ホーム > 小説一覧 > 恋と屈辱の地中海

恋と屈辱の地中海

愛に戸惑う娘たちシリーズ

恋と屈辱の地中海

バルフォア家の娘として何不自由なく暮らすカットは、大富豪の父から、地中海をクルーザーで旅したらどうかと言われた。喜んで提案を受け入れ、カットは豪華な船に乗りこんだ。ところが彼女を待っていたのは客としての待遇どころか、従業員用の小さな船室と、乗組員の食事の世話や掃除という労働。しかも船のオーナーは、昨年の慈善舞踏会の夜に出会い、親しくなりたいと願った彼女を軽蔑とともに拒絶した男性――スペインの実業家で元闘牛士のカルロス・ゲレロだった!そのうえこの旅は、娘の自立を願う父のさしがねだという。カルロスにこき使われ、再び屈辱を味わわされるなんて……。■名家バルフォアの八人の娘を描く〈愛に戸惑う娘たち〉第二作は、いま最も勢いのあるS・ケンドリックが執筆。気ままなお嬢様に見え、実は繊細で奥手なヒロインが魅力的です。ハーレクイン文庫より、著者の秀作『禁じられた追憶』も発売中。

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

愛に戸惑う娘たちシリーズ

愛に戸惑う娘たちシリーズ

愛のアリアを歌って
ミシェル・リード
愛のアリアを歌って
イギリスの大富豪バルフォア家主催の慈善舞踏会に、当主オスカーの姪であるメレディスは招待されていた。夫のアレッサンドロは仕事先のミラノから遅れて参加するという。ともに仕事を持つ夫婦として、二人…

愛に戸惑う娘たちシリーズ I

愛を知らない恋人
ミシェル・リード
愛を知らない恋人
トスカーナの田舎で伯母と暮らしていた二十歳のミアは、一週間前に、自分の父親がイギリスの大富豪オスカー・バルフォアだと知らされた。オスカーには三度の結婚で七人の娘がいる。愛人の子ミアは八人目だ…

愛に戸惑う娘たちシリーズ II

恋と屈辱の地中海
シャロン・ケンドリック
恋と屈辱の地中海
バルフォア家の娘として何不自由なく暮らすカットは、大富豪の父から、地中海をクルーザーで旅したらどうかと言われた。喜んで提案を受け入れ、カットは豪華な船に乗りこんだ。ところが彼女を待っていたの…

愛に戸惑う娘たちシリーズ III

プリンスの罠
インディア・グレイ
プリンスの罠
父の不貞を知り、エミリーは家を出て偽名でバレエ講師をしている。家賃にも事欠く貧乏生活だが、華やかな生活はもう遠い過去だ。今日は発表会があり、無事に舞台は終わった。ところが、視察に訪れていたど…

愛に戸惑う娘たちシリーズ IV

冷たい求婚者
キム・ローレンス
冷たい求婚者
大富豪オスカーの娘たちのうちで不器量なのは私だけ。そう思っているソフィーには、インテリアデザインの知識が頼りだ。それを武器に職を得るが、ある深夜、突然シチリア行きを命じられた。使命は富豪マル…

愛に戸惑う娘たちシリーズ V

明日なき二人でも
ケイト・ヒューイット
明日なき二人でも
ゾーイは大富豪オスカーの娘として優雅に暮らしてきたが、自分がオスカーの実子でないと知ったとき、その世界は崩壊した。世間から白い目を向けられ、ニューヨークに逃避したものの自分の価値を見いだせず…

愛に戸惑う娘たちシリーズ VI

星の降る砂丘で
サラ・モーガン
星の降る砂丘で
バルフォア家の不名誉なスキャンダルが世間をにぎわせ、その発覚の原因を作ったベラは、父から“罰”を与えられた。アラビア砂漠の瞑想キャンプで自分自身を見つめ直せ、と。華やかな生活を送ってきたベラに…

愛に戸惑う娘たちシリーズ VIII

世界の果ての恋
マーガレット・ウェイ
世界の果ての恋
イギリスの名家、バルフォア家の長女として父オスカーを助け、妹たちの面倒を見てきたオリビアには、災難としか思えなかった。家の恥を明るみに出した罰として父から厳命されたのは、この世の果てにも思え…

愛に戸惑う娘たちシリーズ Ⅵ

情事の代償
キャロル・モーティマー
情事の代償
アニーはあるセミナーで一人の男性を見かけてその場に凍りついた。数年前、旅先での開放感に後押しされ、情熱的な夜をともにしたルーク!堅実な私が、あんな大胆な行動に出たのは初めてだったのに、彼は翌…

恋と屈辱の地中海 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

いつから?:kaeru 2016/12/04

いつ結婚するほど好きになったのかわかりませんでした。もっとお互い惹かれあっ…

安いっ:なうしか 2016/12/04

安い女にしか見えない〜 ダサい感じなのに処女でもないし。 妙なとこでプライド…

夫婦再生の物語:あずき 2016/12/04

とてもハーレクインの作画とは思えなかったのですが。これ宙時代の頃に出版され…

美人姉妹と美男兄弟:あずき 2016/12/04

姉妹シリーズものですが自分はこちらの作品が好みでした。こんな素敵なヒーロー…

ある意味王道ロマンス:やま 2016/12/04

ヒロインに直感に任せろと言いながら自分自身の直感はサッパリ受信でいないヒー…

涙でました:れたす 2016/12/04

私が個人的に思うハーレクインの王道のひとつでした。 主人公たちもとても魅力的…

よくわからない:kaeru 2016/12/04

とにかくいろんなことが激しくて、わけがわからないまま終わってしまったという…

悪くない:kaeru 2016/12/04

少し物足りないけど、悪くないといった感じでした。上手く説明できないので「読…

絵、下手になりましたか?:kobutanaoko 2016/12/04

前作から比べると、作画様の絵が、大変、下手になったように思われ、残念です。 …

う~ん…:ワニャンニュ 2016/12/04

ヒロインの、自分だけが悲しんでる自分だけが不幸って感じが好きになれなかった…

このページの先頭へ