ホーム > 小説一覧 > 偽りの抱擁

偽りの抱擁

偽りの抱擁

「ラファエロ・ヴィラーニを誘惑してちょうだい」彼との浮気が夫にばれそうになった姉に偽装工作を頼まれ、レイチェルは場違いな豪華パーティに出席した。おずおずと声をかけてみても、相手が応えてくれるはずもなく、焦ったレイチェルは無理やり彼に抱きついてキスしてしまう。その不意討ちに、ラファエロはひどく腹を立て、半ば拉致するようにレイチェルを自宅へと連れ帰った。彼女から事情を聞き出して、いきさつを知ると、ラファエロは追ってきた報道陣の前に出て、突然、宣言した。「僕たちは婚約しました。どうか祝福してほしい」★イタリア人富豪ラファエロと心ならずもかかわることになったレイチェルは、予想のつかない彼の言動に翻弄されるばかり。情熱のストーリーで魅了するミシェル・リードの新作です!★

3.5 評価集計 3件の評価
評価する
評価5
1
 

評価4
1
 

評価3
0
 

評価2
1
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

偽りの抱擁 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

可愛いふたり 評価4 4
ロマンス ライブラリで購入済み

HQらしく、最初から恋に落ちちゃってるのに認める迄の心の動きを読ませてくれる。 男性側がオロオロとする所が私にはツボでした。

参考になりましたか?はい いいえ
【ネタバレ】イマイチだけど、かわいい! 評価2 2

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

よく分からない:Greenbay 2017/10/18

話が矛盾しているところが多かったり、人物の感情に統一感がなかったりして、読…

いうほどひどくない:hana 2017/10/18

原作を読んでいないので、漫画だけですが、多くのレビューのように、特にひどい…

花男思い出した:咲 2017/10/18

昔のヒロインが素敵なだけに、今のヒロインの魅力をもっと描いてほしかったなぁ…

秘密だらけ:にゃんこ 2017/10/18

前半のヒーローはちょっとお間抜けでヒロインにだしぬかれてばかり、ヘタレです…

好きです:momo 2017/10/17

私は絵とお話の感じがとても好きです。 勝手よかったです。

男性の絵柄はすごく好み:きらっち 2017/10/17

でもヒロインは幼すぎ。ストーリーも今いち散漫な感じ。再読したいとは思わない…

面白かった:きらっち 2017/10/17

ヒーローもヒロインも好感が持てました。

16年の信頼関係が:きらっち 2017/10/17

この程度のことでこんなにこじれるんだったら、16年の間にとっくにダメになって…

計画性もないくせに猜疑心だけ強い:きらっち 2017/10/17

ヒロインって猜疑心が強くて計画性もない頭の悪い色情狂では?弟も馬鹿丸出しで…

おかしい:きらっち 2017/10/17

登場人物みんなおかしい。ところで、レイチェルが登場する意味あります?

このページの先頭へ