ホーム > 小説一覧 > 道化師は恋の語りべ

道化師は恋の語りべ

道化師は恋の語りべ

豊かな荘園の跡取り娘エリザベスが供も連れずに旅立ったのは、財産目当ての男に父を殺され、結婚を迫られたせいだった。名付け親である女王陛下のもとへ赴き、助けを求めるしかない。必死で森を進むうち、彼女は宮廷道化師タールトンと出会う。明るい瞳と美しい歌声に加え、鋭い頭脳も持つ彼は、自分の弟子になりすまして一緒に宮廷へ向かっては、と提案した。そうすれば道中も安全だし、追っ手の目もごまかせる――令嬢はすぐさま波打つ金髪を切り、見習い道化師に変身した。迫り来る危険も忘れる、輝きに満ちた大冒険の始まりだった。

4.5 評価集計 2件の評価
評価する
評価5
1
 

評価4
1
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ロマンスライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

道化師は恋の語りべ のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

コミックの世界をより深くあじわえる 評価4 4

藤田先生のコミック3部作がとても素敵ですが、その世界をふんだんに味わえる小説版です。コミックでは描ききれなかった下層民の生活やヒーローの生い立ちなど、物語に影をなす部分も多いのですが、この陰にも負けずしたたかに生き抜こうとするヒーローとヒロインの前向きな姿が心を打ちます。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

気になる・・・:メリッサ 2018/02/20

面白くて、良い話♪ けど、えくぼ、変。これえくぼの位置じゃないだろ。

読むのが大変:CRPD 2018/02/20

独白を読んでストーリーを消化するので手一杯。複雑なんだか単純何だか・・・ …

もうワンクッション欲しかったよねえ:ウルスラ55 2018/02/20

ヒーローがヒロインから衝撃の事実を告げられた後、いったんボロボロの惨めな状…

もっと部下を育てないとね~:ウルスラ55 2018/02/19

支店が複数あるようなレストランなんだからもっと部下を育てって任せていかない…

ヒーロー、バカ過ぎる:とくの 2018/02/19

ヒーロー、バカなの?誤解からヒロインを侮辱、罵倒して大いに傷つけておいて、…

なんだかダラダラ:アメリア 2018/02/18

マーガレットムーアと言えば気性の荒いヒーローのイメージなんだけど、この作品…

このシリーズは好み:KiKi 2018/02/20

スピンオフを含めて今迄4作品を読破していますが、面白いです。評価は低めです…

無意味なキラキラ✨:パタリン 2018/02/19

ストーリー、全く入ってきません…。ヒーローもヒロインも脇役も肝心のストーリー…

不倫は嫌いなのだが:nana 2018/02/18

愚かは愚かだけど、このヒロインは他の話の不倫思考ヒロインと違ってひたむきで…

昔の話ですよね~:ウルスラ55 2018/02/19

コピーライト1990年とあるので30年くらい前のお話。当時は「キャリア・ウーマン…

このページの先頭へ