ホーム > 小説一覧 > 魔法がとけたら…

魔法がとけたら…

恋する楽園シリーズ

魔法がとけたら…

これでやっと二十一組のカップルの縁結びに成功したわ。メリーは、わき上がる喜びと安堵につつまれていた。若いメリー王女が呪いをかけられ、老女として支配人の重責を果たしてきた七年間に終止符が打たれるのだ。呪いが解かれる条件は満たした。これで母国へ戻れる。そして、アレクサンダーと会うことも二度とない。ふいにメリーの胸に痛みが走った。それだけは絶対にいや。オーナーである彼は、メリーを尊重し、支え続けてくれた。美しく魅力的な姿に戻った私を見て、彼はどう思うかしら?この最後の数日間を最高の思い出にしよう。メリーは心に誓った。★六作続けてお送りしてきた「恋する楽園」もついに最終話。数々のカップルのキューピッド役となっていたメリー自身の恋が、最後に大きな展開を見せます。老婆からもとの美しい王女の姿に戻ったメリーの選択とは……。★

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 550円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

恋する楽園シリーズ

恋する楽園シリーズ Ⅵ

魔法がとけたら…
スーザン・メイアー
魔法がとけたら…
これでやっと二十一組のカップルの縁結びに成功したわ。メリーは、わき上がる喜びと安堵につつまれていた。若いメリー王女が呪いをかけられ、老女として支配人の重責を果たしてきた七年間に終止符が打たれ…

魔法がとけたら… のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

なんじゃい!!:クレヨン003 2016/12/07

なんだか自信満々みたいだったのに、ちょっと嘘を吹き込まれたらその気になって…

悪くはない:ワカメ 2016/12/07

でも、サラッとしすぎてて物足りない。月額コースになるまでまてばよかったかな。

静かすぎる:さんちょ 2016/12/07

今回のヒーローはゴミ箱に捨てなくなるくらい陰湿な感じで好きにはなれない。 こ…

見せ方がうまい:みーたん 2016/12/07

この漫画家の方の作品はいつも見ていて飽きません。できれば結婚後のカットも見…

お兄ちゃん:みきてぃー 2016/12/07

いいわぁ。お兄ちゃんに幸せになって欲しい

このハートはヒーローに捧ぐ!:ぽめやん 2016/12/07

ヒロイン、頭悪すぎてダメだ…

悪人が登場しないので:楓 2016/12/06

読後感もよくハッピーな気分になりました。プリンセスなんてなりたくてもなれな…

腹黒い:なうしか 2016/12/07

どうしも結婚してくださいと言わせてやるぞ〜って感じが 出過ぎ。こんなアホな作…

話の展開が‥:なうしか 2016/12/06

話の展開が突然! 地震があったらハッピーエンドになってる。 読み飛ばしたのか…

おしい!:kaeru 2016/12/06

話はおもしろそうなのに上手く表現できてないように感じました。特にヒロインの…

このページの先頭へ