ホーム > 小説一覧 > ハートの翼

ハートの翼

ハートの翼

十代のブランディにとって、父の右腕として働くクリントは、危険な魅力にあふれた大人の男だった。彼が結婚し、幼い恋が破れたあとも、いまだに忘れられない。そのクリントが妻を亡くして打ちひしがれているという。「彼に笑いを取り戻させてくれ。おまえにならできる」大好きな父に頼みこまれたブランディは、湖畔のキャビンで隠遁生活を送るクリントのもとを訪れた。七年ぶりに会う彼は陰りを漂わせ、いっそう魅力を増していた。彼に惹かれてはだめ。ブランディは必死に言い聞かせた。もう一度彼に拒絶されたら、この心は張り裂けてしまう!

4.0 評価集計 2件の評価
評価する
評価5
1
 

評価4
0
 

評価3
1
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

ハートの翼 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

シリーズで読むのがオススメ 評価3 3

『恋はシャボン玉に似て』『生まれ変わった花嫁』とのシリーズもので,キング家の令嬢のお話し第一作。ただし,本作のヒロインが一番令嬢像から遠いかも。一話完結として読むと,少々物足りないかもしれませんが,この三作品を貫いて語られる女性に注目しても面白いかもしれません。また,ヒーローの愛娘の育児に四苦八苦するヒロインの姿に,子育て経験のある方はクスリとさせられるかも!

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

とても良かった:れん 2017/07/26

王族貴族のハーレクインが好みなんで面白かったです。お互いを思っているのに心…

ゴージャスで大胆:そるる 2017/07/25

山田先生の大胆な作風がハーレクインにあっていると思います。特にヒーローの見…

ナオミのその後:kotori 2017/07/25

何年か前にナオミのスピンオフが雑誌に載っていたような覚えがあるんですが、誰…

最低男:ローズ 2017/07/25

あんまり素敵には思えませんでした。女にだらしない自分勝手な男。ヒロイン苦労…

ヒロインが好きになれません:ローズ 2017/07/25

悪いということはないですが、あまり性格が良くないので好きになれませんでした…

よくわからない:kaeru 2017/07/25

とにかくヒロインがキラキラしているだけで、よくわからない作品でした。

最後が:ラニア 2017/07/25

私は月額で読みましたがよかったです。 最後がもっとハーレらしくはっきりハッピ…

わりと:ウルスラ55 2017/07/25

好きかも。相変わらず芝居がかってますが、ノリノリで描かれている感じがします…

ちょっと怖い:まめ姫 2017/07/24

オランダが舞台の作品は初めてかも。読み進めていて何故だか『赤毛のアン』を思…

秘書じゃないし:ウルスラ55 2017/07/25

ヒロインは最初の方でちょこっと秘書だったけど、その後は「無職」なのでタイト…

このページの先頭へ