ホーム > コミック一覧 > 花嫁の持参金

Historical Romance ヒストリカルロマンス

花嫁の持参金

花嫁の持参金

  • エクストラ プレミアム コミックセット配信中
  • エクストラ プレミアム6000 コミックセット配信中
  • エクストラ プレミアム 7000コミックセット配信中
  • エクストラ プレミアム8000コミックセット配信中
  • エクストラプレミアム 9000コミックセット配信中
  • エクストラプレミアム 10000コミックセット配信中

「これが結婚の最後の儀式だ。服を脱ぐがいい」猛々しい騎士アレクサンダーの抗う隙も与えぬ命令に、修道院を出たばかりの領主の娘リリスは無垢な体を震わせた。故郷に帰る途中で隣の領地からの襲撃に遭ったリリス。その領主であるアレクサンダーに戦争を避けるためと脅され、民を思って囚われの花嫁になったのだが…。悲しみに暮れる彼女はまだ知らない。やがて愚かにも非情な騎士を愛してしまい、さらに大きな悲しみの剣で心を貫かれてしまうことになるなど――!!

3.0 評価集計 32件の評価
評価する
評価5
5
 

評価4
11
 

評価3
8
 

評価2
4
 

評価1
4
 

閉じる


  • 月額コース配信終了日:

  • 2024年7月31日(エクストラ プレミアム コミックセット)
  • 2024年7月31日(エクストラ プレミアム6000 コミックセット)
  • 2024年7月31日(エクストラ プレミアム 7000コミックセット)
  • 2024年7月31日(エクストラ プレミアム8000コミックセット)
  • 2024年7月31日(エクストラプレミアム 9000コミックセット)
  • 2024年7月31日(エクストラプレミアム 10000コミックセット)
  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 374円 / 495円
ページ数 130ページ 出版社 ハーレクイン

※本作品は ロマンス ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • コミック一覧へ

花嫁の持参金 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

夫も夫になるはずだった人も素敵で 評価4 4
ロマンス ライブラリで購入済み

ヒロインは、美しく、気丈で賢く、愛情深い。ヒロインの夫となった人も、夫になるはずだった元婚約者も、共に素敵な人で良かった!叔母やバーバラは、ヒロインにあまり優しくなかったけれど、弟達も可愛いし、良いかな。 しかし、領主を失ったヒロインの故国はどうなるのかしら?

参考になりましたか?はい いいえ
バーバラの髪型が気になる 評価4 4

人物も多いのに、ちゃんとまとめてあるな~という感じで、面白かったです。のわきさんの描くヒーロー、カッコいい♪ 一つだけ、バーバラの髪型をもっとレディらしくしてあげてほしかった。ぼっさぼさの頭で、農民娘にしか見えない。ヒロインと区別するなら、例えば、もっとウェーブのかかった髪とかでも良いじゃない~~。

参考になりましたか?はい いいえ
楽しく読めました!(もっと読みたかった) 評価5 5
ロマンス ライブラリで購入済み

のわきねいさんの作品が好きなので購入しました(「罠に落ちた天使」から気になっていた作家さんです) いつもは紙媒体で購入するのですが、こちらのサイトで購入可能だったので電子書籍で楽しみました。 のわきさんの初の中世ものということで衣装や背景などの部分でいろいろ大変だったと思いますが、楽しく読むことができました。 とはいえ、登場人物が多く描き上げるのが大変だったと思います。いろいろと端折らざるを得ないのをうまく1冊にまとめたのではないかと感じました。 絵柄も可愛らしい感じだったのが、ハーレクインらしく大人が漂っているヒロイン&ヒーロの絵柄になってきましたね。 この作品は大人だけではなく子供たちも出番がおおく活躍することで、のわきさんの普段の絵柄がマッチしていてよかったです。 この作品に限らず、中世モノは時代背景や場所などの説明もあるので、1冊126ページ?にまとめるのはかなり厳しいと感じます。 おそらく原作者ファンの方には物足りないところもあるのではないでしょうか。 描くのが大変とは思いますが、こういった作品は2冊にしてもらうと読み応えが増すんじゃないかなと思います。

参考になりましたか?はい いいえ
ああー、がんばった!!! 評価5 5
ロマンス ライブラリで購入済み

原作が好きで何度も読みました。登場人物はいっぱいだし、親世代から続く歴史ありーの、2つ目のロマンスもありーので、てんこ盛り!よくまとめたと思います。(編集の方、2冊組での出版をぜひ考えてほしいです) 中世ものは、好き嫌い分かれると思います。このお話も領主の結婚のしきたり(結婚成就の証明のため立会人同席の上で・・・とか)など、今時の気持ちで読むと「あり得ない!」が続出。そういう歴史があって今に至るのだ、の気持ちで読めればいいんですが。(笑) 領地の全部を肩に背負ってる堅物なヒーローが、やっぱり責任感の強いヒロインと出会ってお互いに信頼の気持ちを築いて身近な幸せに目覚めて行くのがよかったですね。双子の弟がヒーローのスピンオフは随分前に発行されています。そちらもおすすめです。

参考になりましたか?はい いいえ
ボールドウィン兄弟 評価3 3
ロマンス ライブラリで購入済み

花嫁泥棒のジャスティンのお兄さんのお話でした。 兄弟が多くてよくわかってなかった私にも、ようやく人間関係が見えてきました。 ヒューも、ヒューゴーも可愛いです。 戦いの時の絵がリアルさにかけるのが、惜しいです。剣を構えている姿などがかっこ良く描けていると、もっといいのにと思いました。作家さんの今後に期待。

参考になりましたか?はい いいえ
全てのレビューを読む
<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

ランキング

永遠の契約
運命の一夜
プリンスと水の精
罪深きイヤリング

新作

君がくれたメッセージ【スマホ向けタテコマ】【1話】
春風にいざなわれて【あとがき付き】【スマホ向けタテコマ】【1話】
冷たいプレイボーイ【あとがき付き】【スマホ向けタテコマ】【1話】
追憶は甘く切なく【スマホ向けタテコマ】【1話】

高評価ランキング

名前を呼んで
悪魔のような求婚者
追憶のひと
エメラルドの妖精

どのコミックを読んだらいいか迷ったらコレ

禁じられた告白【1話】
夢がかなう日【1話】
片思いの日々
美しすぎる告白【1話】

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

キラキラ過多:あやの 2024/07/25

鬼婆(義母)がパパを誑かして遺言状を自分に都合よく書かせているシーンまでキ…

程よい塩梅:あおいしろこ 2024/07/23

ヒーローヒロインの恋模様と、ちょっとしたサスペンス的な展開が程よく同時進行…

題材は良さそうだから:しまねけんみん 2024/07/21

全体的に稚拙な感じでとても惜しい。絵も構成もなにもかも。あと、最後のオチが…

絵の劣化が凄まじい:しまねけんみん 2024/07/20

初めての人ならクソ下手くそだなって言って終わりだけど、よく読ませていただい…

たまにある仕事放ったらかし恋愛脳物:しまねけんみん 2024/07/20

朝から晩まで色恋のことを考えて、色恋のためにしか頭使わない内容なら、最初か…

1981年初版の43年前の原作なので:あまりす 2024/07/20

話の流れが現代では考えられない胸糞ストーリーなので検索してみたら、1981年初版…

キティ悪人ヅラ過ぎだろ:しまねけんみん 2024/07/19

おもしろかった。しかし、どうしても、この方のくせなのか、寂しい・・・わ。と…

似た話ありますよね:しまねけんみん 2024/07/19

同じ原作?とはいえ、これは、なんというか、ヒーローに何一つよいポイントを見…

確かに必死さが理解不能:しまねけんみん 2024/07/18

当事者になりそうにない特殊な事情からの物語なので、とやかくいうのもどうかと…

まあまあのアバズレ:しまねけんみん 2024/07/18

えっと、マリッジブルーでほかの男と逢引きして、駆け引きのつもりで逃げ出した…

このページの先頭へ