ホーム > コミック一覧 > 孤独なプリンス

Romance ロマンス

孤独なプリンス

【スピンオフ】イリュリア国シリーズ

孤独なプリンス

ホテルのウエイトレスを臨時で頼まれた写真家のアレクサは、晩餐会の会場でダキア国大公のルカと出会う。 その帰り道、暴漢に襲われそうなところをルカに助けられ家に帰るが、その様子をスクープされてしまう。おまけに、それが彼女の仕組んだ売名行為だと勘違いされて!? 身の潔白を証明しようとするアレクサは・・・。

2.5 評価集計 85件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
11
 

評価3
40
 

評価2
22
 

評価1
12
 

閉じる


  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
閲覧日数 30日 / 90日 / 会員登録期間 価格 260円 / 300円 / 450円
+消費税
ページ数 128ページ 出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ロマンスライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • コミック一覧へ

【スピンオフ】イリュリア国シリーズ

優雅な略奪者
宮城朗子 / ロビン・ドナルド
優雅な略奪者
農場を経営するジゼルは、働きすぎの心身を癒すため、熱帯の島ファライシにやってきた。小島でくつろいでいると、恋人同士らしい男女が現れた。と、ジゼルに気づいた男が突然、彼女のカメラをとり上げ、出…
プリンスと水の精
津寺里可子 / ロビン・ドナルド
プリンスと水の精
海洋番組のレポーターであるアイアンシーは、湖畔のバンガローで静養していた。だが、知らずに踏み込んだ私有地で捕まり、土地の持ち主の住む豪奢な屋敷に連れていかれる。そこで待っていたのは、貴族的な…
孤独なプリンス
綾部瑞穂 / ロビン・ドナルド
孤独なプリンス
ホテルのウエイトレスを臨時で頼まれた写真家のアレクサは、晩餐会の会場でダキア国大公のルカと出会う。 その帰り道、暴漢に襲われそうなところをルカに助けられ家に帰るが、その様子をスクープされてしま…

孤独なプリンス のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

これでいいの? 評価2 2

原作からこんな感じですか?なんかこんなあっさりでいいの? どっちもどっち、イラっとするふたりでした。

参考になりましたか?はい いいえ
普通に普通 評価3 3

HQの中で、普通ではないでしようか?あまり二人の間の障害を大きく感じられないけれど。加えてヒーローが能天気っぽいけれど。

参考になりましたか?はい いいえ
政争を描くのは難しい 評価2 2

緊迫感が伝わってこないため、間が抜けた感じがします。複雑な情勢下にあるのに、記者がゴシップ記事ばかり狙うのがよく解らない。ヒーローの両親の方がよっぽどドラマチックなのは如何なものだろう。

参考になりましたか?はい いいえ
楽しめました 評価3 3

微妙な立場の国のプリンスであるが故に、人を信じる事が出来ない孤独なプリンスと、いつしか彼を愛してしまうヒロイン。 陰謀や策謀が渦巻き、一度は離れてしまう二人だが・・・・。 時として権力は疑心暗鬼にさせ、周りを不幸にしてしまう。どうなることか?と思いつつ読んでいましたが、画が綺麗で最後まで楽しめました。

参考になりましたか?はい いいえ
バカトン殿下でいいんじゃないかな 評価2 2

そんな誤植があったらぴったりだったのに。人を信じないのは別にいいけど、このヒーローのは人間不信じゃなくて疑心暗鬼だろ。火のないところに煙を立てるばっかで、真実を見抜けないようじゃね。器不足に見えて、大公の肩書きが裏目ってる。話とは関係ないけどこの漫画家さんの描く男性キャラはどうも苦手。なんかこう、ポロシャツの似合いそうな感じが。

参考になりましたか?はい いいえ
全てのレビューを読む

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

欧米のクリスマス感はよくわからない:ウルスラ55 2019/05/24

クリスマスの喜び押し付け形のヒロイン…と思いきやわりと控えめ。でも結果的にグ…

くだらない:ウルスラ55 2019/05/24

私は発明家の人が好みだな。こういう「恋人を探すプログラム」って個人の嗜好に…

爽やかで、甘い:amom 2019/05/24

異なる作家による競作六部作の2作目。競作のシリーズ物って、違いが大きすぎて楽…

なんだか、タイトルからして好きじゃない:Natale 2019/05/23

なんていうのか、タイトルからして不愉快だなぁ、と感じます。

そうか:ウルスラ55 2019/05/23

これはチャッツフィールドシリーズの一つだったんですね。どうもみなみさんの前…

ヒーローの魅力がよく書かれている:amom 2019/05/22

ヒーローは、最初に筋違いな怒りを示す以外は、終始真っ当で、問題に立ち向かい…

言って貰うことに拘り過ぎ:amom 2019/05/22

まずまず面白いのに、終盤のプロポーズの場面で、ヒロインが、愛していると言っ…

漫画家さん色強し:ウルスラ55 2019/05/23

この原作者さんの書く話はかなりエロいはず。でもこっちの漫画は「ピュアロマン…

悪くはない:アキ 2019/05/23

HQの短いページ数で取り扱うテーマでは無いと思いました。特にヒロインが抱えて…

実在の人物がモデルです:レオナ 2019/05/22

このお話は、イギリスの第9代マールバラ公チャールズ・スペンサー=チャーチル(…

このページの先頭へ