ホーム > 小説一覧 > 非情なウエディング

非情なウエディング

予期せぬ結婚シリーズ

非情なウエディング

あなたの身代わりとなって、ロシア人と結婚しろというの?」双子の妹アレクサの頼みに、アリッサは仰天した。しかも、相手は石油長者のセルゲイ・アントーノヴィッチだ。彼が期間限定の結婚相手を求めていると知ってアレクサが高学歴の姉の名を使って応募したところ、面接試験を通り、すでに多額の契約金も受け取ったらしい。だが、妊娠中だから、アリッサに代役を頼みたいというのだ。「これで、お母さんは家や店を手放さなくてすむわ」母を助けるためにもうお金を使ったと聞き、アリッサは観念した。妹が交わした契約に恐るべき条項があるとも知らずに。■突然、契約結婚をすることになったアリッサとセルゲイ。互いの事情を知るにつれ、理解は深まっていきますが……。

4.5 評価集計 12件の評価
評価する
評価5
7
 

評価4
5
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

予期せぬ結婚シリーズ

予期せぬ結婚シリーズ I

逃げだしたプリンセス
リン・グレアム
逃げだしたプリンセス
エリナーは中東の王国カラムの皇太子ムラドのロンドンの邸宅でムラドの娘のナニーとして住み込みで働いている。ムラドとその弟ジャシムは友人たちの噂の的になるほどハンサムだが、亡き母の恋人だったムラ…

予期せぬ結婚シリーズ II

非情なウエディング
リン・グレアム
非情なウエディング
あなたの身代わりとなって、ロシア人と結婚しろというの?」双子の妹アレクサの頼みに、アリッサは仰天した。しかも、相手は石油長者のセルゲイ・アントーノヴィッチだ。彼が期間限定の結婚相手を求めてい…

予期せぬ結婚シリーズ III

週末だけの愛人
リン・グレアム
週末だけの愛人
ある夏の日、リンディは暑さに耐えかねて、由緒ある邸宅の敷地を流れる川に生まれたままの姿で飛び込んだ。至福のひとときを味わったのもつかの間、彼女は凍りつく。「ここで何をしている?」それは邸宅の…

非情なウエディング のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

すきです 評価5 5

「条件だけで結婚してみましたが?」というタイトルが似合うような内容ですね。ヒロインはとても心優しい暖かい女性だし、ヒーローは一見傲慢系に見えるけれどとても細やかな人。麻生先生のコミックスも素敵で大好きですが、細かなエピソードが小説版のほうにはあふれているので、併せて読んで二倍以上楽しめました。ヒロイン妹がとにかく浅はかで利己的。結婚支度金をほぼ全部着服したであろう神経の太さ、私を見ればたまらないと思うはずというあきれた自信に、「まあがんばれば?」と思ってしまいました。

参考になりましたか?はい いいえ
タイトルにはてな? 評価4 4

タイトルからして、いったいどれほど非道なヒーローなんだろうと想像していたのに、あれ?と拍子抜けしました。だって、ヒーロー意外にいいヤツですよ?面接で妻を求めるのは非常識だけど、ちゃんと自分なりに判断しているし、割とまっとうな感覚を持ち合わせている人だと思う。もちろんヒロインは無垢で人がいい。性格の悪い妹に言いくるめられてそこまでしてしまう?ってびっくりしてしまうけれど。そういうヒロインからひととなりを褒められたヒーローはきっと、すごく嬉しかったのでは。リン・グレで、このタイトルで、「あれ?」と裏切られながらわくわく。何度か読み返し、かなり気に入りました。^^結論。非情なのは、ヒロイン妹。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

背景:neko 2017/01/16

いつも思うんですけど背景綺麗ですよね~。麗しいv そこだけはいつもウットリ…

よくわからない:momo 2017/01/16

最後まで誰の気持ちもあやふや過ぎてわからなかったです。 なんで最後プロボーズ…

待っていました!:りんご 2017/01/16

先に原作を読んでおり、是非、三浦先生でコミックにならないかと待ちわびており…

引き込まれました。:りんご 2017/01/16

複雑な生い立ちのヒロインですが、屈折せず、明るく前向きな性格に書かれている…

表情が……:リーク 2017/01/16

ヒロインとヒーロー以外の人物はにこやかな表情が多いのにヒロインとヒーローは…

ヒーローの心理描写:リーク 2017/01/16

この作者さんのイラストは全体的に感情表現が少なく感じます。特にヒーローが…最…

良かった:なうしか 2017/01/16

キュンキュンきました〜 ヒーローを懲らしめるのに、もっともっと嫉妬させてもよ…

ん???:ののか 2017/01/16

ヒーローの自分の親について話すシーンが所々ありますが、何かおかしいと思うの…

淡々としてます:ハル 2017/01/16

誠実な人ばかりが出てくる感じの良い作品ですがわ淡々と話が進んでいく感じて、…

どうしても気になって:ノラ 2017/01/16

ストーリーも作画についても文句なしなのですが…「浮き足立つ」の用法が間違って…

このページの先頭へ