ホーム > コミック一覧 > 誘惑の夜は明けて

Romance ロマンス

誘惑の夜は明けて

誘惑の夜は明けて

ホテルのベッドで目覚めたトーニの隣には、名字も知らない男が寝ている。ある目的のために、バージンを捧げてしまったが、思いもよらずすばらしい夜だった――けれど二度と会うことない。トーニは静かに部屋を出た。――昨夜の余韻に浸りつつ、腕を伸ばしたブランドははっとした。トーニはどこにもいなかった。急いで財布を確認したが、お金も取られていない。となると、彼女の目的はいったい何だ…? ブランドは急いで部屋を出ると、彼女の追跡調査を始めた。

4.0 評価集計 23件の評価
評価する
評価5
14
 

評価4
5
 

評価3
3
 

評価2
0
 

評価1
1
 

閉じる


  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
閲覧日数 30日 / 90日 / 会員登録期間 価格 260円 / 300円 / 450円
+消費税
ページ数 130ページ 出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ロマンスライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • コミック一覧へ

誘惑の夜は明けて のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

やっぱり運命って事でしょうか… 評価5 5
ロマンス ライブラリで購入済み

獣医とは言え医者なのに、こんな選択… 嫌々これが物語の世界ですょ、ヒロインがヒーローを射止めたように逆も然りですが運命って事でしょうか… 中々、読み応えのある作品で楽しかったです。 やっぱり作家さんの力って凄いと思う。

参考になりましたか?はい いいえ
何がなくても 評価5 5
ロマンス ライブラリで購入済み

HQだから病気は心配ないのかしら。地に足のついた愛。情熱の嵐ではないけど買ったら良かったかも。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

たぶんシリーズ物?:ウルスラ55 2019/06/20

最後に謎の人物登場で終わっているのでスピンオフがいくつかありそうな感じです…

王道:owl 2019/06/20

まさに王道、ハーレクインって感じでした❤️ 面白かった〜

好きです:ヒピリ 2019/06/20

ヒーロー、ヒロインの心情をとても丁寧に描いていらっしゃるし、周りの方々の心…

すごいわ・・・:メリッサ 2019/06/20

最終的には良かったけど、よくこんな精神を患っているヒーローと結婚したねえ。…

口、口が気になる:うらうら 2019/06/20

雑誌既読です。口が常に開いているのがどーしようもなく気になって。。口のせい…

ホント、つまらない:sora 2019/06/20

最初から最後まで、何にもないって感じ。 だからどうした?で、問題は何だったの?

軽く腹の立つヒーロー:アメリア 2019/06/19

だと思う。優しいし、偏見的ではないものの、やはりヒロインを探しもしなかった…

物語は悪くないけど:雪菜 2019/06/20

絵が気になります。ところどころ主人公2人の顔が別人に。そこはうまく処理するべ…

買って正解!:にゃー 2019/06/20

激ニブ(笑)

考えたら負け:blanca 2019/06/20

でもどうしても、パーティ会場から人様の家の屋根やらバルコニーやら飛び移って…

このページの先頭へ