ホーム > コミック一覧 > 摩天楼の影

Romantic Suspense ロマンティックサスペンス

摩天楼の影

摩天楼の影

17歳の頃、恋人に暴行された過去をもつタニア。忌まわしい事件を忘れるため、研修医としてER勤務に没頭しても記憶は消せない。男性を遠ざけて、毎日くたくたになるまで働いても眠れない夜もある…。だがそんな彼女に、ケガでERに運ばれてきたハンサムな男性ジェシーとの出会いが勇気を与えた。ジェシーのやさしさと愛に包まれてようやくタニアは心を開き始めるが、その矢先、彼女の周りで不可解な事件が相次ぐようになって…?

3.5 評価集計 72件の評価
評価する
評価5
12
 

評価4
41
 

評価3
15
 

評価2
4
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
閲覧日数 30日 / 90日 / 会員登録期間 価格 300円 / 350円 / 450円
+消費税
ページ数 145ページ 出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • コミック一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

摩天楼の影 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

ヒーローに好感が持てます 評価4 4

HQ特有のヒステリックさも傲慢さも無い、普通にさわやかなヒーローに好感が持てます。絵にクセがありますがくるくると変わるキャラクターの表情を豊かに丁寧に描かれるお気に入りの漫画家さんです。

参考になりましたか?はい いいえ
読みやすいストーリーです 評価3 3

ヒーローの気取ってない態度とヒロインを思いやる気持ちは好印象です。 ちょっと絵が好み出なかったので、3にしました。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

レスキュー隊の隊長さん:ハレル 2018/01/18

彼のHQ話はないのかなぁ・・(^^) こんな人ほど愛する人ができると、丸くなる者(モ…

意外とよかった:あんす 2018/01/17

ヒロインに冷たいヒーローに加えて「仮面夫婦」と来たらあんな話か…と思っていた…

こんなだった?:シュリ 2018/01/17

話は割と好きなはずなのに絵の線が変に太いところが多々あって集中出来ない… 岸…

母は・・・:アリス 2018/01/18

色々なミステリー要素が絡んだお話しでした。最初は母親も今流行りの毒親か⁈と思…

静かな感動:TOM 2018/01/16

ラスト2ページで涙止まらず、レビューも書かずにはいられなかったです。 絵に華…

好きな展開:ペンペン 2018/01/18

ペニーのヒーローとしてはツンデレでも無く、誤解男でも無く、とってもストレー…

妹がくれたパーティーの衣装が…:あんこ 2018/01/17

露出狂の太ったオバサンみたいで可哀想に見えました

すごーい:ウルスラ55 2018/01/16

なんて自分勝手な兄弟。これどんなに謝られても愛するなんて出来ないなあと思っ…

ヒーローが好み:ウルスラ55 2018/01/15

こういう眉間にしわ寄せつつ汗かいてるタイプのツンデレが好みなので星多めに付…

お話とは関係無いのですが:おちゃぼん 2018/01/15

この作者さんの作品の殆どに言える事ですが、やたらヒーローヒロインが怒鳴って…

このページの先頭へ