ホーム > 小説一覧 > 初恋が実るとき

初恋が実るとき

初恋が実るとき

キャサリンは決死の覚悟で家を売り、義兄の部屋へ転がりこんだ。幼いころから彼に恋い焦がれ、今も思いはふくらむ一方だけど、いつまでたってもルーカスは、私を女性として見てくれない。彼を振り向かせるには、このくらい思いきった行動に出なければ。もうこれ以上、“妹”なんて呼ばせないわ――絶対に!かたやルーカスは、繰り返し自分に言い聞かせていた。血縁がないとはいえ、キャサリンは“妹”として慈しむべき相手。彼女がどれほど魅力的でも、一つ屋根の下で暮らしていても、あやうい感情は隠し通さなければならないんだ――絶対に!

4.5 評価集計 7件の評価
評価する
評価5
5
 

評価4
1
 

評価3
1
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 450円 / 500円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

初恋が実るとき のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

気が付いて 評価4 4

ヒーロー、どれだけ鈍いか!!とカツを入れたくなるようなもどかしさがありました。ヒロインが一途にヒーローのことが好きで、一生懸命なので、キャラクターにとても好感が持てます。ヒーローの迷惑なほど複雑な性格も、見ている分にはいいのですが、ほんと、たいへんそう・・・と思ってしまいました。

参考になりましたか?はい いいえ
【ネタバレ】あまりにも 評価3 3

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

面白いと思いますが?:しむしむ 2017/12/18

ハーレクィンに期待するようなエロティックな場面は短かったのですが、小説版な…

面白かった:みーたん 2017/12/18

ヒストリカルものによくいる、気が強い現代の女性がそのまま昔のドレスを着ただ…

ハートウォーミング:ミッフィー 2017/12/18

罠にかかってしまったヒロインですが、心の闇を抱えるヒーローを癒していきます…

んー:きらっち 2017/12/18

シリーズで読めば面白いのかもしれませんが、月額でこの作品単体で読まされた感…

欧州のクリスマス:ありさ 2017/12/18

ドイツとオーストリアが舞台のハーレクインを堪能しました。雪で立ち往生してし…

遠距離の本気:サラダ 2017/12/18

怒涛と圧巻のプレゼント&ラブレター攻勢。ヒーローだって、信念とお金と忍耐力…

クリスマスに奇跡は起こる:ミッフィー 2017/12/18

心温まるストーリーで読んでいて途中で涙がうるうるしてしまいました。明るく前…

うーん…:サラダ 2017/12/18

IQ190の天才って設定、説得力無かったです。賢そうに見えるシーンすら思い出せま…

ついつい読み返します:遊 2017/12/18

作者さん買いです。丁寧に話を進めてあるし、読みごたえもあって好きです。

ちょっと:遊 2017/12/17

試読で途中まで読んで期待して買ったらあまり盛り上がりも無く、きゅんともせず…

このページの先頭へ