ホーム > 小説一覧 > 恋とため息と伯爵と

恋とため息と伯爵と

大富豪の青い鳥シリーズ

恋とため息と伯爵と

半年の仕事のためイタリアに来ているジンジャーは、関係者が集う船上ディナーに招待された。船のオーナーである大富豪ヴィットリオと目が合った瞬間、圧倒的な魅力に心を奪われると同時に、罪悪感に襲われた。病の夫を亡くして2年がたったとはいえ別の男性に惹かれるなんて……。それでも、ともに過ごす時間が増えるにつれ恋心は募っていき、ヴィットリオも彼女を憎からず思ってくれている気がして嬉しかった。ところがある日、ジンジャーの前にヴィットリオの母親が現れ、冷たい態度で接してきたかと思うと、衝撃の言葉を放った!「あなた、息子がもうすぐ結婚することは聞いているの?」

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 550円 / 660円
出版社 ハーレクイン

※本作品は ロマンス ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

大富豪の青い鳥シリーズ

麗しのギリシア富豪
レベッカ・ウインターズ
麗しのギリシア富豪
ゾーイは短期の仕事で訪れたギリシアで、不慮の事故にあい、偶然居合わせたホテル王のアンドレアスに助けられた。ギリシア神話の神を彷彿させる美しい彼にたちまち惹かれたものの、聞けば、彼は別居中の妻…
美しき公爵の愛の詩
レベッカ・ウインターズ
美しき公爵の愛の詩
信じていた人に裏切られてひどく傷ついた大学講師のアビーは、仕事をしばらく休んで、ヨーロッパで心身を癒やすことにした。歴史的な詩人のリサーチを兼ねたその旅はしかし、彼女の心をかつてなく大きく揺…
恋とため息と伯爵と
レベッカ・ウインターズ
恋とため息と伯爵と
半年の仕事のためイタリアに来ているジンジャーは、関係者が集う船上ディナーに招待された。船のオーナーである大富豪ヴィットリオと目が合った瞬間、圧倒的な魅力に心を奪われると同時に、罪悪感に襲われ…

恋とため息と伯爵と のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

マンネリ:デューク 2024/02/20

紙の書籍でも出版してください。

読んでみてください:ごそくせんえん 2024/02/20

ラストのシーンでは涙があふれて読めなくなった。 ヒーローは目が見えない設定…

ト書きがおおい:とむ 2024/02/16

マックスもクロエもとても魅力的。心の動きの説明が多かった。これもありかと思…

もう少しヒーローの気持ちも知りたかった:ろびん 2024/02/12

ヒロインの心理描写は丁寧で、両親の自分への気持ちを知った時とか結構ぐっとき…

生還した英雄軍人の旦那様に離婚すると言ったら惚れられました:ごそくせんえん 2024/02/11

他の方が描いていらっしゃるように、衣装やヘアスタイル、内装や街の描写が素晴…

幸せだ~:UMIYASHI 2024/02/16

葉月先生の新作が雑誌掲載ということで発売日に購入しました。語るまでもなく最…

熱く、揺れる眼差し:グラハム 2024/02/16

クロエを見詰めるマックスの瞳には、最初から熱い情熱が宿っていました。母親に…

結構好き:大架 2024/02/12

放蕩貴族の仮面を被りつつ実は…なパリスと、お堅いクララ。すれ違う二人が絵のモ…

クリスピン:しまねけんみん 2024/02/12

かわいそうです。

ドラマとしてはわかるけど:しまねけんみん 2024/02/12

ヒロインの負った苦しみは、ここまで悲惨なものでなくても、物語にはなったので…

このページの先頭へ