ホーム > 小説一覧 > せつない誓い

せつない誓い

富豪一族の肖像シリーズ

せつない誓い

元恋人に監禁され、命からがら逃げ出したローラは、逃亡生活を続けながらカフェでウエイトレスをしていた。ある日彼女は、フォーチュン家の御曹子アダムに見込まれて住みこみの子守り(ナニー)として働くことになる。彼は妻を亡くして以来、幼い子供たちに手を焼いていたのだ。やがてローラは、冷たい仮面の下に隠されたアダムの優しさに惹かれていき、ずっとここにいたいと願うようになった。だが、ここにいれば、きっとあの男に見つかってしまう。アダムや子供たちにも危害が及ぶにちがいない。だから……ローラは誓った、アダムには深く関わらないと。

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 550円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

富豪一族の肖像シリーズ

富豪一族の肖像シリーズ IX

ドクターに片思い
スザンナ・キャレイ
ドクターに片思い
私がフォーチュン家の血縁だったなんて!祖母の古い手紙から事実を知ったジェシカは、闇に光明が差したような気がした。あの一族なら、白血病に冒された娘の命を救えるかもしれない。彼女は故郷のイギリス…

富豪一族の肖像シリーズ VI

百年前から愛してる
マギー・シェイン
百年前から愛してる
その古い家に引っ越してきた当初から、ジェーンは壁にかけられた肖像画が気になって仕方がなかった。描かれているのは黒髪の男性――百年前ここに住んでいたという天才科学者、ザカリヤ・ボルトンだ。彼はタ…

富豪一族の肖像シリーズ VIII

誘惑しないで
クリスティン・リマー
誘惑しないで
華麗なるフォーチュン一族の中で、ナタリーはいつも居心地の悪い思いをしていた。女性たちはみな華やかでとびきり美しいのに、彼女だけが地味で冴えないのだ。ある日、ナタリーは祖母が遺した広い屋敷を旅…

富豪一族の肖像シリーズ X

二度目の恋は熱く
ジャスティン・デイビス
二度目の恋は熱く
敬愛していた上司の殉職を目の当たりにし、警察官のマーシーは心の傷を癒すために、フォーチュン一族のグラントが営む牧場に身を寄せることとなった。十二年ぶりでグラントに再会すると、彼に幼い恋心を抱…

富豪一族の肖像シリーズ XI

残酷なレッスン
マリー・フェラレーラ
残酷なレッスン
マックスが所有する海辺の小さなホテルに、フォーチュン家の令嬢、クリスティーナが乗り込んできた。彼女は亡くなった祖母からホテルの共同所有権を譲り受けたと言い、勝手にホテルの改修計画を進め、従業…

富豪一族の肖像シリーズ XII

偽りの愛はいらない
ジェニファー・グリーン
偽りの愛はいらない
魅力的だけど、絶対に恋してはいけない人。レベッカはフォーチュン家が依頼した私立探偵ゲイブのことをそんなふうに思って距離を置いていた。レベッカのただ一つの望みは夫と子供なのに、彼は家庭を持つつ…

富豪一族の肖像シリーズ XIII

富豪一族のクリスマス
リサ・ジャクソン/バーバラ・ボズウェル/リンダ・ターナー
富豪一族のクリスマス
●『聖夜に乾杯』(リサ・ジャクソン著)吹雪のクリスマス・イブ、車の中に閉じこめられたレスリーは陣痛に苦しみ、危ういところを隣人のチェイス・フォーチュンに助け出された。出産を助け、手厚く世話をし…

富豪一族の肖像シリーズ Ⅵ

せつない誓い
アーリーン・ジェイムズ
せつない誓い
元恋人に監禁され、命からがら逃げ出したローラは、逃亡生活を続けながらカフェでウエイトレスをしていた。ある日彼女は、フォーチュン家の御曹子アダムに見込まれて住みこみの子守り(ナニー)として働く…

せつない誓い のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

無国籍漫画:ウルスラ55 2016/12/10

ヒーローの容姿は好みど真ん中で大好きです。前作の(ヒロインの)兄ちゃんの話…

絵は丁寧なのですが・・・:なかまち 2016/12/10

読みづらいです。例えば時間経過を表すようなコマ割りがなかったり、会話の内容…

あの・・:tama 2016/12/10

この作品の異常な評価の高さの意味がわからないです。ごめんなさい。 もともと、…

何回読んでも泣いてしまう:kobutanaoko 2016/12/10

前半、よくある話なのですが、2人が気持ちを確かめあい、後半のお父様の言葉が…

地味:ウルスラ55 2016/12/10

台詞やト書きが多くて説明ばかり。過去のこともほとんどモノローグで説明。作中…

普通に面白い:ののか 2016/12/10

劇画調の絵にも慣れて、物語も普通に楽しめました。 慣れって凄い。

えっ!:Shelly 2016/12/10

無邪気さは時に罪というけれど、このヒロイン、ローラにとったら爆弾以外の何物…

設定があまり好きではありませんが:きなこ 2016/12/09

さらりと読めました。斗田先生の雰囲気のある絵は好きなんでこの評価に。他の兄…

本当に足りないっ!:なかまち 2016/12/09

最初の頃のヒロインは肩に力が入って随分と粋がっている感じですが、ヒーローと…

涙でウルウル:ラスカル 2016/12/10

シリーズものですが、汐宮先生の落ち着いた美しい作画で感情移入して読めました…

このページの先頭へ