ホーム > コミック一覧 > チョコレート・プリンセス

Pure Romance ピュアロマンス

チョコレート・プリンセス

愛を貫くプリンスシリーズ

チョコレート・プリンセス

マリサはモンテネヴァダ王国の片隅で途方に暮れていた。どうやら鞄を盗まれたときに頭を打ち、記憶を失ってしまったらしい。かすかに思い出せるのは甘いチョコレートの味だけ。そんな彼女に手をさしのべてくれたのは麗しき金髪の王子ニコ。そのやさしい微笑みに淡く胸をときめかせるが、しかし、スカートに縫いつけられていた暗号文のせいでスパイ容疑をかけられ、マリサは王宮に幽閉されてしまう! 私は本当は誰なの? そして、このお腹にいる赤ちゃんの父親は!?

3.5 評価集計 131件の評価
評価する
評価5
35
 

評価4
66
 

評価3
21
 

評価2
5
 

評価1
4
 

閉じる


  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
閲覧日数 30日 / 90日 / 会員登録期間 価格 330円 / 390円 / 500円
+消費税
ページ数 128ページ 出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • コミック一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

愛を貫くプリンスシリーズ

愛を貫くプリンスシリーズ I

チョコレート・プリンセス
さちみりほ / レイ・モーガン
チョコレート・プリンセス
マリサはモンテネヴァダ王国の片隅で途方に暮れていた。どうやら鞄を盗まれたときに頭を打ち、記憶を失ってしまったらしい。かすかに思い出せるのは甘いチョコレートの味だけ。そんな彼女に手をさしのべて…

愛を貫くプリンスシリーズ II

真実の嵐
さちみりほ / レイ・モーガン
真実の嵐
アビーは姪をつれて、王家の古い別荘に身をひそめていた。出産と同時に亡くなった姉に、この子を守ると約束したから。ところが、今は使われていないはずの別荘に突然、王家の末弟プリンス・ミケイルが現れ…

愛を貫くプリンスシリーズ III

幻の恋の円舞曲
さちみりほ / レイ・モーガン
幻の恋の円舞曲
敵対する王家の皇太子ディーンと恋に落ちた将軍家の令嬢アレックス。内戦によりひき裂かれるが、実は秘密裏に彼の子供を産んでいた。将軍や兄たちに裏切り者扱いされ、居場所を失ったアレックスは絶望する…

チョコレート・プリンセス のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

【ネタバレ】途中まで素敵なラブストーリー 評価3 3

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む
グッときました。 評価4 4

ヒロインが料理人のジャンに言う言葉に心を打たれました!人の心を思いやれる素晴らしいヒロインです。

参考になりましたか?はい いいえ
【ネタバレ】に、妊婦好きって…どうよ。 評価5 5

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む
砂糖菓子人形 評価5 5

とにかく、ヒロインが可愛い♪三男坊が「砂糖菓子人形」みたいって言ってるけれど、本当にスイーツみたい。服も、まるでアンティーク人形(ビスクドール)のよう。ジュモーとかブリュとか。だから、読む前は、この作品はヒストリカルと思い込んでいたのだけど、違うみたいですね。たぶん、モデル国はルーマニア、時代はチャウシェスク恐怖政治の革命以降を設定してるのかな。内容は、可愛いけれど、重い話です。HQなのでラブストーリーですが、ラブラブを感じたい人には向かないかも。シリーズの一作目だから説明が多いし、恋愛以外の話の比重が大きい。最後のほうで、ヒーローの心の傷に対しての、ヒロインのいたわり言葉には心が癒されました。「…僕は卑怯者だ」と自分を責め続けるヒーロー。一生拭い去ることはできない心の闇なのでしょう。ヒロインは、その心に差し込んだ一筋の光になったんだろうね。唯一無二の存在!それにしても、ヒロインはまだ若いだろうに、人生の何たるかを知っているようだ…

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

あの・・:tama 2016/12/10

この作品の異常な評価の高さの意味がわからないです。ごめんなさい。 もともと、…

何回読んでも泣いてしまう:kobutanaoko 2016/12/10

前半、よくある話なのですが、2人が気持ちを確かめあい、後半のお父様の言葉が…

地味:ウルスラ55 2016/12/09

台詞やト書きが多くて説明ばかり。過去のこともほとんどモノローグで説明。作中…

普通に面白い:ののか 2016/12/09

劇画調の絵にも慣れて、物語も普通に楽しめました。 慣れって凄い。

えっ!:Shelly 2016/12/10

無邪気さは時に罪というけれど、このヒロイン、ローラにとったら爆弾以外の何物…

設定があまり好きではありませんが:きなこ 2016/12/09

さらりと読めました。斗田先生の雰囲気のある絵は好きなんでこの評価に。他の兄…

本当に足りないっ!:なかまち 2016/12/09

最初の頃のヒロインは肩に力が入って随分と粋がっている感じですが、ヒーローと…

涙でウルウル:ラスカル 2016/12/10

シリーズものですが、汐宮先生の落ち着いた美しい作画で感情移入して読めました…

エロ天使がエロかわいい:映画館 2016/12/09

シリアスな話の中にその暗さを軽くする橋本先生の技量が素晴らしいと思う作品で…

疲れた。:mama420 2016/12/09

最初から最後までテンション高いヒロインとヒーローで疲れました。後半気になっ…

このページの先頭へ