ホーム > 小説一覧 > 口づけは扉に隠れて

口づけは扉に隠れて

口づけは扉に隠れて

世界に名を馳せる建築事務所に入社したソフィー。日々冷静に仕事をこなす彼女は周囲から一目置かれる存在だが、女性社員たちが憧れるセクシーな上司ヴァンの前では調子を狂わされてばかりだ。そんなある日、ヴァンの出張に同行したソフィーは滞在先のホテルで自分を見つめる彼の瞳が誘惑にけぶっていることに気づく。初めてヴァンが見せる男の顔に胸がざわめくも、彼がある企みを秘めていることなど知る由もなく……。

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 550円 / 880円
出版社 ハーレクイン

※本作品は ロマンス ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

口づけは扉に隠れて のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

ランキング

運命の訪れ【あとがき付き】
聖なる夜に降る雪は・・・【1話】
夢がかなう日【1話】
嫉妬

新作

夢がかなう日【1話】
背徳のキス【あとがき付き】【スマホ向けタテコマ】【1話】
傲慢ドクターと幸運の女神【新装版】
伯爵と踊り子【スマホ向けタテコマ】【1話】

高評価ランキング

その一言が言えなくて
再会は甘い苦しみ
ギリシアの神の誘惑【あとがき付き】
消えた子爵夫人 2巻

どのコミックを読んだらいいか迷ったらコレ

入れ替わった契約婚の花婿は砂漠の王子 1
花のウエディング【1話】
最後のおおいなる情熱【1話】
妹と恋人の間【1話】

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

なんだこれはっつ(◎-◎;):ぴよさま 2024/06/17

のっけからの想定外と着地と思ったら一捻り。 ありです。 先生の描く女性は愛ら…

ボンクラヒーロー:スネ夫 2024/06/17

自分の目で本質を見る事の出来ないボンクラ男がヒーローです。 こういう男が仕事…

全然似てなくても問題はないんだけど…:らら 2024/06/14

リーナちゃん可愛いんだけど、アリクの面影が全然ないので親子設定にちょっと違…

絵もストーリー展開も文句なしです✨:らいな 2024/06/14

原先生の作品、本当に絵も綺麗でストレスのないストーリー展開!安心感と満足感…

似たようなストーリーどこかで読んだような…?:らいな 2024/06/15

ヒロイン、亡くなった夫の領地を守るために悪事に手を染めているエドワードと婚…

姉の結末がわかったその日の:しまねけんみん 2024/06/10

涙と元家族への怒りはもっともです。でも、その日にのんきにもと旦那と関係を持…

気に入りましたー:baba 2024/06/09

丁寧なお話しの展開でとても楽しませてもらい ました。子供の描き方もとても可…

さちみ先生の聖夜の〇〇との比較:しまねけんみん 2024/06/10

幼い子供が、もっと幼い子を慈しみ、その成長の過程で家族愛が別の形になるお話…

絵は好き嫌いがあるかも:tukushi 2024/06/05

好き嫌いがあるのかもしれないけど、私は目の描き方が怖かったです。 ヒロインの…

子供の頃、美しいかと問われると:しまねけんみん 2024/06/01

そんなことないのが、違和感として残ってしまうので物語に入っていけない、、、…

このページの先頭へ