ホーム > 小説一覧 > 灰かぶりはかりそめの妻

灰かぶりはかりそめの妻

ステファノス家の愛の掟シリーズ

灰かぶりはかりそめの妻

クレオはギリシアの海運王アリが経営する会社で、臨時の受付係として働きだしたが、初日から大失態を演じ、アリに呼びだされて大目玉を食らってしまう。だが、不覚にも彼女はボスをひと目見るなり陶然となった。こんなに美しい男性がこの世に存在するなんて……。社員旅行先の湖で溺れたところをアリに救われたクレオは、これは運命なのだと信じ、彼に身も心も捧げてしまう。魔法の一夜が明け、身分違いの恋に怯えた彼女は逃げだすが、彼に異母弟の遺児と会ってほしいと意外な頼み事をされて……。

5.0 評価集計 1件の評価
評価する
評価5
1
 

評価4
0
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 550円 / 660円
出版社 ハーレクイン

※本作品は ロマンス ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

ステファノス家の愛の掟シリーズ

麗しき堕天使の一夜妻
リン・グレアム
麗しき堕天使の一夜妻
失職してロンドンを離れ、元里親の家に身を寄せていたリアは、ある日、臨時の家政婦としてイタリア富豪の留守宅に赴いた。汗だくで掃除を終えたあと、ついに我慢できなくなり、生まれたままの姿で室内プー…
恋人は聖夜の迷い子
リン・グレアム
恋人は聖夜の迷い子
身分違いの花嫁が受け取った、かけがえのない贈り物。ララはある吹雪の夜、木の下で昏倒している男性を見つけ、家に連れ帰って手厚く介抱した。彼は完全に記憶を失っており、自分の名前すら思いだせなかっ…
灰かぶりはかりそめの妻
リン・グレアム
灰かぶりはかりそめの妻
クレオはギリシアの海運王アリが経営する会社で、臨時の受付係として働きだしたが、初日から大失態を演じ、アリに呼びだされて大目玉を食らってしまう。だが、不覚にも彼女はボスをひと目見るなり陶然とな…

灰かぶりはかりそめの妻 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

さちみ先生の作品は躊躇いなく購入できます✨:らいな 2023/12/08

『理想の恋人』の関連作ということで読みに来たら、とっても素敵なハートフルコ…

冴えない男:デューク 2023/12/07

紙の書籍でも出版してください。

美しかったけど:しまねけんみん 2023/12/06

これさぁ美しい男がやってるから話になるけど、そこらへんのレベルのサラリーマ…

冴えない返事:デューク 2023/12/05

紙の書籍でも出版してください。

冴えない言い分:デューク 2023/12/05

電子書籍のほかに紙の書籍でも出版してください。

希望をもって生きていれば、と思わせてくれる作品:UMIYASHI 2023/12/04

以前雑誌で拝読。ハーモニィはHQコミカライズをされてきた漫画家さんがオリジ…

素敵なプロポーズ:ろびん 2023/12/06

プロポーズがセリフからシチュエーションまで何から何までロマンティック過ぎて…

冴えない男:デューク 2023/12/03

電子書籍のほかに紙の書籍でも出版してください。

絵が稚拙:しまねけんみん 2023/12/01

ランドセル背負った小学生女子のコイの与太話とかを描かせたら合いそう。

ぐっちゃらぐっちゃら:しまねけんみん 2023/12/01

牧先生のはたいがい好きだけど、これは、なんというか、ぐちゃぐちゃしてて、読…

このページの先頭へ