ホーム > コミック一覧 > 終わらない恋

Pure Romance ピュアロマンス

終わらない恋

リヌッチ家の息子たちシリーズ

終わらない恋

TVプロデューサーのデラが番組のナビゲーターに選んだのは新進気鋭の考古学者カルロ・リヌッチ。さっそくポンペイで遺跡調査をしている彼に会いに行く。出逢ったとたん情熱的に惹かれあい、結ばれるふたり。でもデラにはわかっていた。私は彼より7歳も年上の子持ち。名家の彼にとって、これはひとときの恋だと。たとえ彼が本気になってプロポーズしてくれたとしても…。私の秘密に巻きこんではいけない。デラは一族の皆の前でわざと彼を傷つけ、別れを告げた。

4.0 評価集計 104件の評価
評価する
評価5
68
 

評価4
21
 

評価3
9
 

評価2
4
 

評価1
2
 

閉じる


  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
閲覧日数 30日 / 90日 / 会員登録期間 価格 330円 / 390円 / 500円
+消費税
ページ数 128ページ 出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • コミック一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

リヌッチ家の息子たちシリーズ

夕闇にくちづけ
伊藤悶 / ルーシー・ゴードン
夕闇にくちづけ
「ぼくは…ふたりの母親に捨てられたんだ」――1度は生みの母親に、そして2度目は養子先の母親に。傷ついた過去を忘れるため、ジャスティンは自分に新しい名前をつけ、実業家として成功する。しかし、彼の頑…
情熱の予感
伊藤悶 / ルーシー・ゴードン
情熱の予感
かつて夫に裏切られた経験から、2度と男なんて信じないと誓っているオリンピア。仕事に打ち込み、取締役にまでなるが、ある日会社が買収されることに。社内騒然の朝、彼女のもとにちょうど臨時の秘書がやっ…
ローマの披露宴
伊藤悶 / ルーシー・ゴードン
ローマの披露宴
弁護士のミニーは最愛の夫を亡くして以来、同じアパートで暮らす住人たちとの交流だけを頼りに、心を閉ざして生きていた。だがある日、そのアパートの新しい家主となるルークが視察にやって来る。この居心…

終わらない恋 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

ハーレクィンらしくないところがいい 評価5 5

とってつけたように、無理にハッピィーエンドにしないとこがいい。限りある命を、ある限り懸命に共に生きると言うところに感動。

参考になりましたか?はい いいえ
伊藤悶さんだから 評価5 5
ロマンス ライブラリで購入済み

原作既読です。 コミック最後に、伊藤悶さんの作品への困難を感じさせるあとがきがあります。確かに内容は入れ替わっていますが・・・。 この作品については、伊藤悶さんの作品の方が、より詩的に、静かに感動を覚えました。

参考になりましたか?はい いいえ
良い 評価5 5
ロマンス ライブラリで購入済み

静かに流れる川のようにゆっくりとしたテンポのお話でした。夜明けの河の流れのような、、、セリフ一つ一つ、描写一つ一つが芸術的な作品です。

参考になりましたか?はい いいえ
伊藤先生の良さに気付けた作品 評価5 5

上から目線のタイトルで申し訳ないけれど、この言葉が一番しっくりきます。女性なら一度は運命の女性と言われたいと思うなか、ハーレクインでは運命の女性はゴロゴロいます。なぜこの人?と思うヒロインもいれば、納得できるヒロインもいます。本作品のヒロインは、ビジネスでその名を残す頭脳と行動力があります。ヒーローがそのアクティブさにイライラしつつも、もうひとつの孤独な顔に気付き、ヒロインを特別な女性だと意識していきます。あー、この物語の流れが素晴らしい。。。読後感はけして爽快ではないけれど、一生懸命に生きる女性の強さに魅せられると思います。

参考になりましたか?はい いいえ
【ネタバレ】このシリーズで初めて泣きました 評価5 5

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む
全てのレビューを読む

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

なんだかなあ:すずどん 2017/09/25

村田先生大好きなのですが・・・この作品は何一つ心に響いてこないというか。H/H…

なんじゃそりゃ:クレヨン003 2017/09/25

いい感じで読み進め、途中『ウルッ』としたりしてラスト『なんじゃこりゃ』です…

絵が嫌い:きらっち 2017/09/25

絵が気持ち悪い

月額でなければ:きらっち 2017/09/25

月額でなければ読みませんでした。時間の無駄。絵が下手というか、人物に魅力が…

うーむ…:リリィ 2017/09/25

話は好きです。特に破綻してないし。 しかし、いかんせんロマンスが…。物足りな…

二回読んでわかりました:ウルスラ55 2017/09/25

だいぶ前に一度読んでよくわからず、今また読んで今回はよく理解できました。こ…

女性から男性に:ウルスラ55 2017/09/23

花を贈ると言う行為が素敵だなと思いました。ヒーローちょっと赤くなってるし。…

よくわからんのですが:dee 2017/09/24

すみません。立ち読みの段階でつたない絵が無理でした。お話はおもしろそうだと…

ヒロインが幼いけれど:れん 2017/09/24

まあ王道のハーレクインでしょう。契約結婚からスタートしたとはいえ、ヒーロー…

この作家さんの描くヒロイン:ぽんた 2017/09/25

どの作品を見てもヒロインが自己中で自分のことしか考えてないように見える。 や…

このページの先頭へ