ホーム > 小説一覧 > 憎しみの果てに

憎しみの果てに

憎しみの果てに

ウィルモント一族の宿敵だったバジルが亡くなって3年。彼のせいであやうく命を落としかけたリチャードも、今は豊かな土地の慈悲深き領主として、平穏な日々を送っていた。あるとき宮廷へ向かう途中、偶然出会った女性を危機から救う。隠しきれない高貴な物腰、知性を秘めたすみれ色の瞳。農民に身をやつしてはいるが、ノルマン貴族に違いない。彼女の謎めいた美しさに、リチャードは強く惹かれる。だが、やがて宮廷で明かされた真実は、彼に絶望をもたらした。その女性ルシンダこそ、憎むべきバジルの未亡人だったとは!

5.0 評価集計 1件の評価
評価する
評価5
1
 

評価4
0
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 期間限定販売: 2017年1月30日 までとなります.
  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

憎しみの果てに のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

読みごたえあり! 評価5 5

ジェラードにそっくりなのにちょっと控えめなリチャードにこそ、幸せになってほしいと思っていたのですが、えっ?バジルの元妻!?と衝撃のスタート。バジルもえげつなかったけど、バジルのいとこもまたえげつない。おかげでバジルソースを食べるときにちょっと不愉快なきもちになってしまいます。過去を克服して幸せをつかんでいくジェラードとルシンダを祝福したいです。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

分別と多感:サラダ 2017/12/18

両方必要ですよね。というか誰でも持ってる。そして恋愛に関しては、ありのまま…

面白いと思いますが?:しむしむ 2017/12/18

ハーレクィンに期待するようなエロティックな場面は短かったのですが、小説版な…

面白かった:みーたん 2017/12/18

ヒストリカルものによくいる、気が強い現代の女性がそのまま昔のドレスを着ただ…

ハートウォーミング:ミッフィー 2017/12/18

罠にかかってしまったヒロインですが、心の闇を抱えるヒーローを癒していきます…

んー:きらっち 2017/12/18

シリーズで読めば面白いのかもしれませんが、月額でこの作品単体で読まされた感…

欧州のクリスマス:ありさ 2017/12/18

ドイツとオーストリアが舞台のハーレクインを堪能しました。雪で立ち往生してし…

遠距離の本気:サラダ 2017/12/18

怒涛と圧巻のプレゼント&ラブレター攻勢。ヒーローだって、信念とお金と忍耐力…

クリスマスに奇跡は起こる:ミッフィー 2017/12/18

心温まるストーリーで読んでいて途中で涙がうるうるしてしまいました。明るく前…

うーん…:サラダ 2017/12/18

IQ190の天才って設定、説得力無かったです。賢そうに見えるシーンすら思い出せま…

ついつい読み返します:遊 2017/12/18

作者さん買いです。丁寧に話を進めてあるし、読みごたえもあって好きです。

このページの先頭へ