ホーム > 小説一覧 > 銀の瞳の公爵

銀の瞳の公爵

銀の瞳の公爵

イタリア公爵の跡継ぎヴィンチェンツォと公爵家の使用人の娘ジェンマ。身分違いの恋とは知りながら将来を誓い合った二人だったが、ある夜突然、ヴィンチェンツォはさよならも言わずに姿を消した。息子の失踪に怒り狂った父公爵に母娘ともども城から追い出され、ジェンマは愛しの人と住む場所を一度に失った悲しみに苛まれた。10年後、公爵が他界し、城がさる実業家に買収されると知り、過去にけじめをつけるために、彼女はあえて城の求人に応募する。すると驚くべきことに、実業家の正体は……ヴィンチェンツォだった!彼の銀の瞳に再び心を奪われかけた瞬間、ジェンマは思い出した――母から繰り返し教えられた、愛は階級差を超えられないということを。

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 550円 / 660円
出版社 ハーレクイン

※本作品は ロマンス ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

銀の瞳の公爵 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

ランキング

架空の恋人【あとがき付き】【1話】
星降る砂漠で
花嫁のあやまち【1話】
好きよりもっと愛してる

新作

架空の恋人【あとがき付き】【1話】
魂で愛して【スマホ向けタテコマ】【1話】
夕焼けに染まる海辺で【スマホ向けタテコマ】【1話】
花嫁のあやまち【1話】

高評価ランキング

ローズの屋根裏部屋【あとがき付き】
赤い薔薇とキス
ボスにプロポーズ
誇り高き微笑

どのコミックを読んだらいいか迷ったらコレ

愛のソネット
富豪とオレンジ畑の花嫁
億万長者の小さな天使
赤い薔薇とキス

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

リディアの陰謀…:らいな 2024/04/15

次期伯爵であるヒーローの妻になっても戦場で死なれてしまっては伯爵夫人ではな…

愛しい人:デューク 2024/04/13

紙の書籍でも出版してください。

安心して読める作家さんです:らいな 2024/04/10

家族ごっこから本当の家族へ。お互いの気持ちの高まっていく過程が上手く描かれ…

盛り上がりに欠けるかな…:らいな 2024/04/10

ヒーローがクール過ぎて、いつの間にヒロインを好きになったんだろう? いきなり…

いいお話:もも 2024/04/11

全部のエピソードがきちんと繋がっていて、最終的に落ち着くところにまとまって…

素敵な恋:ぴっぴぃ 2024/04/10

有沢先生の作画は上品で大好きです。プリンセスやお嬢様など育ちのよいヒロイン…

傲慢苛烈な彼、だけど後ろを向いた表情が素敵:ごそくせんえん 2024/04/10

これは傑作です。 「おこちゃまワガママゴーマンヒーロー大暴れ!」と藍まりと先…

大きなドングリ:ネル 2024/04/08

ロマンチックなディナーにドングリを出す? と思ったら、手書きで大きなイチゴっ…

素敵~:さつき 2024/04/07

だんだん心の距離が縮まっていく様子がていねいに描かれていて、にんまり。 ヒー…

絵がおかしい:なごみ 2024/04/07

頭が変に平べったい。人物背景のバランスが悪い、ロマンスのドキドキ感がまった…

このページの先頭へ