ホーム > 小説一覧 > 未熟な淑女

未熟な淑女

テンプル兄弟の旅シリーズ

未熟な淑女

かつて、アフリカで内乱に巻き込まれたサミュエルは、人に触れられると激しい嫌悪と恐怖を感じるというトラウマ心の傷に今も深く悩まされていた。彼の望みはただ一つ、学者として研究に没頭することだった。女性に触れることもなく……。ある日、彼は幽霊が出るという噂の宿を訪れ、宿に着くなり、誰かの手が体に触れるのを感じた。だが、そばには誰もいない。幽霊にも、この不思議な感触にも、何かからくりがあるはずだ。サミュエルは探るようにあたりを見まわした。★4月刊『聖なる刻印』に続いて、<テンプル兄弟の旅>の二作目をお届けします。前作のヒーロー、ジャック・テンプルの弟サミュエルが本作の主人公です。博物学者の彼が旅路の果てに見つけたものは?★

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 700円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

テンプル兄弟の旅シリーズ

聖なる刻印
マーゴ・マグワイア
聖なる刻印
ジャック・テンプルとはいったい何者なの?埃まみれの汚い出で立ちで現れたその背の高いアメリカ人は、これまでオックスフォードで静かに過ごしてきたドロシアの人生をあっという間に変えてしまった。高名…
未熟な淑女
マーゴ・マグワイア
未熟な淑女
かつて、アフリカで内乱に巻き込まれたサミュエルは、人に触れられると激しい嫌悪と恐怖を感じるというトラウマ心の傷に今も深く悩まされていた。彼の望みはただ一つ、学者として研究に没頭することだった…

未熟な淑女 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

ほっこり:メリッサ 2017/08/22

温かい話。ネタは重い感じなんだけど、ほっこりしました。こういうのも良いね。

いつも思うのですが:ジョディ 2017/08/22

なんでヒーローは自分がひどい捨て方をしておいて子供のことを知らせなかったヒ…

ある意味:yuru 2017/08/22

変過ぎて面白かったような。

本当に:さんちょ 2017/08/22

何故にこんな平坦な話になるんだろう。 評価が低かったし、セットに入ってたので…

なぜに?:さんちょ 2017/08/22

小説版では忘れえぬ絆シリーズとして他の方が記述している通り、義弟の”情熱の傷…

とても華やか:セリシア 2017/08/22

悪人は悪人らしく。というか、あの元婚約者の行動力にも吃驚する。 ヒーロー以外…

原作読みたくなった(笑):KIKI 2017/08/22

本当はして欲しくないけど原作を脚色してるのか、私の読解力が年齢とともに衰え…

ラスト:ハレル 2017/08/22

皆様のおっしゃる通り、ラストがよい❤ ラストで救われます。読者のワタクシが(…

ロマンチストなヒロイン:まめ姫 2017/08/22

5人姉妹で1番美人らしいヒロイン。表紙の女性とは私のイメージがちょっと違うし…

過去は水に流さない?:はとめ 2017/08/22

この言葉は加害者側から言うもんじゃないと思う。

このページの先頭へ