ホーム > コミック一覧 > 心の雨があがるとき

Romance ロマンス

心の雨があがるとき

心の雨があがるとき

7月に最愛の妻を亡くした獣医ニックは夏になると憂鬱になる。そんな彼を案じた双子の弟ニールは、いたずらっぽい瞳でひと夏の入れ替わり生活を提案した。都会で暮らすプレイボーイ、人気のテレビ番組をもつ弟として暮らすのはいい気分転換だったが、共演者のセクシー女優コーリンの熱いキスに演じることを忘れてしまいそうになる。そんな自分に戸惑いながら、スキャンダラスなコーリンに振り回されるニックだったが、彼女もまた何かを演じているようで……?

4.0 評価集計 33件の評価
評価する
評価5
13
 

評価4
14
 

評価3
5
 

評価2
0
 

評価1
1
 

閉じる


  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
閲覧日数 30日 / 90日 / 会員登録期間 価格 260円 / 300円 / 450円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ロマンスライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • コミック一覧へ

心の雨があがるとき のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

ほのぼの~♪ 評価5 5

双子の弟のお話に続き、今回は兄のお話。弟のお話もすごく笑えてしまいましたが、兄は兄で、堅物だからたいへんだ~! 弟のお話のときに兄のシリアスな切ない気持ちはどうなることか、と思ったけれど、ヒロインに出会った瞬間から考える余裕もなく気付けば恋に落ちていたんでしょうね。最後は誤解も解けて、ダブルハッピーエンドで読後感良いです! ・・・でも~ワールドワイド紙、犯罪行為に加担していたんじゃないのかな?!

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

こっちまで傷つく:Tommy 2019/02/20

ヒロインは平凡で地味な容姿。しつこいくらいに周囲の人がヒロインの冴えない容…

わからん:しゅう 2019/02/20

母の不倫はなんだかわからないまま 義理の姉の本意もなんだか不明 甥の女性関係…

さすがです!:くりゅみ 2019/02/20

先生の作品はどれも抜け目なし!感動的!このまま終わるのかと思いきやアクシデ…

テンポ良く:amom 2019/02/19

テンポ良く進み、読みやすいです。Romance らしく、性欲に身を焦がす場面が結構…

ピッピーの子供であることの重み:ななな 2019/02/19

アメリカ社会の中でもヒッピーカルチャーは諸手を挙げて受け入れられていたもの…

ヒロインが健気:ゆりあ 2019/02/20

家族の為にモデルの職業を選択して支えたり、夫にも献身的で好感が持てました。…

最後に…へぇ、なに?!:カーズ 2019/02/20

シリアスだと思って読んでいたけど、最後には笑うべき?と思ってしまった。 嫌い…

え?:ウルスラ55 2019/02/20

なにこれ、駆け引きだったの?バカ?中学生?それと手つなぎブランコの時何がど…

割りと好き:さぶちゃん 2019/02/19

この作家さんは割りと好き。話しが暗すぎないし絵も崩れないし。ただよく言われ…

素敵なヒロイン:amom  2019/02/19

ヒロインは、愛情深くて真っ直ぐ。そうあり続けるだけの賢さや穏やかな明るさが…

このページの先頭へ