ホーム > 小説一覧 > 白夜のプリンセス

白夜のプリンセス

バイキングの花嫁たちシリーズ

白夜のプリンセス

エリがある日帰宅すると、バイキングが待ち伏せしていた。その全身黒ずくめのたくましい大男は、王の戦士ハウクと名乗り、国に戻れという父王の命令を伝えに来たと言う。エリは父の顔さえ覚えていない。両親の離婚にともない、幼いころ北欧の王国からアメリカに移住したからだ。わたしたちをほうり出した父が、今さらなんの用なの?王国には戻らないわ。エリがきっぱりと断って家から逃げ出そうと身をひるがえしたとき…。「お許しを、殿下」突如大男に押さえつけられ、目の前が真っ暗になった。

5.0 評価集計 1件の評価
評価する
評価5
1
 

評価4
0
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

バイキングの花嫁たちシリーズ

バイキングの花嫁たちシリーズ

仮面のプリンス
クリスティン・リマー
仮面のプリンス
小国のプリンセスである親友の結婚式に参列するため、ダルシーは異国の宮殿にやってきた。そこで顔に大きなやけどの跡があるプリンス・ヴァルブランドを紹介される。ハンサムな顔に残る、世にも醜い傷跡。…

バイキングの花嫁たちシリーズ I

白夜のプリンセス
クリスティン・リマー
白夜のプリンセス
エリがある日帰宅すると、バイキングが待ち伏せしていた。その全身黒ずくめのたくましい大男は、王の戦士ハウクと名乗り、国に戻れという父王の命令を伝えに来たと言う。エリは父の顔さえ覚えていない。両…

バイキングの花嫁たちシリーズ II

月下のあやまち
クリスティン・リマー
月下のあやまち
リヴは、妹の結婚式に参列するため、離れて暮らす父の王国を初めて訪れた。盛大に行われた結婚披露宴の夜が終わり、翌朝目覚めてみると、草の上で寝ているのに気づく。お酒も飲んでいたし、昨夜のことは何…

バイキングの花嫁たちシリーズ III

宿命の出会い
クリスティン・リマー
宿命の出会い
ここはいったいどこ?ブリットは、見渡すかぎりの大地を前に目を覚ました。幼いころに離れ離れになった兄の、行方を突き止めようと、セスナ機で郊外へ飛んだのだ。でも飛行機が故障し、あとのことは何も覚え…

白夜のプリンセス のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

バイキングの国へ 評価5 5

バイキングの花嫁たちシリーズの一話目の作品。表紙のイラストこそレトロちっくですが,ヒロインのチャキチャキ?の現代アメリカ女性。彼女の父親が住む白夜の国こそが,古き伝統に司られた国。そこでは王の戦士ハウクといえども,出生の秘密に縛られていて…シリーズの中では2番目くらいに面白い作品と言えるかも!

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

続きを読む気が:Aroma 2017/02/22

しません。こんな作品初めて(゜-゜)原作がイマイチなのか著者さんの構成力に問題…

皆さんの言う通りだった…:わっち 2017/02/22

ヒーローの母親がサバサバしていて、こんな姑さんは理想です。 ところで父親に天…

サイズ感:さんちょ 2017/02/22

ストーリーとか面白いけど、この作画者さんのサイズ感ってどんなんだけ変なんだ…

ピかピかの中学生:たこまる 2017/02/22

いやはや、ストーリーは不快なくゆっくりとすれ違いな二人の間を埋めていきます…

ヒーローがおっさん過ぎる:さんちょ 2017/02/22

ヒーローがおっさんし過ぎてて、ヒロイン父と同様頭が固すぎて疲れた。 そんなに…

ほんとにねぇ~:クレヨン003 2017/02/22

私も画は好みではありません・・・が~ぁ! 彼が彼女の部屋に来た時の画ですが…

魅せられました:rei 2017/02/22

ヒストリカルはあまり好きではなく、この作者の絵もあまり好きではなかった(き…

原作割と好きだった。:ちーちゃん 2017/02/22

原題の「Fantasy of two」まさにこれが物語の核になっています。コミックにはか…

素晴らしいです:りんご 2017/02/22

こんな素敵な作品に巡り合えて、幸せです。

ごめんなさい:dee 2017/02/21

絵がひどすぎて、ポイント倍増期間でも購入しようと思えません。 立ち読みで脱落…

このページの先頭へ