜の遊びなら:しまねけんみん 2024/06/01

避妊しなさいよ。っていつも思う。捨てられた相手も可哀想。そしてわざわざあん…

このページの先頭へ